牛乳が体に悪い理由 ~カゼインと乳糖と遅延性アレルギー~

スポンサードリンク

最近、コーヒーが習慣になってしまいました。それもね、カフェラテ。牛乳がたっぷり入っているカフェラテです。
 

 
一回おいしい~と思うと、毎日同じものを食べてしまう私は、本当に危険。牛乳だけではなく、お菓子やおかずも気に入ってしまうと、食べ続けてしまいます。習慣はコワイですよ、みなさま。笑
 
今日は、なぜ私が牛乳を避け始めているのか?というところから、牛乳が体に悪いと言われてしまう理由、カゼインと乳糖と遅延性アレルギーの関係について、少しまとめてみたいと思います。
 

 

私が牛乳を習慣にしない理由

私たちが小さいころ、牛乳は給食の定番健康飲料でした。
 
牛乳は、毎日必ず給食のお供として出てきます。牛乳嫌いな子は、必ずクラスに何人かいます。笑
嫌だ嫌だって言いながら、残すと先生に怒られるのでムリヤリにでも飲まないといけない、そんなちょっと苦い思い出がある方も多いのではないでしょうか?
 
もちろん牛乳には、定番のカルシウムをはじめとする多くの栄養が詰まった飲み物です。

牛乳の栄養素

株式会社明治さんが提供しているホームページ「明治の食育」には、牛乳の栄養素についてこのように説明されていました。 

私たちは毎日の食事から、3大栄養素とミネラル、ビタミンを上手にとりいれる必要があります。牛乳には、それらの栄養素がバランス良く含まれていて、私たちが必要とする栄養素の優れた供給源となっています。
 
また、近年の多くの研究から、牛乳には、私たちの免疫系や内分泌系、循環器系などに作用し、病気を予防する重要な機能があることもわかってきています。免疫力を高めて病気になりにくい体をつくる、病原菌の感染を防ぐ、血圧を改善するなど、牛乳に含まれる栄養素のさまざまな働き(生体調整機能)が注目されています。
参考:http://www.meiji.co.jp/meiji-shokuiku/know/know_milk/01/

 
確かにスゴイ飲み物なんです!牛乳って。
でも、最近「牛乳が体に悪い」と位置付ける方も増えてきました。その理由は、牛乳に含まれる一部の成分が関係しています。
 

牛乳が体に悪いと言われるのはなぜか?

給食の定番飲料、牛乳。カラダにいいよ~大きくなれるよ~って小さいころはよく言われていました。でも今は、本当のところどうなのかはわからない。健康に関する常識は、時代によって大きく変わります。
 
だから私は、結局自分のカラダに聞くしかないと思っているところがあります。
 
全く反対の結果を示す論文や医学的根拠が存在するぐらいです。どっちも研究結果をまとめたものとして、間違っているわけではありません。でも、他の要因で出た結果と混ざってしまったり、なにかの前提や仮説が間違っていたりして、数年後に事実が覆ったりすることもないわけではない…のが怖いところです。
 
だから、ココにご紹介することも反対の結果を占めす論文は出てくるかもしれません。でも今、牛乳の弊害として強く注目されている物質があります。それはタンパク質の1種である「です。
 

注意すべき物質「カゼイン」とは?

カゼインは牛乳のタンパク質の8割以上を占めると言われている物質で、「発がん性が高い」ということが一部の実験で証明されています。
 
添加物COMさんでは、カゼインと腸の関係をこのように説明されています。
 

スポンサードリンク
牛乳のタンパク質の8割を占めるカゼインは、粘り気も強く固まりやすい性質を持つため、腸から栄養が吸収されにくく腐敗しやすい。そして粒子が非常に小さいので、腸壁を素通りして血管内に入り血液を汚していくためカゼインは体から異物とみなされアレルギー反応を起こします。
 
この異物を体から出すために、皮膚からの排出の場合は湿疹やアトピー。呼吸器からの排出の場合だと喘息と言われています。
参考:http://tenkabutsu.com/casein

 
このアレルギー反応を起こすか起こさないかは、もちろん体質にもよってきます。だから全員ダメってことではありません。遅延アレルギー検査をすると、日本人は乳製品がダメな方は比較的多いと言われています。(私も微量ではありますが、乳製品は遅延アレルギーでした。だから習慣化しないようにしています。)
 

注意すべき物質「乳糖」とは?

もともと牛乳は、牛乳に含まれる乳糖が分解しずらく、おなかがゴロゴロする方も多い食材です。明治株式会社さんのホームページでは、乳糖についてこのように説明されています。
 

牛乳に含まれる炭水化物(糖質)の99.8%が「乳糖」と呼ばれる物質です。砂糖などと違って甘さはありません。エネルギー源としてだけでなく、カルシウムや鉄分の吸収を助け、整腸作用などの働きがあります。ただ、日本人の成人(子どもには少ない)の約10%は体内の「乳糖分解酵素」(ラクターゼ)の働きの弱い人で、牛乳を飲むとお腹がゴロゴロしたり、下痢をすることも。こんな場合は温めて少しずつ噛むように飲んで、量を増やしていくと乳糖分解酵素が活性化します。また、コーヒーや紅茶に入れて飲むのもお勧めです。
参考:http://www.meiji.co.jp/meiji-shokuiku/know/knowledge/ingredients_carbohydrates/

 
コーヒーショップでは最近、ミルクの代わりに豆乳を使っているところもありますよね。牛乳があまりカラダに合わない方は、代わりになるものをうまく活用することも考えるといいかもしれません。
 

牛乳がカラダに合わない方用レシピをご紹介!

というわけで、1つの選択肢としておススメなのが「アーモンドミルク」です。アーモンドが好きな方は、一度試してみてほしい♪
 
もともとは海外セレブたちのおやつとしてひろまったアーモンドミルクですが、乳糖アレルギー体質の方でも問題なく飲める代用ミルクのうちでも、かなり飲みやすく満足感が高い飲み物です。あ、でも、今度はアーモンドアレルギーの方にはお勧めしません。笑
 

レシピ:アーモンドミルク甘酒の作り方

水に浸したアーモンドをミキサーなどで砕き、水を加えてガーゼなどでかすを漉した飲料である。牛乳と異なり乳糖とコレステロールを含まないので、乳糖不耐症の人も飲用可能である。
参考:
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%82%AF

 
たまに、牛乳とアーモンドを混ぜていると思っている方がいるようですが、基本的にアーモンドと水でできているので、乳糖不耐症でも大丈夫な飲み物です。あ、でもいちお成分表示を見てみてくださいね。メーカーによっては、何かしら入れている可能性もゼロではありません。
 
このアーモンドミルクを少し温めて、甘酒を少し入れたものをたまに飲んでいますが、ほっこりしておススメです。私の場合は、家で作った活きのいい甘酒を使うので、あまり熱は加えないようにするけど、アツアツに温めるのもおいしそうです。試してみてくださいね♪
 
牛乳が体に悪いとされることが多い理由がわかっていただけたら幸いです。
・菌活の参考にしてみてくださいね。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。