▼はじめての方はコチラからどうぞ▼

健康

ケールの効果・効能・栄養価がスゴイ!ケールがダイエットや腸内環境改善に効く理由

投稿日:




2017年6月30日(金)から約1週間の期間限定で、キューサイ初のポップアップストア「Q’SAI Kale Cafe (キューサイ カフェ) 表参道」 がオープンするらしい!
 

 
もちろん、主役は青汁やスムージーの具としてよく使われる「ケール」です。それも寒い時期に育った「冬越しケール」を使ったメニューの糖度は、イチゴと同じぐらいでめちゃくちゃ甘いんですって。
 
それがこの期間なら、無料で試飲できちゃうそう。これはちょっとこの機会にチェックしておかないとですね。今回は、そもそもあんまり正体がわかっていないケールについて、その栄養価、、効能をチェックしてみましょう。

 


 

ケールとは?

ケールはアブラナ科アブラナ属の植物で、見た目はキャベツに似ている葉物野菜です。
 
「ケール」は「大麦若葉」などとともに青汁の材料として使われるためとても有名になりました。最近はその栄養価の高さから、「スーパーフード」として扱われることも増えています。
 

地中海から小アジア原産といわれるアブラナ科の植物で,キャベツと同一種ですが結球はしません.わが国には古くに伝わったとされていますが,明治初年にあらためて導入されました.観賞用のハボタンもケールの一種です.葉を絞って青汁として利用されるほか,飼料としても利用されています.
参考:http://www.naro.affrc.go.jp/org/niah/disease_poisoning/plants/kale.html

 

ケールの栄養素

株式会社TCNさんのホームページにケールの栄養素が掲載されていました。抗酸化作用が高いβ-カロテンがたくさん含まれていたり、デトックス要素がたっぷりの野菜です。
 
▼主な栄養素(100gあたりの栄養価)

β-カロテン:5927マイクログラム
ルティンとゼアキサンチン:8198マイクログラム
 
ビタミンB1:0.110mg
ビタミンB2:0.130mg
ナイアシン(B3):1.000mg
パントテン酸(B5):0.091mg
ビタミンB6:0.271mg
葉酸:141マイクログラム
ビタミンC:120.0 mg
ビタミンE:1.54mg
ビタミンK:704.8マイクログラム
カルシウム:150 mg
リン:92 mg
鉄分:1.47 mg
マグネシウム:47mg
マンガン:0.659mg
カリウム:491mg
参考:http://www.tcnkenko.com/post-1462-1462.html

 

ケールとキャベツを比較すると・・・

同じアブラナ科のキャベツと比べてみると、全体的にケールの栄養価が高すぎることがわかります。決してキャベツが栄養がないわけではなく、ケールがスゴインデス。
 
左の数字がケール、右がキャベツです。
 

エネルギー(kcal):28:23
たんぱく質(g):2.1:1.3
脂質(g):0.4:0.2
炭水化物(g):5.6:5.2
食物繊維(g):3.7:1.8
参考:http://yasaihikaku.blogspot.jp/2013/01/blog-post_29.html

 
カロリーはそこまで変わらないにも関わらず、食物繊維の量が倍!!他にも便秘予防視点で見てみると、ビタミンE、C、そしてマグネシウムが気になるところですが・・・全部ケールのほうが優秀・・・。
 

ビタミンE(mg):2.4:0.1
ビタミンC(mg):81:41
マグネシウム(mg):44:14
参考:http://yasaihikaku.blogspot.jp/2013/01/blog-post_29.html

 
すごいですねー!あとは、葉物野菜に期待したいカルシウム、むくみ解消によいカリウムも比べ物になりません。笑
 

カリウム(mg):420:200
カルシウム(mg):220 :43
参考:http://yasaihikaku.blogspot.jp/2013/01/blog-post_29.html

 


▼記事内容はこの下に続きます▼


ケールの効果・

こんなに栄養素が多いと、いろんな効果がありそうです。
 

肥満予防

過去におこなわれたキューサイ株式会社と高崎健康福祉大学のラット実験では、中性脂肪の減少や脂質の吸収抑制機能が見られました。
 

キューサイ株式会社と高崎健康福祉大学(江口文陽健康福祉学部健康栄養学科教授)との共同研究で行なったラットの実験によれば、緑黄色野菜ケールの抽出物を投与したところ体重増加を顕著に抑制し、中性脂肪が減少したことから、ケールには脂質の吸収抑制による肥満抑制効果があることがわかったそうです。
参考:https://hakuraidou.com/blog/78090/

 

腸内環境改善

ケールには水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がバランスよく含まれていて、善玉菌のエサを提供し、腸内環境を浴することができると言われています。
 

食物繊維には腸を整えて便通を促す作用に炭水化物の吸収を穏やかにして血糖値をコントロールする作用や、余分なコレステロールや脂質を体外へ排出する働きがあります。また、最近注目されている腸内細菌の善玉菌のエサになり、善玉菌を増やす効果も期待できます。
参考:https://www.bellfarm.co.jp/aojiru-effect.html

 

まとめ

ケールのスゴさ、伝わりましたか?^^
スーパーフードと言われるハズですよねー。スーパーでかったり、サプリを飲んだり、青汁として飲んだりするかもしれませんが、また効能がわかることで受け取り方、食べ方も違ってくるはず!
 
ぜひ、体調管理のためのお食事には、ケールを登場させてみてくださいね。
 
▼食物繊維についてもっと知りたい方におすすめの記事は下にあります↓



 
▼食物繊維についてもっと知りたい方におすすめの記事

 

 

ランキング参加中、応援クリックお願いします♪

↓↓ 現在の順位はこちら ↓↓


 

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。 生まれたおうちが貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会いにより、数十キロのダイエットに成功! 「腸活」を意識して生活するようになると、なぜか気持ちまでポジティブになりました。このブログでは、楽しく自由に生きていく上で欠かせない、ココロとカラダの健康法としての「腸活」や「自分らしい生き方」についてお届けします。 >プロフィール詳細はコチラ

-健康
-, , ,

長谷川ろみ

関連記事

忙しい人のパン作り?!低温長時間発酵「オーバーナイト製法」ってなに?

パン作りって結構大変ですよね。 家で焼いたパンを食べることができたらなぁ・・・と思っても、なかなか手が出せないのが正直なところ・・・     でも、夜中に準備をして、朝焼くという、 …

コピ・ルアクコーヒーとは?動物の腸内細菌がつくる「うんちコーヒー」がスゴイ

映画「かもめ食堂」などにもでてきたころがある「コピ・ルアク」。1杯8000円以上もすると言われている幻のコーヒーです。     実はこのコーヒー、ジャコウネコが食べたコーヒー豆を腸 …

セロトニンってなに?セロトニンを増やすには?

別名:シアワセホルモンとも呼ばれる「セロトニン」。   腸内環境を整えると、セロトニンの分泌が増えて、幸せを感じやすくなったり、うつ病予防になったり、ストレスをためにくくなったり、なんでもポ …

消化酵素「アミラーゼ」とは?~消化からストレスチェックまでできる万能酵素~

私たちが体に栄養を取り込んで、健康に生きていくために、消化を助けてくれる体内酵素のうち、「消化酵素」として有名な「アミラーゼ」という物質があります。     聞いたことがある方もい …

【祝】「カルピスこども乳酸菌研究所」が「教育応援グランプリ2016」を受章!

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 「教育応援グランプリ」という、ちょっと素敵なイベントがあるのをご存じですか? 私、知らなかったのですが、この度アサヒ飲料さ …

腸活じんべー編集長:長谷川ろみ
元おデブ。小学生にして重度の便秘+肥満体でしたが、発酵食品との運命の出会いをはたし、数十キロのダイエットに成功しました!

このブログでは、楽しく自由に生きていく上で欠かせない、ココロとカラダの健康法としての「腸活」や「自分らしい生き方」についてお届けします。

▼プロフィール詳細はコチラ
▼お問い合わせはコチラ
▼はじめての方はこの記事からどうぞ