【乳製品の不思議】牛乳を飲むとなぜ下痢になるの?チーズやヨーグルトは?




工藤孝文先生
この記事の監修ドクター:工藤内科副院長 工藤孝文先生 詳しくはこちら

こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

小学校の時、給食で牛乳を残している子、多かったなぁ…昔は、結構学校が厳しかったので、「残しちゃダメ!」ってすごく怒られている子がいました。

でもね・・・牛乳ってアレルギーの子、多いんだよーお腹壊す体質の子も多いんだよー。うーん、そう考えると、お腹痛いのにムリに飲まなきゃいけなかった昔の子供はちょっとかわいそうだったような気も…今日はなぜ、牛乳を飲むと下痢になる人が多いのか、その仕組みについてまとめてみたいと思います。

なぜ、牛乳を飲むと下痢になるのか?

体質によって牛乳を飲むと、お腹がごろごろしたり、下痢になったり、膨張感を感じたりする方が多いと言います。その具体的な原因は、どんなものなのでしょうか?その理由はいくつかあると言われています。

1:乳糖不耐症だから

ありがちなのは、牛乳に含まれる「乳糖」を分解する酵素があまり体内にない体質で、「乳糖」が分解できず、消化吸収がうまくできない可能性があります。結構日本人には、この「」が多いと聞いたことがあるので、注意が必要です。

2:牛乳アレルギーだから

アレルギーは、ほんといろんなものにあるので、もちろん牛乳アレルギーの方がいます。…私も実はちょっとだけ、乳製品は遅延アレルギーの反応が出てるんです。言われてみれば、私は下痢にはならないけど、膨張感を感じることが…疲れてたりすると、ちょっと出るかも。他にも牛乳でお腹が冷えちゃったり、いろんな理由が考えられます。うん、結構牛乳って困りものなのよね。

スポンサードリンク

チーズやヨーグルトでお腹を壊さない理由

みなさんご存知のようにチーズやヨーグルトも牛乳からできている加工品です。牛乳を乳酸発酵させています。

ん?発酵?

発酵すると、発酵している時に乳酸菌が乳糖を分解してしまうので、乳糖が少なくなって、乳糖不耐症の方でも食べられるようになると考えられるんだって。

ふーしーぎー!

やっぱり発酵のチカラってすごいです。私は乳糖不耐症ではないのかも…お腹の膨張感、実はヨーグルトでもでるんだよなー。でもチーズでは出たことないかも…ヨーグルトでもでるということは、やっぱり遅延アレルギーなのかなと思っていますが、どうだろう?引き続き自分のカラダとにらめっこしていきたいと思います。

・菌活の参考にしてみてくださいね。

長谷川ろみでした。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

本サイトの編集長。元おデブの腸活研究家。小学生にして重度の便秘+肥満体でしたが、「腸活」により数十キロのダイエットに成功しました!現在も自分のカラダで人体実験中! 「自分の周りの人の腸内環境をアップデートして、100歳まで遊んでくれる仲間を作る」ことを目標に、腸活の情報発信やしくみづくりに挑戦しています♪ ▼プロフィール詳細はコチラ ▼活動内容詳細はコチラ ▼取材やお仕事の依頼はコチラ ▼instagramはコチラ ▼腸内革命ラジオ(Youtube)はコチラ

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

本サイトは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。