宿便を出す食べ物を要チェック!意外な解消フードはどれ?

スポンサードリンク

宿便がたまったままだと、お腹が重いだけでなく、吐き気をもよおしたり、刺すような痛みに襲われたり、病気のリスクが高まったりと、あんまりよいことがありません。
 

 
今回は、宿便を出す方法の中でも「食べ物」にクローズアップ!宿便を食べ物で出す方法をまとめました。

宿便を出す食べ物とは?

宿便は「私たちが口から食べた物」でできています。何を食べるかによって、腸内フローラを形成している善玉菌・日和見菌・悪玉菌のバランスはかなり変わるので、毎日何を食べるかが、宿便を出すカギになります。

腸内環境を整えるには、そして宿便を溜めないためには「食べ物」はとても重要です。じゃあどんな食べ物がいいの?とおっしゃる方向けに、まずは宿便を出す食べ物のポイントをまとめました!

宿便を出す食べ物1:食生活は野菜中心に。水溶性食物繊維を意識しよう

宿便を出す食べ物として、とても大事なものの1つが野菜です。

野菜中心のバランスが取れた食事は、腸内環境を改善してくれる大事なもの。なぜ野菜がいいのか?・・・そこには「食物繊維」の存在があります。

食物繊維は、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があり、両方をバランスよくとることで、排便を促します。一般的には、

不溶性食物繊維:水溶性食物繊維=2:1

が、腸内環境によい食物繊維の摂取バランスだとされています。でも水溶性食物繊維は不溶性食物繊維に比べると、普段の生活で摂取しにくいので、意識しないとバランスが崩れやすいかもしれません。

また、お肉ばかり食べていると食物繊維不足になり、腸内環境が悪化することも考えられます。野菜中心、それも水溶性食物繊維を意識した食生活をこころがけてみてください。

不溶性食物繊維は便を外に出す腸のぜん動運動を活発にする働きがあり、また水溶性食物繊維は、腸に住んでいる腸内細菌のエサになって、腸内環境を改善してくれる働きをします。

宿便を出す食べ物2:積極的に発酵食品を摂ろう

発酵食品も腸内環境を整える食べ物として優秀です。

スーパーで買ってそのまま食べられる、取り入れやすいものとしては、ヨーグルトやキムチ、納豆などがあります。お料理をする方なら、毎日のおみそ汁に入っている味噌も立派な発酵食品です。

個人的には、みそ汁に野菜をたくさん入れると、発酵食品と野菜をたくさん食べられる腸活フードとして優秀なので、宿便が溜まりにくい腸を作る上でかなりおススメです。

特におすすめのみそ汁の具材は、オクラです。不足しがちな水溶性食物繊維をたくさん含むので、オクラとみそのダブル効果が期待できます。

宿便を出す食べ物3:朝起きたら水を飲もう

食べ物と言っていいのかわかりませんが、口から入れる宿便予防として「水」もとても大事です。朝起きたら必ず水を飲むというのが基本中の基本。

40年来の慢性便秘を抱えていた、タレントの松本明子さんが、腸のスペシャリストである順天堂大学医学部教授の小林弘幸先生に一番最初に教えてもらった方法も、まずは朝のお水だったと言います。

小林弘幸先生が以前、情報番組のサタデープラスでおっしゃっていたポイントは、水を一気に飲んで、胃に水をためることが重要なんだそうです。その胃にかかる重さで大腸を押してくれるんだって。

意外とアナログ!笑

出来れば、冷たい水で腸を冷やしてしまうのではなく、常温の水や白湯がいいようです。

宿便を出す食べ物4:宿便を出すお茶がスゴイ!

宿便を出すためには、日常的に摂ることができるお茶も実は大事です。お茶の中にも食物繊維がたっぷり含まれたものがあるので、チェックしてみるといいかもしれません。

例えば、抹茶です。抹茶の食物繊維は宿便を出す秘密が隠されていました。お茶を飲もう.COMさんには、こんなことが書かれています。

そもそも食物繊維と一口に言っても二種類あり水に溶ける水溶性のものと溶けないタイプのものがあります。そして緑茶の食物繊維のうち43g前後は水にとけません。

なので、緑茶として飲んでも食物繊維摂取としてはあまり効果がないのです。

参考:http://tea-merit.com/ryokucha15/kounou120.html

緑茶にはカテキンなど、カラダによい成分がたくさん含まれていますが、食物繊維という意味では、なかなか効果があるとは言えないみたい・・・。

緑茶では効果は微妙ですが、その場合におススメなのが抹茶です。お茶に抹茶を溶かして飲んだり、お料理に使うこともできます。サラダに振り掛ければ、抹茶サラダになりますし、アレンジ方法をそれこそたくさんありそう!ぜひお試しくださいね。

スポンサードリンク

宿便を出す食べ物5:オリーブオイルやナッツなどの良質な油

「宿便に、脂っこい食べ物は、逆効果でしょ?」とお思いの方もいるかもしれません。

でも、実は油には「良い油」と「悪い油」があると言われています。

「悪い油」は、ぎとぎとした脂身の多い肉や、スナック菓子やインスタント食品に入っている油分などが中心の腸内環境を悪化させやすい油・・・

そして、「良い油」は、コレステロールを減少させたり、血液をサラサラにしたりするだけでなく、便を肛門まで運んでくれる潤滑油として働いてくれる、腸内環境に優しい油・・・

宿便を出すためにはどっちの油がいいかは明白ですよね!

腸内環境を整え、宿便を出してくれる油としておススメなのは、「オメガ3(多価飽和脂肪酸)」と呼ばれる、DHA、EPA、α-リノレン酸です。

DHA、EPA、α-リノレン酸は、サプリメントなどで摂ることもできますが、私たちが普段食べている食品にもたくさん入っています。

▼おススメの良質の油を含む食品

・くるみ
α-リノレン酸が入っているのでおススメ。
一日量の目安は、片手に乗るくらい(25g程度)です。

・チアシード
食物繊維とオメガ3脂肪酸の両方を含む珍しいスーパーフード。
特に最近はローストチアシードが注目されています♪
 

 

・サバなどの青魚
DHA・EPAというオメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。
一時期頭がよくなる・・・と言って有名だったDHA・EPAですが、最近は腸内環境を良くするためにも必要だと注目されています。
 

 

宿便を出す食べ物まとめ

宿便はそのまま腸の中に入れておくと、余計なガスを発生させたり、腐敗させて腸内環境を悪化させてしまいます。なるべく迅速に毎日出すことが大切なので、日々の食習慣がものを言います。

と言うわけで・・・今回は、「宿便を出す食べ物」を中心に整理してみました。

野菜や魚が中心の生活にするだけで、宿便が溜まりにくい腸ができるという方もいるほど、食生活・食習慣は重要です。毎日のことなので、見直すことは大きな意味があります。

その上で水やお茶などの水分にも注意が必要ですし、良質な油を意識すると、腸のぜん動運動も活発になります。

宿便を出すことを意識すると、自然と腸内環境が整うので、いいことずくめの腸に変身できるかも!
ぜひ、一度見直しをしてみてくださいね♪

小林製薬の栄養補助食品 EPA DHA α-リノレン酸 約30日分 180粒
小林製薬 (2013-03-22)
売り上げランキング: 1,893

お徳用オメガ3-DHA&EPA&α-リノレン酸サプリ (180カプセル/約6ヶ月分)
株式会社オーガランド
売り上げランキング: 37,837
The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク


腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。