セロトニンを増やす漢方薬にはなにがある?~エゾウコギ・抑肝散・加味逍遥散など~

スポンサードリンク

セロトニンを増やすにはいろいろな方法があります。

お薬に、漢方薬に、サプリに、ハーブ・・・もちろん普段の食生活と睡眠などの生活習慣がいちばん大事!

ざっくりしたセロトニンを増やすための概要は、この過去記事を見てもらうことにして・・・
 

 
今回は、セロトニンを増やす「漢方薬」についてもう少し詳しくまとめてみました。

セロトニンは漢方薬で増やせるのか?

普段の食習慣や食生活の乱れを改善することは前提で、もう少しいい方法があればなぁと思っている方、もしいたとしたら、一般的な薬(西洋薬)に頼るのはちょっと待った!

薬(西洋薬)は、効果も高いですが、副作用があったり、依存性が高く、なかなかやめられなくなる傾向が強いと言われています。

もちろん治る可能性も大きいけど、カラダへの負担も大きいので、できればもう少し自然な方法で治せるのがベスト。

その一つの選択肢が、「漢方薬(東洋薬)」です。

セロトニンを増やす漢方薬はない。でも・・・

実は、「セロトニンを増やす」という漢方薬は、販売されていません。

「漢方薬」は東洋医学のお薬のことですが、東洋医学は西洋医学に比べて、あまり局部的な考え方をしないんです。

セロトニンを増やす漢方薬のメカニズム

基本的に「セロトニンを増やす」という考え方をしない理由は、そもそも西洋医学と東洋医学の考え方の違いにあります。

西洋医学と東洋医学の違い

つゆくさ医院さんのホームページに西洋医学と東洋医学の違いについて書かれていたので少し引用したいと思います。

400年前に始まった西洋医学は、科学に基づいたとても優れた医学の一つですが、その医療の多くは症状を取るだけの「対症療法」です。

それに比べて4000年前から続く東洋医学は、数分で効果のあるものから年単位で効果のあるものまで様々ですが、基本的には粘膜にある免疫系に作用して、自己治癒力を引き出し根本治療を促します。

参考:http://tsuyukusa.tokyo/?page_id=369

西洋医学では、「セロトニンを増やす」というある1点に対する「対症療法」的な考え方をするのは普通のことです。

一方東洋医学では、どこか1点が悪いのではなくて、不調は体全体の循環が悪くなっていることが原因と考えます。

免疫、内分泌、自律神経なども含め、体全体の流れをよくすることが大事なんですね。

その為、もちろん患者さんの体質もとても大事になります。患者さんの様子を長期的にみていきながら、バランスをとっていくんです。

東洋医学的には体と心はつながっている

東洋医学は、体と心のつながりを強く感じる学問です。

だから、セロトニン分泌のような心と大きくつながりがあることについては、体と心を一緒に治していくようなイメージになります。

もりもと整体さんのホームページには、人が落ち込んだ時やストレスがたまった時の体への不調の過程をこのように説明していました。

落ち込む⇒姿勢が丸まる⇒自律神経の乱れ⇒内臓への影響(特に憂う感情を司る肺)⇒溜息⇒ストレス⇒動悸などの血圧変化で心臓への負担増⇒肺や心臓のツボがある背中の上部が固くなる⇒自律神経、ホルモンバランスの乱れ⇒体の不調

参考:https://sujikotu-seitai.com/kokorotokarada/

ほんとうにそうだ!笑 大納得!

今回は、ストレスを軽減したい時や神経の高ぶりを抑えてイライラを鎮めたり、うつ病や不安・不眠症の時に処方される漢方薬をまとめてみました。

セロトニンを増やす漢方薬と効果

セロトニンを増やすことに関連しそうな漢方薬とその効果効能を集めてみました!

セロトニンを増やす漢方薬1:加味逍遥散(かみしょうようさん)

加味逍遥散は、めまいやほてりといった自律神経症状や更年期障害っぽい症状に対してよく用いられる漢方薬です。

有名な株式会社ツムラで取り扱っている漢方薬なので、知っている方も多いかもしれません。加味逍遥散のことをツムラの24番ってよんだりもするらしいです。笑

加味逍遥散は、グルタミン神経やドーパミン神経など、興奮をつたえる神経回路を抑制する働きのある「GABA」を増やす漢方であり、うつを改善させる。つまり、ドーパミン神経をGABAが抑制することより、セロトニン神経を前頭葉で優位にさせる可能性があるからである。

参考:http://www.doctorhelico.net/Kuru-Note/KANPO-dopasero/KANPO_dopasero.pdf

ふむふむ。GABAだ!GABAを摂取すると、脳がリラックスできると言われたりもしますよね。

GABAは動植物など広く自然界に存在する物質なのですが、人間をはじめとするほ乳類の脳や脊髄などの中枢神経に特に多く存在しており、抑制性の神経伝達物質として働いています。

参考:http://www.om-x.co.jp/web/magazine_bn/20120802/

抑制性とは、精神を安定させることを言います。加味逍遥散は、精神安定剤として優秀な漢方薬であることがわかります。

【第2類医薬品】加味逍遙散料エキス錠クラシエ 180錠
【第2類医薬品】加味逍遙散料エキス錠クラシエ 180錠

スポンサードリンク
posted with amazlet at 17.07.14
クラシエ薬品
売り上げランキング: 825

セロトニンを増やす漢方薬2:抑肝散(よくかんさん)

抑肝散(よくかんさん)は、うつ病や不眠症の方、イライラを鎮めるためや、体を休ませるために処方されることが多い漢方薬です。

子供の夜泣きやひきつけを解消する場合もあるらしいんです。体って本当に複雑につながっているんですね。

うつ病サプリさんでは、抑肝散について以下のように説明されていました。

抑肝散には神経の高ぶりを抑えてイライラを鎮めたり、不眠症を改善したりする働きがあります。また、手足の震えを止めたり、筋肉の強張りをほぐしたりして体を休ませる働きもあります。

さらに抑肝散には血行を促進させる働きもあるので、貧血や血行不良からくる頭痛などの症状にも効果的です。このように、抑肝散はうつ病のさまざまな症状に効果があります。

参考:http://www.utsu-s.jp/column/therapy/kampo_t_150721/

ふむふむ。抑肝散も安定させてくれる系ですね。

【第2類医薬品】抑肝散加陳皮半夏エキス顆粒クラシエ 24包
クラシエ薬品 (2017-02-01)
売り上げランキング: 1,731

セロトニンを増やす漢方薬4:柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)

ストレス対処機構のひとつとして重要なグルココルチコイド受容体の機能低下を改善すると言われているのが、柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)です。

柴胡加竜骨牡蛎湯・・・ちょっと難しいですが、グルココルチコイド受容体が元気になることは、セロトニン分泌を増やすと言われているのです。

過度なストレスにより、このグルココルチコイド受容体機能が低下し、セロトニンやドーパミンといった神経伝達が減少、結果的に不安や抑うつにつながると考えられているようだ。

参考:http://www.doctorhelico.net/Kuru-Note/KANPO-dopasero/KANPO_dopasero.pdf

また違ったアプローチだけど、柴胡加竜骨牡蛎湯もセロトニン分泌に役立ちそうですね。

【第2類医薬品】ロート柴胡加竜骨牡蠣湯錠 252錠
ロート製薬 (2007-05-18)
売り上げランキング: 2,064

セロトニンを増やす漢方薬5:エゾウコギ

エゾウコギは、別名シベリア人参とも呼ばれる、ロシアや中国の一部で取れる植物です。

日本ではエゾ(北海道)にだけ自生するためにエゾウコギと呼ぶようになりましたが、ロシアでは「エレウテコロック」、中国では「刺五加(しごか)」と呼ばれています。

わかさの秘密さんには、エゾウコギについて、以下のような効果が記載されていました。

体の活力を高めてくれる有効成分を豊富に含んでおり、抗ストレス作用や疲労回復、滋養強壮や精力強化に効果があります。有効成分であるエレウテロサイドEには、免疫細胞を活性化して免疫力を高める働きがあります。

最新の研究では、女性ホルモンに似た作用をする成分が含まれていることがわかり、期待が寄せられています。

参考:http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/ezoukogi/

エゾウコギは女性の味方?!かもしれません。

エゾウコギ 30日分
エゾウコギ 30日分

posted with amazlet at 17.12.10
DHC(ディー・エイチ・シー)
売り上げランキング: 20,703

セロトニンを増やす漢方薬6:イワベンケイ

ロシアの漢方薬の中でとても有名なのが「イワベンケイ」です。

「イワベンケイ」というのは、実は和名で、本当は高山植物のロディオラ ロゼア(ハーブ)が主成分になっています。

北欧などでは、健康的な習慣の1つとして古くからロディオラ ロゼアを愛用している方も多いようです。

「イワベンケイ」は、強力なアダプトゲン作用(様々なストレスに対する体の抵抗力を高める作用)を持ち、抗老化作用や寿命を延ばす効果が報告されている。

参考:http://blog.goo.ne.jp/kfukuda_ginzaclinic/e/596aa6933be04c1602a54edbaccfcd81

様々なストレスに対し、心身が対応できるようにサポートするアダプトゲン(適応促進)作用が注目を集め、アメリカでは精神的・肉体的ストレスに対する抵抗力をサポートするためのハーブサプリメントとして人気を集めています。

参考:
http://blog.goo.ne.jp/kfukuda_ginzaclinic/e/596aa6933be04c1602a54edbaccfcd81

「イワベンケイ」のストレスに対する抵抗力を強めてくれることが、結果的に寿命を延ばしたり、抗酸化につながるというのがおもしろいですよね。

ロディオラエネルギー (イワベンケイ)[海外直送品]
Enzymatic Therapy社
売り上げランキング: 240,314

セロトニンを増やす漢方薬まとめ

漢方薬は薬(西洋薬)のように、飲んですぐ一部に効く!!というような強さはありません。

でも、体全体でどこが滞っているのか、自分の体質に合わせて長期的に考えていけます。徐々に変わっていくので副作用も少ないですし、依存性も高くありません。

セロトニンを分泌したかったら、セロトニンの分泌だけをすることは難しくて、セロトニンに関わるいろいろな体の機能から、徐々に治していかないと・・・という考え方に同意できる人は、漢方薬という選択もありなのかも?笑

私はこっちタイプなので、まずは生活習慣の見直しと日々の食事、そして、どうしても・・・の時は東洋医学のお医者さまに漢方薬の相談をすることをおススメしたいです。

セロトニン分泌、腸活の参考にしてください。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。