アーモンドバターの効果効能、作り方!カラダに必要なオイルを食べよう!




工藤孝文先生
この記事の監修ドクター:工藤内科副院長 工藤孝文先生 詳しくはこちら

昔は忌み嫌われていた「あぶら=オイル」。

でも今は、ダイエットのため、美容のため、腸内環境のために、とても重要なものの1つが「あぶら=オイル」であるといわれています。

カラダにいいオイルをとる方法は、たくさんありますが、今海外セレブに注目されているのが「アーモンド」から作る、「アーモンドバター」!

「ピーナッツバター」と「アーモンドバター」はなんとなく似ているような気がしますが、実は全く違うもの。今回は良質なオイルをとって、腸内環境を整えるための1つの方法として、「アーモンドバター」についてまとめてみました。

「アーモンドバター」とは?

アーモンドバターは、その名前のとおり「アーモンド」と「バター」でできています。

「アーモンド」に含まれる脂肪酸

そもそも「アーモンド」をはじめとする「ナッツ類」は、私たちの身体にとって必要なあぶらがたくさん含まれていることが知られていますよね。

もちろんアーモンドも例外ではなく、人間にとって必要な必須脂肪酸の1つであるオメガ9系のオイルが含まれています。

オメガ9系の脂肪酸といえば、オリーブオイルが有名ですよね。オリーブオイルの仲間と考えてもよいでしょう。

アーモンドの成分はその半分が脂肪ですが、そのほとんどが不飽和脂肪酸です。エコミルさんのホームページには、アーモンドがどんなに身体にいいかがこのように説明されていました。

アーモンドは約51%が脂肪ですが、そのほとんどは不飽和脂肪酸です。そのうちの65%以上が一価不飽和脂肪酸であるオレイン酸です。飽和脂肪酸の摂取は控えるべきだと言われますが、アーモンドに含まれる飽和脂肪酸は、総脂肪酸のおよそ8%に過ぎません。

もっとも多く含まれているオレイン酸は、体内環境を整える作用があります。また、アーモンドはコレステロールを含まず、フィトケミカルに分類され、毎日のめぐりを良くするとされるフィトステロール(植物ステロール)を含んでいます(アーモンド100gあたり140mg)

参考:http://www.ecomil.info/cts3.html

カラダの調子を整えてくれるあぶら、すごく大事ですよね。

「アーモンドバター」の正体は?

アーモンドバターは、アーモンドを細かく砕いたものにバターを混ぜてペースト状にしたものです。

中には、バターを入れずに、アーモンドから抽出した油だけで作ったアーモンドバターもあるそうですが、基本的にお砂糖が入っていないものが多いといいます。

自然のナッツの甘みだけでできてるアーモンドバターは、お酒のおつまみにも利用しやすく、健康志向の方から見ると取り入れやすい食品なんですって。

「ピーナッツバター」と「アーモンドバター」の違い

「アーモンドバター」と聞くと、なんかとても余ったるいバターを想像する方もいるかもしれませんが、あまりお砂糖は入っていないものがほとんどです。(もちろんメーカーや商品によります)

「ピッナッツバター」は、アメリカやカナダなどの欧米諸国で、多くのファンがいるあまーいバターですが、その点はアーモンドバターとの大きな違いですね。

アーモンドバターは天然の甘みが強いので、ダイエット食としても最適で、なんとあの有名なレディガガさまもアーモンドバターのファンなのだとか。

うん、アーモンドバター、やはり気になります。

「アーモンドバター」の効果効能

具体的な「アーモンドバター」の効果効能として、よく紹介されているのはこちらの内容です。

・脂肪の吸収を防いでくれる
アーモンドには脂肪を吸収を抑える働きを持つリパーゼが含まれているので、ダイエットにもおすすめ。
・しわやたるみなどお肌の老化を抑制してくれる
・血管の老化を予防してくれる

参考:https://www.bibeaute.com/article/49253

脂肪燃焼を助けてくれるオレイン酸をはじめとして、代謝アップのためのビタミンB群もアンチエイジングに大切なビタミンEもとても多いのがアーモンドバターです。

バランスがいいのもうれしいですね。ダイエットや美容などが気になる方にとっては、救世主となりえる食品かもしれません。

「アーモンドバター」の作り方

最近の「アーモンドバター」をはじめとする、良質なオイルブームにのって、自分でアーモンドバターを作ってしまうつわものもいるようです。一番ベーシックな作り方をご紹介してみたいと思います。

お砂糖の量はお好みで調節してみてね。

材料

・無塩アーモンド(皮付き)100g
・無塩バター       60g
・砂糖          40g

作り方

1:アーモンドをフードプロセッサーで粉々にする。
2:室温に戻したバターとお砂糖を混ぜる。

なんてかんたん!笑 気負う必要はないですよね?

「アーモンドバター」とは?まとめ

最近注目されている私たちの身体に必要な必須脂肪酸。実は「アーモンドバター」でたくさんとれることがわかりました。

ナッツをそのままたべてもよいし、青魚などを定期的に食べるのもおすすめだけど、今普通にバターを使っているのなら、アーモンドバターに切り替えてみることをお勧めします。

アーモンドの油は、健康や美容を助けてくれる可能性が秘められているからね。

・脂肪の吸収を防いでくれる
アーモンドには脂肪を吸収を抑える働きを持つリパーゼが含まれているので、ダイエットにもおすすめ。
・しわやたるみなどお肌の老化を抑制してくれる
・血管の老化を予防してくれる

参考:https://www.bibeaute.com/article/49253

ダイエット中の方や、いつまでも若くいたい方はぜひチェックしてみてくださいね。

The following two tabs change content below.
長谷川ろみ

長谷川ろみ

本サイト「腸内革命」の編集長。元おデブの腸活&発酵life×クリエイター。腸内細菌に救われたことをきっかけに、日本の発酵文化や腸の大切さを伝えるためのコト・モノ・しくみづくりに挑戦中。

「自分の周りの人の腸内環境をアップデートする」ことが目標♪

▼プロフィール詳細はコチラ
▼活動内容詳細はコチラ
▼取材やお仕事の依頼はコチラ
▼instagramはコチラ
▼noteもはじめましたコチラからどうぞ

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

本サイトは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。