健康は投資であるという考え方 ~長生きしたくない若者がいる?~




こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

たまたま恵比寿、たまたま餃子が目に留まり、これまた、たまたま入ったお店で、「餃子とワインのマリアージュしよう!」って盛り上がり、久しぶりに飲茶を食べました♪むかーし台湾に行ったときに美味しくて感動した、「京鼎樓」のバル店!

昔は餃子と言えば、ビールが当たりまえだったけど、このところ餃子×ワインの組み合わせがいろんなメディアで取り上げられていますね。…結局のところ…餃子って、なんでも合うよねwwいろんな話をしたけど、このブログだからやっぱり「」にフォーカスしよう。なんか、「長生きしたくない若者」が増えてるんだってねってはなし。

長生きしたくない若者が増えている?

▼ちょっと古い記事だけど、DIAMONDオンラインより

「長生きしたくない」と考える若者が増加中!大人に無気力な若者を責める資格はあるのか
http://diamond.jp/articles/-/10851/

私もいちお若者のつもりだけど、正直にいうとちょうど間な気はしています。超絶ポジティブなお兄さんお姉さんと、つかみどころのない年下にはさまれたごはんも珍しくない。どっちの言っていることもわかるし、どっちの言っていることもわからない。そんな世代。

でも、健康に関しては、誰もがいちお心配はしている気がする。たぶん、目に見えないからかも?見えないオバケがコワイみたいに。案外見えちゃったら、仲良くなれるかもしれません。実は忘れられがちなのは、不健康はお金がかかるということ。お金、お金って追いかけている人ほど、顔色がやばかったりする。食事の時間はパソコン片手におにぎりか菓子パンか、片手でもりもりいけるものだけっていう。

いちお、健康が気になっているできる男の間では、スティック野菜も流行っているみたい。(片手食いできるからだって!時間がない人はやってみてください。笑)

健康は「投資」だという考え方

そうやって稼いだお金は、多分数十年後…、数十年分のつけが回って、害してほっといた健康を取り戻すために使うことになるのではないかなぁ…。もちろん、そうならない人もいますけど、そうなる確率はとても高いはず。健康って、明らかに大事なのに、お金とか人脈よりもはるかにゆっくりとした起動の中で、じっくりゆっくり変化していて、見える化するまでにかなりの時間がかかることが、とても罪深いと思います。

たしかに、どんなに長生きしても、口から食べ物が食べられずに、おなかなのか、うでなのか、本来全く関係ないところから、点滴という形で栄養をとらないといけなくなったら、何のために生きているのかわからなくなっちゃうかも。(食いしん坊視点)

死ぬまでちゃんと口から「おいしいね~」って話をしながら、ごはんが食べたいです。いや、絶対食べよう。そして、40代で死んでも大丈夫とか平気でいう人には、一緒にできる楽しいタスクを勝手に課そう。

やりたいことは、たぶん∞(無限)!いくらでも一緒にやりましょう!!と
…酔っ払いらしくテンションがあがった夜でした。

・菌活の参考にしてみてくださいね。

長谷川ろみでした。

The following two tabs change content below.
長谷川ろみ

長谷川ろみ

本サイト「腸内革命」の編集長。元おデブの腸活&発酵life×クリエイター。腸内細菌に救われたことをきっかけに、日本の発酵文化や腸の大切さを伝えるためのコト・モノ・しくみづくりに挑戦中。

「自分の周りの人の腸内環境をアップデートする」ことが目標♪

▼プロフィール詳細はコチラ
▼活動内容詳細はコチラ
▼取材やお仕事の依頼はコチラ
▼instagramはコチラ
▼noteもはじめましたコチラからどうぞ

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

本サイトは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。