わたし、「腸内細菌学」と同い年だ!笑

スポンサードリンク

こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

腸内細菌学の生みの親と言われる、光岡 知足先生の本を探していたら、なんと、私が生まれた年に「腸内細菌学」が樹立されたらしいことがわかりました。(Byウィキペディア)

すごくない?
運命を感じます。笑

1978年、新しい学問分野「腸内細菌学」を樹立。「腸内細菌の話」(岩波書店)を刊行。

ほら、私が生まれた年です!ほんとだったら、ちょっとうれしいんだけど!笑

「腸内細菌学」は比較的新しい学問で、まだわかっていないこともたくさんあるし、最近急にわかってきたことがたくさん発表され始めているのも感じています。NHKで2015年に放送された、「 解明!脅威の細菌パワー」はすごく反響が大きかったらしく、確かにそこから、私が菌の話をしてもわかってくれる人が増えた気がする・・・。

出版社の担当の方に、この番組製作者が描きおろした本を参考文献としていただいたんです。これ、おすすめ♪

スポンサードリンク

ちゃんと理論的に腸内細菌のことを理解したい方にとっては、すごくわかりやすい本だと思います。

光岡 知足先生の本も注文しちゃった。私と同い年の本、どんな感じなんだろう。 読むのが楽しみです★

・菌活の参考にしてみてくださいね。

長谷川ろみでした。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。