納豆、最初に食べた人はダレ?聖徳太子説、源義家説…どれがほんと?

スポンサードリンク

クサくてネバネバと糸を引く納豆・・・今でこそ日本の食卓には欠かせない食材ですが、こんな変な食材、なかなか食べようとは思いませんよね?!笑

最初に食べた人はダレなのでしょう・・・その勇気スゴイです。今回は納豆を最初に食べた人はダレなのか、実は様々な説があるので、その一部をご紹介したいと思います。

納豆はいつから食べられているのか

納豆は、いつごろから食べられているのでしょうか?

これには本当にたくさんの説があります。大きく分けると「自然発生的にできた説」と「人が作った・見つけた説」があって、自然発生的にできた説は、それこそ稲作文化の時代までさかのぼります。

納豆は、自然発生的にできた説

古い説だと稲作が始まったと言われる弥生時代には、もう納豆は食べられていたという説があります。

稲作が始まって、大豆などを大量に保存しておく必要が出てくれば、特に納豆を作ろうとしなくても、昔は保存の過程で腐ってしまったのではないか?というものです。

確かに、これがいちばん自然ですね。

弥生時代ではなく、もう少したった戦争の時代に納豆を食べ始めたという説もあります。

1982年04月03日に放送された、まんが日本昔ばなしの中に「」というお話があります。

この中では、兵隊さんたちが戦争で食料が少ない時に、煮たお豆をわらに包んで運んだら、腐ってて、腐った豆を食べたらおいしかった・・・というようなお話でした。

雑兵達は煮豆も腐っているのではないかと、急いでワラの包みを開けてみた。すると煮豆はネバネバとして糸を引いている。

雑兵達はがっかりしが、糸を引いた煮豆を食べてみた。すると何と腐った煮豆は大変美味しかった。驚いた雑兵達は次々と腐った煮豆をほおばった。そしてひょうろくに礼を言い、ひょうろくにも煮豆を食わせてやった。

参考:http://nihon.syoukoukai.com/modules/stories/index.php?lid=536

納豆は、有名人が作った説

納豆は自然発生的につくったのではなく、私たちが知っている歴史上の人物(有名人)が作ったとする説です。

これが1人や2人ではなく、たくさんの歴史上の人物が作ったのではないかとささやかれています。

納豆、最初に食べた人は聖徳太子説

滋賀県八日市市で伝えられているのが、「納豆、最初に食べた人は聖徳太子説」です。

八日市市を通りがかった聖徳太子が馬のエサにと煮豆を運んでいたところ、そのまま数日後に見てみると、ワラの中の煮豆が糸を引く納豆になっていた、という説です。

スポンサードリンク

聖徳太子が作ったというか、たまたまな気がするけど。笑

納豆、最初に食べた人は源義家説

納豆、最初に食べた人は源義家説は、いろんな説の中でも一番有名かもしれません。

時は平安時代、武将・源義家が戦争で闘っている時、兵士の食料である大豆を煮ていたんですって。そしたら急に敵に見つかって、熱いままの煮豆をわらに詰めて戦ったのだそう。

戦いが終わって落ちついた時に、改めてわらの中身をみてみたら、納豆ができていたというハナシ。

東北地方では、この納豆話がとても有名です。

納豆、最初に食べた人は加藤清正説

安土桃山時代から江戸時代初期にかけての活躍した武将である加藤清正が、納豆、最初に食べた!という説も有名です。

1592年文禄の役、秀吉の命で加藤軍団は満州まで行くのですが、やがて兵糧に困り、塩をなめ、煮豆を馬と分かちあって食べ、残った煮豆を俵に入れて保存しました。

その煮豆入りの俵を、馬の背にのせて行進していると、馬の体温のせいもあって香ばしい匂いをだしはじめ、その香気に気づいた清正が俵をあけさせてみると、糸引納豆になっていたそうです。

参考:http://www.nattou.com/topics/history.html

こうなってくるとだんだん似てきますね。馬に載せた豆は、だいたい馬の体温の温かさで納豆になってしまうみたい。笑

納豆、最初に食べた人は?まとめ

このように「納豆、最初に食べた人は?」という質問を投げかけると、地域によって全く違う答えが返ってくるんですよね。

そして、どの説も「これが納豆の発祥」という証拠はありません。だから困っちゃう。

そもそも納豆はそんなに難しい作り方をしていません。納豆菌もとても強いので、繊細な発酵過程ではないんです。

大豆と稲ワラさえあればOK!それも、煮た大豆を稲ワラに包むだけで、中の温度は高温になり、納豆菌が増えてすぐに発酵します。

もしかしたら全然有名な人ではなく、大昔の農家のおじいちゃんが発祥の人かもしれません。それはそれで、ステキなことかなと思います♪

全国納豆鑑評会『特別賞』受賞【北海道のわら納豆大粒】12本セット
道南平塚食品株式会社
売り上げランキング: 53,368
The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク


腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。