新しい予防医学の重要ポイント!「口内フローラ」ってなに?~「腸内フローラ」とは違うぞ~




工藤孝文先生
この記事の監修ドクター:工藤内科副院長 工藤孝文先生 詳しくはこちら

こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

2016年11月30日にNHK総合で放送された「」では、「」がテーマでした。

どうやら最近は「フローラ=細菌叢」という意味で使うことが多いらしく、口の中にいる善玉菌や悪玉菌の集まりをわかりやすく表現するために使っているみたいです♪

」=腸内細菌叢
「口内フローラ」=口内細菌叢

みたいな感じ?そういう意味では、確かに仲間だし、どっちも大事。

口内フローラのバランスが崩れるとどうなるの?

「ガッテン」によると、口内の問題児(ある意味、悪玉菌)の正体は、歯周病菌(=ジンジバリス菌)で、名前からみると「歯の周りにいそう」な菌だけど、実はカラダ中から見つかっているらしいんです。

それも悪い病気にかかった人の、悪い病気が見つかった部位にいることが多いんだって。例えば、脳梗塞、心筋梗塞、認知症、肺炎やリウマチ、そしてガンまで…そういう意味で、もしかしたら人の命に関わっている可能性があるとして紹介されていました。まだわかっていないことも多いんだけど、ほんとだったらかなり怖い…。

番組では1週間ほど歯を磨かないとどうなるか実験していたのですが、やっぱり予想通り悪玉菌が増えていました。口内フローラも腸内フローラと同じくらい大事かもしれません。。。

口内フローラの乱れを予防するには?

口内フローラのバランスを保つためによいと紹介されていたのは、「抹茶うがい」です。抹茶って食物繊維も豊富で腸内細菌のエサにもなるんですよね。風味もよくて美味しいし、なんだか重宝するなぁ。たまにしか買いませんが、常備しておこうかな。

「抹茶うがい」の方法は、とってもカンタン!
ぬるま湯に粉末緑茶を溶かして、口でゆすぐだけ!

あとは、本当に歯磨きって大事なんだなと感じました。歯磨きの後にちゃんと歯間ブラシを使って、歯石が付きにくい歯にしておくのも大事みたい。そうすることで歯周病予防になるそうです。そして、以外だったのが、唾液を増やすこと。唾液を増やすことで、悪玉菌が繁殖しにくい環境ができるんだって。いつも梅干しのことを考えていればいいのかな★腸内フローラはもちろん、口内フローラも、ぜひ意識してみてくださいね♪

・菌活の参考にしてみてくださいね。

長谷川ろみでした。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

本サイト「腸内革命」の編集長。元おデブの腸活研究家。小学生にして重度の便秘+肥満体でしたが、「腸活」により数十キロのダイエットに成功しました!現在も自分のカラダで人体実験中!

「自分の周りの人の腸内環境をアップデートして、元気でポジティブな仲間を作る」ことを目標に、腸活の情報発信やしくみづくりに挑戦しています♪

▼プロフィール詳細はコチラ
▼活動内容詳細はコチラ
▼取材やお仕事の依頼はコチラ
▼instagramはコチラ
▼腸内革命ラジオ(Youtube)はコチラ

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

本サイトは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。