▼はじめての方はコチラからどうぞ▼

健康

甘酒効果、糖尿病に効く?! 高血圧にはしょうが入りがおススメ

投稿日:




甘酒って、発酵仲間の間ではいつも話題に上るんですが、ほんっとーに名前が悪い。笑
 
甘い+お酒な飲み物だなんて、なんかカラダに悪そうですよね。
でも、実はお酒も入っていないし、甘ったるくもありません。
 

 
米麹でできた添加物の入っていない甘酒は、「飲む点滴」と言われるほど栄養価が高く、代謝促進を促してくれる効果があります。ビタミンやミネラルがたっぷりなのに、なんか名前のせいで損をしている感じ。
 
糖分を含んでいる甘酒は、糖尿病や高血圧に悪い影響を与えそうですが、実際は糖尿病や高血圧を予防する効果があります。
 
今回は、甘酒の効果と糖尿病や高血圧との関係、そして糖尿病や高血圧には、どんな飲み方がよいのか、まとめてみました。

 


 

甘酒効果と糖尿病

驚かれる方もいるかもしれませんが、甘酒は糖尿病を予防する効果があると言われています。
 

糖尿病のメカニズム

通常人間が食事をすると、取り込まれた糖分は酵素で分解されて、ブドウ糖として吸収されます。
 
血液中に取り込まれたブドウ糖は、インスリンと呼ばれるホルモンの働きによってエネルギーになったり、グリコーゲンとして肝臓に保管されたり、脂肪として蓄えられたりします。
 
ポイントとなるのは、このインスリンなのですが、インスリンの分泌が正常にできなくなる病気を糖尿病と言います。
 
インスリンがうまく働かなかったり、量が少なくてぶどう糖の処理がしきれなくなると、血液の中にぶどう糖が放置されて、ぶどう糖が細胞を怖し始めてしまうんです・・・。恐ろしいですね。
 
甘酒の食物繊維やオリゴ糖の働きで腸内環境がよくなり、調の炎症が良くなってきます。すると血糖値の上昇が緩やかになるので、糖尿病を予防することができるのは嬉しいです。
 

なぜ甘酒が糖尿病予防に役立つと言われるの?

その根拠は、甘酒に含まれる成分にあります。甘酒には、麹菌の酵素が作り出すビタミンB群、そして腸内細菌のエサになるオリゴ糖と食物繊維が豊富に含まれているのです。
 
甘酒に含まれるビタミンB群は代謝を促してくれる役割がありますが、その中でもビタミンB1は糖質を分解してエネルギーに変えることができます。
 

高血糖の人は、血液中にブドウ糖をはじめ糖質があふれている状態です。そこで糖質の分解・代謝に働くビタミンB1をたくさん摂取しましょう。ビタミンB1は糖質の燃焼に深い関わりがあります。
 
参考:http://www.nagao-drug.co.jp/health/50.htm

 
また甘酒にはビタミンB6もたくさん含まれていると言われています。
 

ビタミンB6はインスリン合成やその分泌を高める能力があります。ビタミンB6を多く含む食品は、カツオ・マグロ・サケなどの赤身魚、サバ、サンマ、鶏ササミ、豚モモ肉、バナナなどです。サプリメントを利用して「1日5~10mg」を目安に摂りましょう。
 
参考:http://www.nagao-drug.co.jp/health/50.htm

 
また、腸内環境を整えることでホルモンの分泌を正常化します。オリゴ糖や食物繊維は腸内環境を整えてくれる優秀な食材なのです。
 

甘酒の飲みすぎは糖尿病を招くかも?

たくさんの栄養分が含まれている甘酒ですが、もちろん糖分も多いので飲みすぎには注意が必要です。カラダにいいからとごくごく飲んだり、すでに糖尿病の方が甘酒を利用するのは、ちょっと心配・・・。お医者さんに相談が必要です。
 
健康な方なら1日おちょこ一杯分ぐらいが適量だと言われています。
 

甘酒効果と高血圧

甘酒には糖尿病だけでなく、高血圧を予防する効果もあると言われています。
 

高血圧のメカニズム

高血圧は、血圧の状態が慢性的に正常値よりも高い状態が続くことを言います。
 
血圧が高くなると血管が常に強い力で押され続けるので、血管の壁が傷ついてしまったり、血管が固くなったりして、動脈硬化を起こしやすくなると言われています。
 
血圧が上がる原因はさまざまですが、「アンジオテンシン」というホルモンが関係していると言われています。ストレスや肥満などによって、アンジオテンシンⅠがアンジオテンシンⅡに変わると、塩分を血液に貯めてしまうようになり、結果として血圧があがるんですって・・・怖いですね。
 


▼記事内容はこの下に続きます▼


なぜ甘酒が高血圧予防に役立つと言われるの?

なぜ甘酒が高血圧予防によいのか・・・。
それは、甘酒に含まれるペプチドが、アンジオテンシンⅠをアンジオテンシンⅡに変えるのを防ぐからだと言われています。
 

ペプチドはアミノ酸が数個繋がった構造のものですが、その中にアンジオテンシン変換酵素の働きを阻害するものがあります。
 
血圧の上昇を抑え、血圧を下げる物質を守ってくれます。結果として血圧の上昇を抑え血圧を下げてくれるというわけです。
 
参考:http://www.rescuepartytour.com/column/peptideketuatu.html

 
甘酒の中に含まれるペプチドが、高血圧予防のカギを握っていたんですね。
 

高血圧には生姜入りがおススメ?

高血圧予防に甘酒を利用したい場合、林修の「今でしょ講座」で効果を高めるためのとっておきの方法が紹介されていました。それは、生姜と一緒に甘酒を飲むことです。
 
、生姜に含まれるジンゲロールなどの辛味成分がとってもいいんですって。
 

ジンゲロールが抹消の血管を開いてくれて血流を良くして血圧を下げる効果も期待できるのです。
 
さらには、ショウガの皮にも利尿作用があり、尿で塩分を排出する成分が含まれています。このことによる血圧の上昇を抑える効果が期待できるわけです。
参考:http://xn--18j0a7b4d3bzb9471b8hpm34a93oy94e.net/%E8%A1%80%E5%9C%A7%E3%82%92%E4%B8%8B%E3%81%92%E3%82%8B%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AB%E3%80%81%E7%94%98%E9%85%92%E3%81%AE%E8%A1%80%E5%9C%A7%E6%8A%91%E5%88%B6%E5%8A%B9%E6%9E%9C%E3%81%8C%E5%BD%B9%E7%AB%8B/

 
生姜の皮も一緒にすりおろして、生姜甘酒にして飲むとよさそうですね!
 

甘酒効果まとめ

甘酒の糖尿病や高血圧に関する効果、いかがでしたか?
 
カラダに悪そうな名前ですが、代謝がよくなるビタミンB群やコウジ酸などの美白成分など、健康と美容効果が詰まった天然の液体である甘酒は、実は結構使えるんです。笑
 
私は実は小さいころは甘酒がニガテでした・・・。小さい時に神社でよく配っていたのをもらっていましたが、甘すぎて全部飲みきれなくて・・・。
 
大人になってから飲んでみて、その味の違いにびっくりしたので、もし昔、甘ったるい甘酒しか飲んだことがなくてキライになってしまった方は、ぜひ、米麹甘酒を飲んでみることをおすすめします♪
 
意外な健康ヘルパーに出会えるかもしれませんよ♪
 
▼甘酒についてもっと知りたい方におすすめの記事は下にあります↓



 

▼甘酒についてもっと知りたい方におすすめの記事
甘酒効果に注目!市販甘酒おすすめランキング (スーパー編)

 

 

 

ランキング参加中、応援クリックお願いします♪

↓↓ 現在の順位はこちら ↓↓

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。 生まれたおうちが貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会いにより、数十キロのダイエットに成功! 「腸活」を意識して生活するようになると、なぜか気持ちまでポジティブになりました。このブログでは、楽しく自由に生きていく上で欠かせない、ココロとカラダの健康法としての「腸活」や「自分らしい生き方」についてお届けします。 >プロフィール詳細はコチラ

-健康
-, , ,

長谷川ろみ

関連記事

母乳と粉ミルクの違いは?赤ちゃんの腸内環境が変わるってホント?

赤ちゃんを母乳で育てるか、粉ミルクで育てるか、もしくは母乳と粉ミルクの両方を使って育てるか・・・何を選ぶかは、お母さんそれぞれによって違うと思います。     母乳も粉ミルクもメリ …

【かんたん解説】免疫老化がコワい?!メカニズムと予防法

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 もうそろそろ40代がちらちらと見えてきたわたし。見た目が若いと言われるからって、安心しちゃいけないと思っています。そう、自 …

遺伝子検査『マイコード(MYCODE)』結果公開!③ 自分の体質を知る

みなさまから好評の遺伝子検査『マイコード(MYCODE)』の結果発表です!笑   ▼前回の記事はこちら 遺伝子検査『マイコード(MYCODE)』結果公開!① やってみた感想は? 遺伝子検査『 …

「温活」とは? ~低体温の弊害とおススメの温活方法~

最近、低体温と言われる35度台の方が増えているという話をよく聞きます。 実際のところどうなのか、調べてみると・・・こんな内容を見つけまました。     日本人の平均体温は36.89 …

【不眠症】原因は腸内細菌?!睡眠効率を上げる方法まとめ

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 みなさんは、毎日よく眠れますか?寝ることは、次の日のパワーチャージにつながる、大事なこと。私は一回寝たら、あまり朝まで起き …

腸活じんべー編集長:長谷川ろみ
元おデブ。小学生にして重度の便秘+肥満体でしたが、発酵食品との運命の出会いをはたし、数十キロのダイエットに成功しました!

このブログでは、楽しく自由に生きていく上で欠かせない、ココロとカラダの健康法としての「腸活」や「自分らしい生き方」についてお届けします。

▼プロフィール詳細はコチラ
▼お問い合わせはコチラ
▼はじめての方はこの記事からどうぞ