痩せたいなら乳製品をとれ?!~腸内細菌叢ビフィズス菌と内臓脂肪の関係

スポンサードリンク

こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

私たちが腸内に飼っている菌の中でも、善玉菌の代名詞として取り上げられることの多い「」!うまれたばかりの赤ちゃんの腸にいる菌のうち、95%は「」だと言われています。まさに、私たち人間と一緒に歩んでいる、人間ととても近しい菌の1つが「」なのです。

ビフィズス菌は、下痢や便秘を防いだり、免疫力を高めるだけでなく、悪玉菌をふやさないために「酢酸」を作ることもできます。本当にありがたいですね~♪

今回は一般的にビフィズス菌と言われる「ビフィドバクテリウム属」の菌と体内に溜まる内臓脂肪や肝内脂肪の量に、「ある相関関係」が発見された!という論文を見つけたので、ご紹介したいと思います★

参考:腸内細菌叢と内臓脂肪面積および肝臓内脂肪との関係
https://www.waseda.jp/tokorozawa/kg/doc/20_ronbun/2014/1K11C244.pdf

ビフィドバクテリウムは内臓脂肪を減らす?!

この論文によると…

乳製品をとればとるほど、ビフィドバクテリウム属の腸内細菌が増える!
ビフィドバクテリウム属の腸内細菌が増えると、内臓脂肪は減る!

と、伝えられています。乳製品って脂肪もとても多いイメージがあるけど、その中に含まれるビフィドバクテリウム属は、私たちの健康を守ってくれる味方だったんですね!ビフィドバクテリウム属と一言に言っても、たくさんの種類があるようなので、ここでいくつかご紹介しましょう♪

スポンサードリンク

ビフィドバクテリウム属の菌をご紹介!

ビフィドバクテリウムビフィダム

私たちのお腹の中にいる菌の中でも一番有名な菌の1つがこの「ビフィダム」です。「ビフィダム」は胃の粘膜を保護してくれたり、ピロリ菌も退治してくれるという正義の味方。慢性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの胃の病気を予防するとも言われています。

ビフィドバクテリウムアドレッセンティス

HDLコレステロールを増やし、いらないコレステロールを外に出してくれる血管のお掃除隊です。動脈硬化の予防をしてくれる善玉菌です。

ビフィドバクテリウムインファンティス

花粉症などのアレルギーを弱めてくれるなど、免疫力に働きかけるビフィズス菌です。

ビフィドバクテリウムロンガム

ビタミンB群の生成、免疫力の向上やコレステロールの低下させる働きがあります。
体脂肪を減らしながら、花粉症やコレステロールなどの悩みも解決できたらいいですね。とりあえず…わたしは脂肪をもうちょっと減らしたいなぁ~♪

・菌活の参考にしてみてくださいね。

長谷川ろみでした。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。