「生きて腸まで届く乳酸菌」効果は?~生菌と死菌の健康効果比較~

スポンサードリンク

こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

「朝食はだいたいフルーツとヨーグルトを食べるんですよ~」と教えてくれた方がいました。最近、すご~~~く朝ヨーグルトを習慣にしている人が増えた気がします♪ 

個人的にはうれしいけど、ちょっと心配なことも・・・。これだけ「ヨーグルト習慣」がポピュラーになると、各社いろいろなフレーズでお客さまに注目してもらおうと工夫をします。ほら、「ヨーグルト習慣」が一般的になると、たくさんのヨーグルトが発売されるでしょ?ライバルが増えちゃうわけです。

ライバルが増えると、美味しいもの、食べやすいものがどんんどん増えていいこともたくさんあるのですが、ライバルと戦う時に訴えるポイントが少し気になります。注目したいフレーズは、「生きて腸まで届く」という言葉―。

「生きて腸まで届いた方がよい」と思っている方が多いと思いますが、本当にそうでしょうか?


きっかけは、ヤクルトの創業者らが発表した画期的な論文

そもそも「生きて腸まで届くことがよい」とされ始めたきっかけは、1966年にヤクルトの創業者の代田稔氏らが発表した論文にありました。

胃で死なない乳酸菌を飲めば、腸内で乳酸菌は増える。

まだ、菌についてはあまり研究がすすんでおらず、善玉菌と言えば「」、悪玉菌と言えば「大腸菌」と単純に考えられていた時代です。乳酸菌を飲めば、乳酸菌が増え、逆に大腸菌はどんどん減少すると、考えられていました。

問題視されていたのは、私たちのカラダの中にある胃です。胃ではの強い酸性の液体、胃液が存在し、ここを通り抜けるのは大変で、もし、胃を超えて腸まで届いた菌がいるならば、それらの菌は、腸の中で増えていくと考えられていました。そう、昔は少しでも生き残って腸まで届けば、もうそれで万々歳の雰囲気があったのです。

生きた乳酸菌が腸まで届いても、増えることはない

しかし、その後、いろいろな研究結果が発表される中で、乳酸菌をたくさんお腹の中に入れたとしても、外から入れた乳酸菌は増えないということがわかってきました。学者の先生たちがおっしゃる、「外来菌は増えない問題」です!笑

例えば、1日に100億個の乳酸菌を飲んだ幼児の便を調べたところ、生きて回収された乳酸菌の量は100億個以下だったという結果があります。あれれ?なんか減っちゃってますよね。笑 ちょっとでも増えれば、腸内でどんどん増えていくはずだったのに・・・。同様の実験が多く実施されていて、生きて回収される菌は、よくても40%ぐらいだということがわかってきています。

ここで、バイオジェニックス連絡協議会議員の菅辰彦さんの「乳酸菌は生菌である必要があるのか」という資料をご紹介しましょう。この資料には実際の研究結果が掲載されています。

スポンサードリンク
乳酸菌を一日当たり 100 億個飲ませています。このときの対象は 2 歳から 6 歳の幼児です。大人の糞便でも 1 日 100g から 150g なので、幼児の糞便は多くても 50g くらいです。ですから、糞便 1g 当たりに検出された乳酸桿菌の数に 50 を掛ければ、生きて回収された乳酸菌の数が算出されます。つまり、糞便 1g 中に少なくとも 2 億個以上の乳酸菌が検出され
れば、飲ませた数の 100 億個になりますので、100% 回収されたことになります。しかし、論文では数千万個しか検出されていません。従って、減りこそすれ増殖しなかったということを明らかにしていることになります。
参考:http://ffpo.jp/biogenics-k.pdf

生きている乳酸菌は、お腹に入れると増殖するどころか、減ることがわかってきたのです。

おなかの中の乳酸菌には思っていたよりも敵が多い

その理由はさまざま仮説されていますが、シンプルに言うと、

乳酸菌の敵は、私たちが思っていたよりもずっと多い!

ということが言えそうです。もともと腸にいるビフィズス菌などの常在細菌は、外からはいってくる菌の1000倍以上の数です。彼らは食べ物の奪い合いをしているので、外から入ってきた菌がかなうはずもありません。また、菌たち以外にも白血球のマクロファージが大きなお口を開けて、エサを探しています。外から来た乳酸菌は、恰好の標的です。

死んでる菌のほうが腸内環境を改善する効果が高い?!

最近では、生きている菌よりも死んでいる菌の方が、腸内環境の改善や免疫力の強化、ガンなどの病気の予防や腸管運動の正常化に効果があるとの研究論文が多く発表されるようになりました。

そのメカニズムは、死んでいる菌のほうが、マクロファージ(カラダを異物から守る白血球の1種)のエサになりやすいから。

そう、外から取り込んだ菌を一生懸命腸に送るよりも、そこはあきらめてエサになりやすい菌を摂りいれて、お腹の中にいる菌や白血球を元気にすることに注目し始めたのです。

特に、白血球への影響はとても注目されています。元気になったマクロファージは私たちのカラダを守ってくれたり、「サイトカイン」という物質を分泌します。

サイトカインは、「異物がはいってきたぞー」と他の免疫細胞にお知らせするサイレンのようなもの。これを聞いた免疫細胞は、ガンなどの病気や感染を防ごうと防御態勢に入ります。

生きた菌がおなかの中で増えないならば…もしかしたら死んだ菌を積極的に摂りつづけたほうが、常在細菌や白血球を元気にすることができるのかもしれません。まだまだ、解っていないことは多いし、これからまたいろいろなことがわかってくるのだと思いますが、結局のところ、いろんな可能性を考えてバランスよくカラダに摂りいれるのがいちばんいい方法のような気がしてきました。笑

・菌活の参考にしてみてくださいね。

長谷川ろみでした。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。