BRM乳酸菌が腸内環境にもたらす影響・効果とは?自分のカラダで実験♪

スポンサードリンク

こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

前回の記事でDHAとEPAサプリの話を書いたけど、実は、同時に乳酸菌サプリも買ってみたんだ~★

本来ならば、発酵食品や自然のもので摂りたいところですし、すでに結構摂ってますが、とはいえ、乳酸菌ってほんっとにいろんな種類があるから、野生の乳酸菌ばっかりだとコントロールしずらいし、効果もよくわかんない。

というわけで、一般的に「BRM乳酸菌」と言われる種類の乳酸菌サプリをしばらく摂りつづけてみたいと思います。

BRM乳酸菌ってなに?

BRM乳酸菌を説明する前に、まずは「BRM」について説明したいと思います。

BRM
=Biological Response Modifier
=免疫賦活物質
=免疫細胞のエサになる物質

BRMとは、私たちのカラダにある(白血球)を活性化させてくれる物質のことなんです。株式会社ブロマ研究所さんのホームページによると、以下のように説明されています。

白血球は骨髄でつくられ、私たちの体に張りめぐらされているリンパ組織を通じて常に体のすみずみまで体内をパトロールし、外から体内に侵入してくる細菌やウイルス、および体内で発生した異物(癌細胞・自己細胞の死骸・悪玉コレステロールなど)を取り除く働きをしてくれます。白血球を元気にしておくことが病気を予防し、健康を維持することにつながります。

参考:http://www.broma.co.jp/brm.html

そう、白血球は元気でいてくれないと、私たち人間は困ってしまうんです。腸には、免疫系・内分泌系・自律神経系の細胞が集まっていて、それらのバランスをとることが、ココロとカラダの健康を作りますが、その中でも異物を見つけて、外に出すなどの処理をしてくれる白血球(免疫細胞)は、腸内細菌と同じくらい元気でいてくれないと困っちゃう存在。

スポンサードリンク

BRM乳酸菌とは、白血球を元気にしてくれることに特化した乳酸菌のことですね!BRMは、乳酸菌だけじゃなくて、キャベツなどの淡色野菜や海草にも含まれていますが、乳酸菌のBRM効果はとても高く注目されているんです。

BRM乳酸菌の原材料チェック!

これまでにもいくつかBRM乳酸菌は、食べてみたことがあるんですが、結構いろんなものが入っている場合も多いんですよね。この製品は何が入っているか、いちお見てみましょう。

馬鈴薯でんぷん
乳糖
オリゴ糖
結晶セルロース
クエン酸

香料や甘味料のたぐいは入っていないみたい。でも、「馬鈴薯でんぷん」多くない?ただいろいろ調べてみたところ、悪いものではないみたい。ビタミンB1、ビタミンC、カリウム、食物繊維が豊富に含まれていて、特に冷やすと、最近流行のレジスタントスターチとして機能するらしいです。

↓過去記事

おにぎりダイエットは痩せるのか? ~腸内細菌のエサとレジスタントスターチの量が気になる?~
https://www.chounaikankyou.club/article/444732198.html

なるほどー。食べると、なんとなく穀物っぽい、でんぷんっぽい匂いを感じるのは、たぶん「馬鈴薯でんぷん」のせいだな?となると…乳酸菌以外も、腸内環境改善に良いとされるものをなるべく入れているようにも見えます。どうなることやらだけど、しばらく食べてみます♪ちょっとたのしみ★

今日もムリせず、楽しくコツコツ腸活・菌活しましょう♪

長谷川ろみでした。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。