【ダイエット】腸内環境改善フードとして優秀!朝カレーの次は朝キムチが流行る?!

スポンサードリンク

こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

ちょっと前にイチローが毎朝、試合の前に食べていると話題になった「朝カレー」。朝になにを食べるかによって、1日が決まるという方もいるほど、朝ご飯はとても重要です♪

そんな中、朝キムチを食べる朝キムチ派が増えているらしいというのです。

朝キムチは何がいいのか?

実は朝ご飯にあうキムチ。例えばおみそ汁の中に入れて「キムチ汁」にしたり、納豆と混ぜて、「キムチ納豆」にしたり、
実は日本の和食の朝ご飯に溶け込みやすいのがキムチです。もともと韓国では、日本の「漬物」の位置に昔から居座っているのがキムチです。キムチは日本の食卓でも、結構混ざることができる優秀商材なんですよ。

キムチは発酵食品か?

うーん、これは多分微妙なところ。日本のスーパーで売っている特用キムチは非発酵のものが多いと言われています。実際にスーパーで買ったキムチを少しおいておいてすっぱくなるか、また袋に入れてガスがでるかなどを調べてみたりもしたのですが、多くのキムチはすっぱくなりにくいし、ガスも出にくいようです。

スポンサードリンク

あまりすっぱいキムチは好かれないこともあって、特に日本では、すっぱくならない非発酵の白菜の浅漬けと、ニラやゆず、そしてキムチっぽい甘辛ダレを絡めて、時には和風だしも付け足して、美味しく仕上げています。美味しいのは美味しいのですが、食べやすいように砂糖が加えられていたり、添加物が加えられていたりするので、逆に高カロリーである可能性も…。

ダイエットや栄養補給に良い理由

キムチは白菜やにら、にんにくなどたくさんの野菜が含まれていて、もちろん食物繊維も豊富です。野菜不足の方にとっては、とてもカンタンに摂れる食物繊維であるのは事実です♪

また、唐辛子のカプサイシン効果も無視できません。唐辛子の入った辛いものを食べると、汗をかきやすくなったり、カラダがぽかぽかしてきませんか?体を温めてくれて、代謝を高めてくれる効果も、無視できないキムチの効果です♪
本当は、発酵キムチを食べたいところだけど、発酵していないとしても、おススメ食材の1つです★

・菌活の参考にしてみてくださいね。

長谷川ろみでした。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。