コウジ酸パワーでアンチエイジング&美白のスピードアップ?!

スポンサードリンク

こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

肌白いねーって、言われました。ほんと?ほんと?子供の時は、白いねなんて言われたことなかったけど。

白いのかな。自分ではわからず。でも、白くなりたいと思う!本当に真っ白な人がときどきいますよね。あこがれです♪
私は多分、もともと黒いほうだったので、もし本当に白いとしたら、麹をたくさんいじったり、食べたりしてるおかげかもしれません。

日本の国菌、麹菌がつくるコウジ酸

」って聞いたことあるでしょうか?「」は日本で発見された天然由来成分で、1988年には「美白成分」として厚生労働省が認めている、日本うまれの私たちの味方なんです。

もともとは、日本酒を作っていた杜氏(とうじ)さんたちの手がとてもきれいなことから、「なにか理由があるのでは?」と日本酒の成分が調べられてみつかったらしいの。

すっごくアナログな方法で見つかった「コウジ酸」!KOSEさんのホームページによると…効能についてこのように書かれていました。

「コウジ酸」には、シミやそばかすの原因となるメラニンを生成する酵素(チロシナーゼ)を抑える働きがあります。それがシミの根源となる細胞に直接働きかけるため、高い美白効果が期待できるのです。また、シワやたるみを引き起こす活性酸素や炎症の発生を抑える作用もあるとされています。
参考:http://www.kose.co.jp/shirosumi/bihaku/detail/05.html

シミそばかすから、しわたるみまで…みんなの悩みをみんな解決しちゃいそうな勢いです。笑 いわゆる活性酸素や炎症の発生を抑えるという、根本的なところに働きかける成分だから、(老化防止)全体に効果があるって考えてよさそうです。

スポンサードリンク

コウジ酸を使った美肌対策ってどんな方法があるの?

化粧品メーカーさんが、コウジ酸を使った化粧水や美容液をたくさん作ってくれているので、いろんなところで手に入れやすくなりましたが、何も化粧品として使うことにこだわらなくても大丈夫

わたしのお知り合いには、酒粕をガーゼに入れて、お風呂につけて摂りいれようとしている方がいました。結構気持ちいいし、温まるらしいですよ。

あと洗顔する時に、甘麹を加えて洗顔するともちもちしっとりのお肌が作れるという方も…本当にいろんな方法がありますね。

私はやっぱり食べる派です。麹をカラダに入れない日はないかも?!調味料としてお砂糖を甘麹、塩を塩麹に置き換えていると、必ず何かしら食べることになると思うのでおススメ♪あとは、ヨーグルトに甘酒を入れるのもおいしいです。
みなさんそれぞれの生活にあった、自分なりの方法を探してみてくださいね♪

・菌活の参考にしてみてくださいね。

長谷川ろみでした。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。