エンテロタイプ(腸内フローラのタイプ)R型・B型・P型の特徴まとめ




工藤孝文先生
この記事の監修ドクター:工藤内科副院長 工藤孝文先生 詳しくはこちら

こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

血液型って未だによく聞かれるなぁ・・・笑

昨日、打ち合わせ中に初めてお会いした方がいて、お土産をいただいて、みんなでお茶を飲んでいた時(のんきな打ち合わせだなぁと我ながら思うけどw)、血液型ってなに?って話になったんです。

なんか、新鮮だったな。笑 それも、お二人とも私より10歳以上お姉さん、お兄さんなので、血液型話って、案外年齢問わないんだなと、ちょっとおもしろく思ったり。笑

でも、私は最近血液型より、腸内細菌型のほうが気になっています。笑 今日はそんなお話!

血液型から、腸内細菌型へ?!

血液型は、血液の型を4つに分けたものですが、将来的には、腸内細菌の型も血液型みたいにねえねえ、腸内細菌型ってなに?って言われたらおもしろいなーって思ったりします。

でも、多分、腸内細菌の型は日本の場合、食べているモノ(=日本食)が似ているため、結構偏りそうなので、言われることはないかもしれませんね。血液型だって、日本人は全種いるので、話題にしやすいわけだし…国によっては、A型が90%以上の場合など片寄りが強い場合も多く、そういう場合は、話題にならないようだし。

腸内細菌型(エンテロタイプ)とは?

現在でも、腸内細菌型という概念は存在します。
一般的には、「エンテロタイプ(enterotype)」と呼ばれていて、エンテロは「腸」、タイプは「型」を示し、腸内フローラのパターンごとに大きく3つに分かれています。

R型
ルミノコッカス属の細菌が多く含まれる。
B型
バクテロイデス属の細菌が多く含まれる。
P型
プレボテラ属の細菌が多く含まれる。

わぁ。血液型と同じくB型がある…ややこしいですね。日本人は米中心の食生活なのでR型が多いようです。ルミノコッカス属の細菌が増えてしまうと、脂肪が蓄積されやすくなるので、脂肪組織から炎症サイトカインが分泌されて、脳梗塞や心筋梗塞、腎臓病などが生じやすくなると言われることがあります。ちょっと心配ですね。

また、低炭水化物、高脂肪、高タンパクの食事を習慣的に摂取するとバクテロイデス属が増加することが知られています。
最後のプレボテラ属が多いP型ですが、このタイプは食物繊維を多く摂取している 場合に多くなるようですね~。でも、このタイプは私傷病などに注意しないといけないらしいです。食物繊維ばかり食べるのも、リスクはあるんですね。

将来、「ねえねえ、腸内細菌型ってなに?」って言われることもあるかもしれないので、確認しておいてはいかがでしょう?笑 ちなみに私の腸内細菌チェック済み!B型でした♪

今日もムリせず、楽しくコツコツ腸活・菌活しましょう♪

長谷川ろみでした。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

本サイト「腸内革命」の編集長。元おデブの腸活研究家。小学生にして重度の便秘+肥満体でしたが、「腸活」により数十キロのダイエットに成功しました!現在も自分のカラダで人体実験中!

「自分の周りの人の腸内環境をアップデートして、元気でポジティブな仲間を作る」ことを目標に、腸活の情報発信やしくみづくりに挑戦しています♪

▼プロフィール詳細はコチラ
▼活動内容詳細はコチラ
▼取材やお仕事の依頼はコチラ
▼instagramはコチラ
▼腸内革命ラジオ(Youtube)はコチラ

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

本サイトは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。