乳糖不耐症の治し方 ~赤ちゃんの場合~

スポンサードリンク

ミルクを飲んでお腹がゴロゴロしたり、下痢が続く赤ちゃん・・・その原因は、乳糖不耐症の可能性が高いそうです。
 
日本で生活していると、乳製品はどうしても生活の中に入ってきてしまいます。発酵食品の中にも乳製品はたくさんあります。発酵している方が、乳糖が分解されている可能性が高いので、生の牛乳よりヨーグルトのほうがおススメですが、それでもお腹がゴロゴロしちゃう方はいるみたい。
 
今回は乳糖不耐症とその治し方について、調べてみました。
 

 

 

日本人は乳糖不耐症が多い

発酵食品の中でもヨーグルトが好きな方は多いですよね。でも、ヨーグルトを食べると、下痢になるという方もいます。この原因の1つとして、「」が知られています。
 
日本人は特に乳糖不耐症の方が多いようです。少し古いデータにはなりますが、なんと約8割が乳糖不耐症だという報告が!
 

1972年に日本人の乳糖不耐症者の割合を86%と報告した研究と79%と報告した研究がある。2003年に私たちが74名の若年女子集団を対象として行った調査では、82.4%が乳糖不耐症者であると判定された。
参考:http://lin.alic.go.jp/alic/month/domefore/2008/jun/spe-02.htm

 
特に赤ちゃんの場合は、また食べられるものが少ないので、乳糖不耐症だと大変です。ミルクを飲むたびに下痢をしたり、嘔吐をしてしまう場合もあるらしい・・・
 

乳糖不耐症の原因

なぜミルクを飲むと下痢をするのか、それは、ミルクに含まれる乳糖に原因があります。私たちが摂取した乳糖は、小腸の粘膜にある乳糖を分解する酵素をつかって分解し、体内に吸収されます。
 
でも、この乳糖を分解する酵素が少ない人は、乳糖がそのまま腸の中に残ってしまうんだって。
 

残った乳糖は腸内細菌により発酵し、腸のぜんどう運動を活発化させます。下痢を起こすと、酸性便という酸っぱい臭いの便が排泄されます。
乳糖分解酵素の分泌量や摂取した乳糖の量により、症状の程度が変わります。
参考:http://ixil.info/archives/91450

 
ぜん動運動を活発にしすぎることによって、下痢になったり、ゴロゴロとお腹が動いたりしちゃうんですね。
 

乳糖不耐症の種類

乳糖不耐症は、この酵素をもともと持っていない人、持っているけどなんらかの原因でうまく分泌できない人の2種類に分けることができます。
 

スポンサードリンク

先天性乳糖不耐症

もともと乳糖を分解する酵素を小腸内に持っていない人。
かなり珍しいことで、一番先天性乳糖不耐症が多いとされているフィンランドでも1/60,000程度。
 

先天性の乳糖不耐症はラクターゼの構造遺伝子であるLCT遺伝子の異常によって引き起こされる。LCT遺伝子の変異によってラクターゼ活性が障害された患児では、母乳やミルクに多量に含まれる乳糖を分解・吸収することができない。
参考:https://www.shouman.jp/details/12_1_1.html

 

後天性乳糖不耐症

ほとんどの場合はが後天性。細菌やウイルスに感染することで起こる胃腸炎で、小乳糖分解酵素の分泌が一時的に低下する。
 

乳糖不耐症の治し方

後天性の場合は、細菌やウイルスに感染することで起こる胃腸炎が治れば、乳糖不耐症の症状も出なくなるようです。
 
乳糖不耐症が原因の下痢や嘔吐の症状が出る場合は、とにかく乳糖を摂らないようにするのがいちばん!母乳やミルクの摂取を控え、乳糖を分解してある食品や特殊なミルクを摂りましょう。
 
あとね、最近はお薬もあるみたい・・・ヘルスケア大学さんの記事によると・・・
 

乳糖不耐症に対しては、胃および腸内で、乳糖をグルコースとガラクトースに加水分解するガラクトシダーゼを有効成分とする乳糖分解酵素薬が開発されています。
 
乳糖分解酵素薬は、先天性および後天性の乳糖不耐症により起こる消化不良の改善に用いられています。
 
参考:http://www.skincare-univ.com/article/016683/

 
へぇ~いろんな方法があるんだなぁ。
 

まとめ

みなさんは牛乳やヨーグルト、チーズなどを食べて、お腹がゴロゴロしたり、下痢になったことはありますか?
 
たぶん、牛乳がいちばん症状が出やすく、発酵しているヨーグルトやチーズは少ないハズ。乳製品の栄養補給が必要なときは、牛乳は控えて、ヨーグルトにしてみるといいかもしれません。
 
でも、中にはヨーグルトでも出る人も多数!笑
私自身もヨーグルトを食べるとお腹がもわっとするんだよね・・・笑 乳糖不耐症なのか・・・でも多分、私の場合は、遅延アレルギーが原因です。
 
みなさんも自分のカラダとよく相談して、カラダに合う栄養補給を考えてみてね。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。 生まれたおうちが貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会いにより、数十キロのダイエットに成功! 「腸活」を意識して生活するようになると、なぜか気持ちまでポジティブになりました。このブログでは、楽しく自由に生きていく上で欠かせない、ココロとカラダの健康法としての「腸活」や「自分らしい生き方」についてお届けします。 >プロフィール詳細はコチラ

スポンサードリンク


腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。