【糖質OFF】健康志向のコンビニと言えばローソン?!健康関連食品3000億円を目指す企業の取り組み

スポンサードリンク

こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

このところ、健康への企業の取り組みが注目されています。社員が健康じゃないと、サービスも健全に動かなくなるのは、想像に難くありません。

ブランパン.jpg

やっぱり健康一番だよね!

その中でも、ローソンがどんどん健康志向になっているとのニュースが…たしかに、ナチュラルローソンという別ブランドを立ち上げたり、健康商品へのチカラのいれようが、半端じゃない!今日はそんなローソンの取り組みにクローズアップしたいと思います。

「美味しくて健康」を目指すローソンの今

地域社会から頼られる「健康ステーション」を目指すローソンは、「美味しくて健康」をスローガンに発展中です。日本食料新聞によると、ローソンの売上高の推移は右肩上がりで、特に高齢化社会がすすむ現代の日本の50代~60代のココロをがっちりとつかんでいる様子…

ローソンは、糖質を抑えたブランパンなどのブランシリーズ、野菜飲料のスムージーシリーズが好調な売れ行きだ。
健康・美容への関心の高まりに対応して5年前から“美味しくて健康”を実現する商品開発に取り組んできた。
両シリーズを含む「健康関連食品」売上げは16年度2500億円、17年度には3000億円に達する見込みだ。
参考:https://news.nissyoku.co.jp/news/detail/?id=ITAKURA20170328031737599&cc=01&ic=150

確かに健康関連商品、すごく増えましたよね!ローソン。ナチュラルローソンはもちろん、普通のローソンも商品開発にお金と時間をかけている印象…特に人気なのは、「ブランパンシリーズ」なんだそう。

さて、この「ブランパンシリーズ」とは、いったいどんな商品なのでしょうか?

スポンサードリンク

大人気のブランパンシリーズとは?

ブランパンシリーズは、ローソンが手掛ける「おいしいミールソリューション」という事業テーマの中にある商品です。

未病や予防医療の観点から、日々美味しくて健康なものを提供するため、ミネラルにこだわった土壌で育てた野菜をたくさん使ったり、塩分やカロリーに配慮した健康的なお弁当を提供する「おいしいミールソリューション」という考え方の中で、新しく「糖質」に注目した商品なんだって。

「糖質」を控えたい方でもおいしく食べられる、穀物の外皮を使って作られるブランパンは、かなりの人気で、日本食料新聞の記事によると…

ブランシリーズは17年2月末で累計1億8000万個を販売、うちブランパンシリーズが1億2000万個を占める。
参考:https://news.nissyoku.co.jp/news/detail/?id=ITAKURA20170328031737599&cc=01&ic=150

らしいです。すごいねー!

ローソンのホームページによると、「ブランパン」は以下のように説明されています。

「ブランパン」は、「糖質が気になる方に向け、身近で購入でき、しかもおいしい主食」という新たな価値を提供しています。穀物の外皮を使って糖質を抑えたパンを作る技術で日米欧の特許をもつ鳥越製粉株式会社と共同で開発した商品です。
参考:http://www.lawson.co.jp/company/activity/stakeholder/consumer/health.html

ん~!同じく糖質制限を柱の1つとしたライザップも人気だし、今流行の糖質ダイエットとも、いい感じのタイミングでマッチしたのかもしれませんね。

健康的で美味しい食品をもっともっと生み出してくれることを期待しちゃいます。
長谷川ろみでした。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。