口内炎の治し方 ~即効性重視で腸内環境からアプローチする方法~

スポンサードリンク

大騒ぎするほどでもないんだけど、できてしまうとすごーくテンションが下がってしまう口内炎・・・それも舌にできてしまうと、美味しいモノが食べられなくなったり、しゃべりにくくなったり、味覚が鈍くなったりと、かなりテンションが下がります。
 

 

もうっ!!!
今すぐ!!!即効で!!!治したい!!!

 
とイライラ気味の方にぜひ読んでほしい、即効性重視の口内炎の治し方をまとめました。
 

 

口内炎の原因を知ろう!

だれでも一度はできたことがある口内炎。大きな病気でもないので、そのままにしておけるココロの広い方は置いておいて、美味しいモノを食べる時、めちゃくちゃじゃまですよね。
 
とにかく即効性重視で治したい!!!
そんな方は、まずこの口内炎の原因を知ることが大事、急がばまわれです。
 
なぜなら今からいう原因は、ちょっと意外な原因かもしれないから・・・実は、腸内環境や腸内細菌と切っても切れない関係なのです。

なぜ口内炎はできる?

口内炎にはさまざまな種類があり、また原因もいろいろです。よく言われる原因をあげてみると…
 

・ストレス
・疲労
・寝不足
・栄養不足
・免疫力の低下

 
腸活中の方なら、もしかしたらお分かりいただけたかも・・・そう、この原因って「腸内環境の悪化」が招いた症状と一緒なんです。ということは、腸内環境に良いことをしてあげることが長期的に考えるとベスト。口内炎予防になります。
 

スポンサードリンク

腸内環境の悪化と口内炎の関係

腸内環境が悪化して状態だと、腸内に生息する腸内細菌のうち、私たちの応援をしてくれる善玉菌は元気がなくなります。そして代わりに、悪玉菌が優勢になります。
 
すると、粘膜を正常にしてくれる栄養素が、カラダの隅々まで届かなくなり、免疫力が低下します。
 
すると、恒常性維持機能が正常に働かなくなり、免疫細胞、内分泌系細胞、自律神経細胞がサボりだすのです。
 
カラダが喜ぶホルモンもなかなか作られなくなるので、ストレスを感じたり、睡眠不足になることもあるでしょう。栄養も隅々までいきわたりにくくなり、口内炎ができやすい環境を作ってしまうのです。
 

すぐに効く!舌の口内炎の治し方

即効性重視の治し方は、結構シンプルです。
 
口内炎は、まず殺菌をすることが大事!でも手元に市販の薬などがない場合も多いでしょう。そんな時は、ちょっとお試しいただきたい方法があります。それは・・・
 

はちみつを塗る方法です。はちみつには、一般的に鎮痛効果や炎症を抑える効果があると言われています。このはちみつをめんぼうなどにとって、口内炎に塗る方法です。

これは、サウジアラビア国立サルマン・ビン・アブドゥルアジーズ大学の医学研究者が実際に実験した方法で、ステロイド系軟膏、口内炎パッチ、はちみつの3種類で口内炎が治る速度を計測したところ、はちみつが一番早く治りました。ミツバチの力は本当にすごいですね。即効性が高い治し方としては、はちみつをおススメしましたが、普段から腸内環境を整えておけば、口内炎は予防できます!よく寝て、よく遊び、発酵食品や食物繊維もたっぷりとれる、バランスの良い食事をとり、日ごろから予防しておきましょう★

参考:http://www.skincare-univ.com/article/009288/

・菌活の参考にしてみてくださいね。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。