おもしろ免疫力アップ法!犬(ペット)を飼うと免疫力がつく?~菌と健康の関係性~

スポンサードリンク

こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

親戚のおうちに遊びに行くと、わんちゃんも一緒に来ていて、とても和みました…動物大好きなんですよ~。

昔飼ってた犬が19年の大往生だったのだけど、ペットロスがすごすぎて、復活まで時間がかかったので、もう飼えない気がしています。笑 でも好き。ほんとに。だから、親戚のワンちゃんとかがいたら離れられない。笑

実はペットがいるかいないかで、飼い主である人間の健康にも大きな影響があることが知られています。そこに関連するのは、やはり菌!今回はそんなペットと免疫力についてまとめました。

ペットと過ごすと、病気からの回復力が違う!

マイナビウーマンの記事によると…、病気からの回復力に大きな違いがあったそうです。

スポンサードリンク
2009年のアメリカの研究で、ペットセラピーによる手術後の回復において、薬物療法が必要になる割合が、50%も低い事が分かりました。この研究で使われた犬は15カ月間、患者を助けるために特別訓練された犬でしたが、ちゃんとしつけをされたペットは人間の健康を改善させ、不安も減少させる効果があることが分かりました。不安が少ないということは、薬物治療の必要性も少なくなる、という結果になります。
参考:
https://woman.mynavi.jp/article/130917-029/

訓練した犬は、カウンセラーのように人を癒すことができるんですね。本当にすごいです。尊敬しちゃう。ココロの問題だけではありません。アレルギーの抑制などにも効果が確認されています。

ペットと過ごすと、免疫力がアップする!

ペットビジネス学院さんのホームページには、2012年に行われたフィンランドの研究結果が発表されていました。

犬を飼っている家庭の子供は、飼っていない家庭の子供に比べて生後12ヶ月の間に風邪や耳の感染症に掛かった件数が少なかったそうです。調査した子供のうち、犬を1日18時間以上外で飼っている家庭の子供がもっとも健康で、熱を出したり、抗生剤を摂取することが一番少なかったそうです。
参考:http://pet-pal.jp/

親戚のおうちには、子供もたくさんいたのだけど、実はいい効果があるのかも?ペットを飼っている方にとっては朗報ですね★

今日もムリせず、楽しくコツコツ腸活・菌活しましょう♪

長谷川ろみでした。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。