腸内環境改善の味方?!NYで話題の「アボカド100%マヨネーズ」がほしい☆




こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

なんと、久しぶりにすごーくかわいくて、すごーく美味しそうな調味料見つけちゃった☆これです、これこれ。ナチュラルでヘルシーな健康志向の会社「Sir Kensington’s(サー・ケンジントン)」さんの100%マヨネーズ」
油分は、100%アボカドのみというこだわりよう…ほんっとに美味しそう。

腸内環境改善のお供にアボカドがよい理由

森のバターと形容されることが多いアボカドですが、アボカドの脂質は8割が不飽和脂肪酸の一種のオレイン酸です。

・腸に刺激を与えるオレイン酸たっぷり

オレイン酸は善玉コレステロールを減らさずに、悪玉コレステロールのみを減らすことができるとても貴重な栄養素で、動脈硬化や心臓病などの予防をしてくれます。また、小腸で吸収されにくいので、腸に刺激を与えてくれて、ぜん動運動を促すことでも有名です。

・水溶性食物繊維と不溶性食物繊維のバランスが神?!

食物繊維が腸内細菌のエサになることは有名ですが、腸内環境を整えるためには、一般的に不足しがちな水溶性食物繊維と不溶性食物繊維が、1:2のバランスで含まれているのが理想、そしてアボカドは、ほぼ理想に近い割合なんです。この美容健康食材であるアボカドがなんと100%のマヨネーズならば、カラダへの影響とか、カロリーとか、そこまで考えなくても大丈夫そう…いいなぁ…ほしいなぁ。

Sir Kensington’s(サー・ケンジントン)ってどんな会社?

実はまだ日本国内ではそこまで有名とは言えない、Sir Kensington’s(サー・ケンジントン)さんですが、それもそのはず、まだ日本市場では直接的な販売はしていないようです。ということで、残念ながら、まだアボカド100%マヨネーズは日本では買えません。でもケチャップは、株式会社セブンシーズ・パスタさんが取扱いを開始しています。ゆくゆくはアボカドマヨネーズも売ってくれるかもしれません☆

Sir Kensington’s(サー・ケンジントン)さんは、もともとは大学生だった、スコットとマークがはじめたこだわり調味料の会社だったそうです。遺伝子組み換えなしのヴィーガン対応のおしゃれな調味料は、当時まだあまりなくて、自分たちで作ってしまったそう…笑

メジャーブランドの調味料と比較すると、塩分は50%以上カット、砂糖は50-75%カットなので、安心して食べられるところから、おしゃれなニューヨーカーたちの間でとても人気が出ているそうです。ひょっとしたら…と思ってみた見たけど、Amazonでもアボカド100%マヨネーズは在庫切れ…(11/18現在)。やっぱり大人気ですね☆

参考:
http://find-travel.jp/article/52216

・菌活の参考にしてみてくださいね。

長谷川ろみでした。

The following two tabs change content below.
長谷川ろみ

長谷川ろみ

本サイト「腸内革命」の編集長。元おデブの腸活&発酵life×クリエイター。腸内細菌に救われたことをきっかけに、日本の発酵文化や腸の大切さを伝えるためのコト・モノ・しくみづくりに挑戦中。

「自分の周りの人の腸内環境をアップデートする」ことが目標♪

▼プロフィール詳細はコチラ
▼活動内容詳細はコチラ
▼取材やお仕事の依頼はコチラ
▼instagramはコチラ
▼noteもはじめましたコチラからどうぞ

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

本サイトは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。