腸活じんべーとは?

腸活じんべーとは?

腸活じんべーにお越しいただきまして、ありがとうございます!
腸活じんべーは「腸活は人生のベース(基本)です。」の略語です。

腸活じんべー
腸活は人生のベース(基本)です。

このサイトに来てくださったということは、少なからず「」や「発酵食品」にご興味がおありかと思います。

もしくは、今カラダにこれまではあまりなかった「違和感」を感じていたり、健康に関してお悩みがあったりするかもしれません。

カラダの「違和感」とは?

日々の生活習慣が乱れると、私たちの体は病気になる前にちょっとした違和感を覚えることが多いと思います。その「ちょっと、へん?」に気がつけるかどうかは、普段から自分のカラダを大事にしているかどうかによって変わります。

・ちょっとへん。老けたかも?
・ちょっとへん。太ったかも?
・ちょっとへん。眠れない。
・ちょっとへん。やる気がでない。
・ちょっとへん。なんか不安。
・ちょっとへん。すぐ疲れちゃう。
・ちょっとへん。うんちがでない。
・ちょっとへん。花粉症がひどくなった。
・ちょっとへん。アレルギー体質がひどくなった。

そして、これらの症状は、多くの場合、腸内環境の乱れが関連しています。腸を大事にする生活をはじめることで、悪化を防いだり、少しずつ良化ができると、「腸活じんべー」は考えています。

この「腸活じんべー」では、腸活でおデブを良化させた経験がある長谷川ろみが、腸活を行おうとしている方に知ってほしい情報や、そうでもない情報(笑)まで、いろいろなことを発信しているサイトです。

腸活じんべーが目指すところ

「腸活じんべー」は、研究室です。
「腸活じんべー」は、病院ではありません。

「腸活じんべー」は、病気を治すのではなく、

情報を共有しあい、経験を話し合い、自分で自分の健康を守る力をつけるきっかけを作る

ことを目指しています。

このところ、「腸は第2の脳」という言葉が多くのメディアで取り上げられています。腸内細菌学の研究が進み、腸は脳の命令とは関係なく動く、とてもめずらしい臓器であることがわかってきました。

また、人間の細胞が60兆個と言われる中、人間の腸に住む腸内細菌は、なんと約100兆個であることもわかっています。私たちの体は、細胞よりも腸内細菌のほうが多いのです。

そう考えると、腸内細菌の影響力の強さをもっと意識してもおかしくない気がしてきませんか?

腸内細菌学はエビデンスが少ない新しい分野ではありますが、今後私たちが「健康長寿」を目指すにあたり、注目すべき分野だと感じています。

また、日本人の腸内環境が少しずつ変わってきたのは、欧米食の発展・普及が関係しているという説もあります。

腸活じんべーは、腸活に欠かせない、そして日本が誇るべき「和食文化」「発酵文化」も応援しています。地方活性化のみならず、日本活性化のために、日本の発酵文化のスゴさ、美味しさ、生産者の方の想いなどを腸活じんべーは伝えて行きます。

腸活じんべーの「腸活」の定義

長くなっちゃったので、こちらの記事にまとめました!笑
お時間がある時に読んでみていただけるとうれしいです♪

プライバシーポリシー

「個人情報の保護に関する法律」に基づき、「個人情報保護の基本方針(プライバシーポリシー)」を定め個人情報の適切な管理・保護に努めることを表明します。

個人情報保護の基本方針(プライバシーポリシー)
1. 個人情報の利用目的をできるだけ特定し、特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えて利用することはありません。
2. 個人情報を偽りその他不正な手段による取得しません。取得したときは、本人に速やかに利用目的を通知又は公表します。
3. 個人情報を利用目的の範囲内で正確かつ最新の内容に保つように努めます。
4. 個人情報の漏洩や滅失を防ぐために、必要かつ適切な安全管理措置を講じます。
5. あらかじめ本人の同意を得ないで第三者に個人情報を提供することはありません。
  ただし、法令に基づく場合、人の生命、身体又は財産の保護に必要な場合、公衆衛生・児童の健全育成に特に必要な場合、国等に協力する場合は除きます。

Amazonアソシエイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

Google AdSenseについて

広告配信プロセスにおいてデータを収集するために、Cookieやウェブビーコンを使用しています。Googleでcookieを使用することにより、インターネットにおけるご自身のサイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいてユーザーに広告を配信することが可能になります。ユーザーはGoogleの広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシーポリシーにアクセスし、cookieオプションを使用しないように設定することができます。

免責について

当サイトに掲載する情報に関しては、極力正しいものを提供するよう務めておりますが、あくまでも、長谷川ろみや、その他の執筆者による個人的見解を中心に記事を執筆しています。提供している情報、リンク先などにより、いかなる損失や損害などの被害が発生しても、当サイトでは責任を負いかねますのでご了承ください。