▼はじめての方はコチラからどうぞ▼

便秘

【腸活】アカモクとは?~海外セレブも注目の健康フード!海の納豆の正体に迫る~

投稿日:2017年5月1日 更新日:




海外セレブに人気の〇〇・・・とか、海外スーパーフード○○とか、最近海外発信のスーパーフードがすごく多いなぁという気がしています。
 
もちろん腸内環境を整えてくれる食べ物は何でも大歓迎!・・・ではあるんだけど、私は日本人なので、日本人のお腹に合うものをたくさん食べたほうがいいのかもなぁ・・・とたまに思うんですよね。
 
そして、結局は、「ああ、みそ汁いちばん!笑」ってなるわけです。
 

 
そんな中、このところ「海の納豆」として注目を集めているのが「」という海藻です。今回はこの海藻について少しまとめてみたいと思います。
 


 

日本人の腸は海藻と相性がよい

日本は海に囲まれた島国です。そんな日本で生まれた私たち日本人は、昔から海藻をたくさん食べてきました。
 
コンブやわかめ、海苔やめかぶ・・・私たちにとっては、すごーく身近な食材ですよね。でも海外に行けば、あまり海藻類を食さない国もたくさんあります。海苔なんかは、真っ黒な見た目からキモチ悪いモノと思われて、嫌われることも・・・。私も海外に行ったときに、海苔巻きを「気持ち悪い~」って言われたことが。笑
 
見た目だけではなく、「消化に悪い」というのも嫌われる要素の1つです。海外でも、海苔は消化に悪いというのは有名らしい・・・でもね、それは、世界標準の話。
 
なんと、日本人にとっては、「消化に悪い」と言い切れない事実がわかってきたのです。日本人は、そう、日本人だけは海藻を消化できる腸内細菌をお腹に飼っていることが多いんです。
 

仏パリのピエール・エ・マリー・キュリー大学の微生物学研究チームが、2010年に「Nature」誌に発表した論文によると、 ゾベリア・ガラクタニボランという海洋性バクテリアは、海藻に含まれる糖分を分解する力を持っているそうだ。

しかも、この舌を噛みそうな名前のバクテリアは、日本人の腸内からのみ検出されることが分かった。
参考:http://tabi-labo.com/172206/seeweedmicrobiota

 
海に囲まれた日本では、昔から海藻をたくさん食べてきました。だから本来は消化できないはずの海藻でも、自然と消化酵素が取り込まれ、消化できるようになったのではと言われています。
 
すごーく不思議!でも、環境によって腸内細菌叢が変わってくるのは、そんなに変なことではない気もしますよね。人間は環境によって変化する環境動物なんだもん。
 

注目の海藻「アカモク」とは?

 
そんな日本人のカラダに合っている可能性の高い、海藻の1種「アカモク」が最近注目されています。
 
まずはウィキペディアで見てみましょう。
 

褐藻綱ヒバマタ目ホンダワラ科に属する海藻である。北海道(東部を除く)から日本全土の漸深帯(浅海)に分布し、朝鮮半島、中国及びベトナム北部にまで分布する。
 
1年生で、秋から冬に生長し、4-7mの長さに達する。雌雄異株である(まれに雌雄同株の個体がある)。秋田県では「ギバサ」、山形県では「銀葉藻(ギンバソウ)」、新潟県では「長藻(ナガモ)」と呼び食用にする。
 
参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%83%A2%E3%82%AF#.E6.93.AC.E4.BA.BA.E5.8C.96

 
地域によって、こんなにいろいろな呼び方があるなんて!
 


▼記事内容はこの下に続きます▼


注目の海藻「アカモク」の健康効果

2017年3月14日のあさイチで「アカモク」が特集されてから、一気に知名度が上がったのではないでしょうか?笑
 
その前は「アカモク」の話をしてもあんまりわかってもらえなかったけど、一気に形勢逆転!笑
 
アカモクがなぜこんなに注目されているのかというと、
 

カロリーが低い!

海藻類はとにかくカロリーが少ないから、いくらでも食べられるという安心感があります。ダイエット中の方のかさまし食材にすれば、かなりのカロリーオフになります。
 

食物繊維が豊富!

食物繊維と言えば、腸内細菌のエサになることによる「腸内環境改善効果」が期待できます。腸内環境が整うと、その影響力はカラダとココロのすべてと言っても過言ではありません。便秘にもダイエットにも、免疫力の強化にももってこいの食材です。
 
特に食物繊維の中でもフコイダンが豊富なんですって!
 
アカモクは食物繊維の含有量が圧倒的に高い食物ですが、とくにフコイダン、つまり水溶性食物繊維が豊富という点にも注目したいところです。
 

食物繊維には不溶性と水溶性2種類ありますが、フコイダンは水溶性の食物繊維。
 
水溶性食物繊維は腸内で発酵して善玉菌のエサとなり、善玉菌を優勢にさせて悪玉菌の繁殖を抑えます。そのほか、血糖値の上昇を緩やかにする、余分な脂肪を排出するなどの働きも持っています。
 
参考:https://ourage.jp/column/healthy_gohan/105624/?amp

 
このフコイダンは、単なる腸内細菌のエサとしての役割だけでなく、がん細胞を自滅させる働きも持っているんだって。
 

フコイダンの「がん予防効果」については1996年、アメリカのJFKメディカルセンター:デーリック・デシルバ博士によって研究発表が行われました。
 
博士の研究によればフコイダンによって、がん細胞が自滅する「アポトーシス」が起こるとの事です。
 
アポートーシスというのは細胞の「自爆」と思って下さい。私達のカラダは60兆個の「細胞」で出来上がっていますが、この細胞になんらかの異常が発生した場合に「自爆」することでカラダを守ろうとする防御システムが備わっています。
 
参考:http://eiyougaku.net/akamoku/

 

まとめ

「アカモク」は美容だけでなく、健康長寿を目指す私たちにとって、とても有用な食材かもしれません。それも、日本人とはとても相性がいい食材の可能性が高いんです。
 
最近では、「海の納豆」と呼ぶ人がいるほど、注目されている海藻「アカモク」。みなさんもぜひ一度、食べてみてくださいね。
 
▼日本人の腸と海藻についてもっと知りたい方におすすめの記事は下にあります↓




 
▼日本人の腸と海藻についてもっと知りたい方におすすめの記事

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。 生まれたおうちが貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会いにより、数十キロのダイエットに成功! 「腸活」を意識して生活するようになると、なぜか気持ちまでポジティブになりました。このブログでは、楽しく自由に生きていく上で欠かせない、ココロとカラダの健康法としての「腸活」や「自分らしい生き方」についてお届けします。 >プロフィール詳細はコチラ

-便秘
-, , , , , , , , ,

長谷川ろみ

関連記事

高齢者便秘の原因・注意点・解消法

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 若い時は快便だった方でも高齢者になると、急に便秘に悩まされることがあります。特にね、女の方は若い時から便秘に悩まされている …

「烏骨鶏の卵酢」が口コミで人気の理由 ~酸性調味料の王様「食酢」は便秘を改善する?~

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 2016日12月9日の産経ニュースに「烏骨鶏の卵酢」が口コミで話題だと掲載されていました。 卵酢って…どっかで聞いたことあ …

【便秘解消】話題のスーパーフード「アマランサス」ってなに?

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 最近話題のスーパーフード!チアシードやアサイー、キヌアなど、最近は新しいものもたくさん出てきています。スーパーフードは、も …

宿便の出し方 簡単にできる方法を大公開!

便がお腹に溜まったままだと、お腹が重いだけでなく、吐き気をもよおしたり、刺すような痛みに襲われたりします。     「宿便」の定義については、以前こちらの記事に書きましたが、私たち …

キャベツで腸内環境改善!便秘解消するための食べ方と注意点

みなさんは、「キャベツに腸内環境を改善するパワーがある」というのは、ご存じですか?   キャベツの整腸作用は目を見張るものがあり、ダイエット中の方の便秘解消ツールとして、昔から愛されている野 …

腸活じんべー編集長:長谷川ろみ
元おデブ。小学生にして重度の便秘+肥満体でしたが、発酵食品との運命の出会いをはたし、数十キロのダイエットに成功しました!

このブログでは、楽しく自由に生きていく上で欠かせない、ココロとカラダの健康法としての「腸活」や「自分らしい生き方」についてお届けします。

▼プロフィール詳細はコチラ
▼お問い合わせはコチラ
▼はじめての方はこの記事からどうぞ