【生活習慣病予防】ガンを予防する野菜はこれ!「デザイナーフーズ・ピラミッド」とは?

スポンサードリンク

こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

私たちを悩ます生活習慣病の中でも、一番多いのではないかと指摘される病気といえば「」。

にんにく.jpg

実は日本では3人に1人がガンで亡くなっているそうです。芸能人の方でも、女優の川島なお美さんやコメンテーターの竹田圭吾さん、俳優の松方弘樹さんや渡瀬恒彦さんなど、悲しいニュースが続きましたよね。

がんは、生活習慣病の1つですが、遺伝的要素も含まれていて、簡単に予防できる病気ではありません。でもね、毎日の食生活で、がんを予防するための食事をとれば、可能性を低くすることはできるとも言われます。

今回は、がんを予防するための食生活の目安としてよく使われる「デザイナーフーズ・ピラミッド」をご紹介したいと思います。

「デザイナーフーズ・ピラミッド」とは?

1990年にアメリカの国立がん研究所(NCI)が、ガンを予防する植物性の食材の中でその予防可能性別に食材を分けて、見やすくまとめたピラミッドのような図があるんです。それが「デザイナーフーズ・ピラミッド」!

野菜や果物、そして穀類や豆類をがんの予防可能性が高い順にビラミッド型にまとめています。huffingtonpostさんの記事によるとこのような説明が!

1990年アメリカの国立がん研究所でデザイナーフーズ計画(designer foods project)が発表されました。この計画では、長年の疫学的研究データに基づいたガン予防に効果のある植物性食品(主に野菜や果物などの約40種類)をピラミッドの表にまとめています。これらの食べ物が”デザイナーフーズ”と言われています。
参考:http://www.huffingtonpost.jp/office-de-yasai-news/cancer_b_8552544.html

ここに上げられている食べ物は、なにもガンのみを防ぐのではなくて、生活習慣病全体に効果が期待できるものなんだって。免疫力を高めるのにも効果があるというから、腸内環境にもきっと良いハズ。では、具体的にどんな食べ物が上がっているのか見てみたいと思います。

トップ:
にんにく

第1予防群:
大豆、キャベツ、しょうが、にんじん、セロリ、甘草、セリ…

第2予防群:
玉ねぎ、ブロッコリー、お茶、カリフラワー、玄米、トマト、なす、ピーマン、かんきつ類…

スポンサードリンク

第3予防群:
きゅうり、大麦、バジル、マスクメロン、オレガノ、ハッカ、アサツキ、ベリー類、きのこ類…

参考:http://www.huffingtonpost.jp/office-de-yasai-news/cancer_b_8552544.html

でた!!!トップはにんにく!!

にんにくっていろんな場面で、良い食材として取り上げられますよね~。さすがです。私の大好きなトマトも入ってる…!いわゆるスパイス系のバジルやオレガノも出てくるなんて、ちょっとおしゃれ…そっかアメリカで作られたものでしたね。
日本で作ったらまたちょっと違う食材が混じってきそうなきがします。

最強のガン予防食材「にんにく」のすごさとは?

にんにくはアジア諸国では、本当によく食べますよね。なんにでも入れてしまえば美味しくなるイメージがあります。私もサラダによく入れてます。一体、にんにくのどこがすごいのか、今日はじっくり見てみたいと思います。

▼硫黄化合物「アリシン」がスゴイ

ニンニクに含まれる硫黄化合物のアリシンやアイリンなどが、発がん性物質を代謝して、体外に排出してくれる働きがあります。肝臓障害や動脈硬化を防いでくれるんだって。

ニンニク以外にも長ネギや玉ねぎなどネギ系に多く含まれているので、にんにくに飽きたら、たまねぎもおすすめ!

アリシン:にんにく、たまねぎ、にら、らっきょうなど
アイリン:にんにく、たまねぎ、にらなど
イソチオシアナート:にんにく、キャベツ、大根など

▼「DATS(ジアリルトリスルフィド)」がスゴイ

硫黄化合物のアリインがアリイナーゼという酵素と反応したり、分解を繰り返すことでできる化合物で、ガンの増殖を抑えることができるんだって。にんにく大辞典さんのホームページによると…こんな説明が。

ガン細胞の増殖を抑え、寿命のある正常な細胞に戻してガン細胞を消滅させる働きがあるため、ガン治療の大きな課題となっている副作用の問題を解決し得る成分として注目を集めている。

参考:http://www.229dic.com/susume/words/words02/#anchor7

わお、これは期待できそうです!ただでさえニンニクはビタミンB1が多くて、代謝を助けてくれる存在なのだけど、隠れた特技がパワフルですね~。

ぜひ、毎日少しずつにんにくを摂りいれてみてくださいね。
長谷川ろみでした。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク


腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。