インフルエンザの流行前線2017!乳酸菌で免疫力UPだっ!

こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

今年もそろそろヤバい季節がやってきました…インフルだよ~インフル~~~!

実は毎年、東京都感染症情報センターでは、東京都のインフルエンザ情報を、1週間に1回ぐらいの頻度で出してくれています。12月2日の最新号を見ると、そろそろ大流行間近?2014年は12月に大流行がきましたが、例年ですと大体1月のはじめからが要注意時期になります。

忘年会のお酒の飲みすぎや食べ過ぎ、睡眠不足で、免疫力が低下してしまう時期かもしれませんが、1月の大流行前に多少調整しておきましょう。免疫力UPのために腸内環境を整えて、免疫細胞を元気にしておくには・・・腸内環境改善の観点から、やったほうがよいことを2つあげてみました♪

まずは、カラダを温めよう

体温が1度上がると、免疫力は5~6倍になるというのは、よく言われる話です。冬はなるべくカラダを温める食材を食べて、カラダのバリア機能である白血球を元気にしておきたいところ。

ニンニク、ニラ、、ネギなどの香り野菜をたっぷりいれたり、唐辛子やキムチなどをアクセントに入れたおみそ汁はおススメです。

また、ゆたんぽやはらまきなど、外部から温める道具の活用は、バカにできません。今まではカラダの中からケアしてれば大丈夫!って思ってたけど、外からもやって損はないですよ★

免疫力UP系乳酸菌をとろう

乳酸菌の中でも免疫力アップが得意な乳酸菌たちがいます。今は、ヨーグルトなどの市販の食品にも菌の名前が書いてあるので、ちゃんと読んで選んでみるのもいいかもしれません。


Bb-12株
BB536株
ラブレ菌
LGG菌

これらの乳酸菌は、がん細胞やウイルスを撃退してくれる白血球の中でも、ナチュラルキラー細胞の働きを強めたり、敵をむしゃむしゃばくばく食べてくれるマクロファージを元気にすることで私たちのカラダを正常に保ってくれる力があります。
スゴイですよね、!来月のピークに備えて、風邪予防に活用してみてください★

・菌活の参考にしてみてくださいね。

長谷川ろみでした。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

本サイトの編集長|元おデブの腸活研究家|腸内細菌に救われたことをきっかけに、日本の発酵文化や腸の大切さを伝えるためのコト・モノ・しくみづくりに挑戦中|イライラおデブ→海外逃亡→腸覚醒→元楽天→腸活ドリル準備中|健康経営アドバイザー|発酵ライフ推進協会本校オンライン校長|著:発酵菌早わかりマニュアル|
▼プロフィール詳細はこちら>
▼活動内容詳細はこちら>
▼取材やお仕事のご依頼はこちら>