サプリより甘酒がおすすめ?!乳酸菌×麹菌の甘酒が美腸を作る理由




工藤孝文先生
この記事の監修ドクター:工藤内科副院長 工藤孝文先生 詳しくはこちら

こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

菌はいろんな種類をとったほうがいいよ~と普段からおススメしているのですが、株式会社ビーバイ・イーさんでは、自社ブランド「ベジキッチン」の中で、乳酸菌と麹菌が仲良くコラボした麹発酵飲料「すっきり甘酒」を出しているようです。

その「ベジキッチン」の中で、今度冬っぽさ満載の新フレーバー、「すっきり甘酒 高知柚子と生姜」が発売されるんだって♪

植物性100%の食品ブランド「ベジキッチン」

最近こういう差別化されたコンセプトのヘルシーブランドが増えていますね~!パッケージもシンプルかつおしゃれだし、何しろカラフル!インスタ映えしそう。笑 「ベジキッチン」さんのこだわりは、植物性100%というところ。ホームページをみてみると、トップページにこんなコピーが描かれていました。

VEGE KITCHENは、『お野菜を楽しく食べる』『JAPANESE GROCERY』をテーマにした、植物性100%の食品ブランドです。「食べること=生きること」毎日、口にするものだからこそ安心なものを。
参考:http://www.bxe.co.jp/vegekitchen/

VEGE KITCHENさんは、私たちの生活習慣の中で自分を癒す「ライフスタイルメディスン」には、以下の5個があるとしていて、自分たちは「食」からの提案を目指しているよう。


運動
呼吸
睡眠
ストレスケア

参考:http://www.bxe.co.jp/vegekitchen/

すてきですね~★

季節に合った甘酒の提案がステキ

もともと俳句の季語としては、夏の季語として使われる「」。昔の庶民たちの夏バテ防止の救世主だったわけですが、現代では寒い冬にあたたかい甘酒を飲むイメージが強い方もいらっしゃるんじゃないかな?

スポンサードリンク

私も子供のころは、初詣の時にお寺でもらえるもの…という認識でいたので、冬の飲み物だと思っていました。笑 最近では、夏も冬も、年がら年中飲む飲み物なので、確かに季節に合わせて味のアレンジをしたらおもしろいよね~♪

今回VEGE KITCHENさんが発売されたのは、高知柚子と生姜が入ったもの。冷え性の方にとっては、かなりうれしいフレーバーなのではないでしょうか。腸内環境を整えるという視点でみても、すごく優秀にみえるのは、ダブル菌を使っているからです。「食物性の乳酸菌」×「そして、」×「食物繊維」もたっぷり入れているんだって。

このブログを読んでくださる方にとっては基本かもしれないけど、「オリゴ糖」×「食物繊維」といえば、腸内細菌のエサの代表選手なんです。サプリももちろんとったほうがいいかもしれないけど、こんなにいろいろとれちゃうアレンジができる甘酒は、やっぱりおすすめせざるをえないです♪

手づくり甘酒を作る時に、たまにレモンを絞ったり、ごまペーストをちょこっといれたりしてたけど、しょうがアレンジもやってみよう~!

・菌活の参考にしてみてください。

長谷川ろみでした。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活研究家&本サイトの編集長。元おデブの腸活研究家。小学生にして重度の便秘+肥満体でしたが、「腸活」により数十キロのダイエットに成功しました!現在も自分のカラダで人体実験中! 「自分の周りの人の腸内環境をアップデートして、100歳まで遊んでくれる仲間を作る」ことを目標に、腸活の情報発信やしくみづくりに挑戦しています♪ ▼プロフィール詳細はコチラ ▼活動内容詳細はコチラ ▼取材やお仕事の依頼はコチラ ▼instagramはコチラ ▼腸内革命ラジオ(Youtube)はコチラ

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

本サイトは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。