甘酒効果に注目!市販甘酒おすすめランキング (スーパー編)

スポンサードリンク

最近、甘酒のダイエット効果や健康効果、美容効果がメディアで取り上げられるようになり、
「甘酒を飲んでみたいんだけど、どれがいいのかわからない」とおっしゃる方が増えてきました。

本当は自分で甘酒をつくる方法がいちばんおすすめですが(生き生きした酵素がそのまま食べられるので)、とはいえ、発酵食品を毎日の習慣にするのがいちばん大事なので、まずはお手軽な市販の甘酒、それもスーパーなどでいつでも変える甘酒に絞って、ネット上でのランキングを調査してみましたよ。

さて、完全な個人的ランキングですが、笑、
いったいどれがおすすめなのか、市販甘酒をランキング形式でご紹介します!

効果が期待できる市販甘酒の選び方

まずは、市販甘酒を選ぶ際の基礎知識から、少しおさらいしましょう。
実は甘酒は、その材料・そして効果に注目した場合、大きく2種類に分けられるのです。これを知っているのと知らないのとでは雲泥の差!妊婦さんなど、人によっては大きなミスにつながりかねないので注意が必要です。

その2種類とは、以下の通り。

・米麹からできた麹甘酒
・酒粕と砂糖からできた酒粕甘酒

どちらも麹が入っていて、健康効果も美容効果も期待できるのですが、大きな違いは「白砂糖が添加されているか、されていないか」という点。

もちろんメーカーによっても違ってくるので一概には言えませんが、

米麹から作ったものは、お砂糖が入っていないので
さっぱりした甘さで、カロリーが低め
酒粕から作ったものは、お砂糖入りなので
贅沢な甘さでカロリーが高め

という違いがあります。一般的に米麹甘酒のほうがお値段が高くなりがちなのもこの違いによるものです。神社などで無料で配られているものは、その多くが酒粕甘酒ですね。

最近「飲む点滴」と言われて、そのシンプルな材料と効果が認められているのは「米麹甘酒」の方です。今回は「米麹甘酒」を中心にご紹介したいと思います。

詳しい違いが気になる方は、この過去記事を読んでみてくださいね
 

 

甘酒効果に注目!市販甘酒おすすめランキング

では、よくスーパーでみる市販の甘酒のうち、ネットでよく取り上げられていて、その効果やおいしさが注目されている市販甘酒をチェックしていきたいと思います。

麹だけでつくったあまさけ(八海山)

100gあたりの栄養成分はコチラです!

エネルギー 105kcal
炭水化物 24.8g
たんぱく質 1.3g
脂質 0.1g
ナトリウム 1g

参考:http://item.rakuten.co.jp/taka-sake/amazake/

日本酒で有名な八海山が作った甘酒です。なんで日本酒蔵さんの甘酒っておいしいんだろう・・・笑

昔、日本酒好きが高じて蔵めぐりをしていたことがあったのですが、その時に日本酒はもちろんのこと、甘酒も買ってしまうんですよね。味が深くて美味しいのです。これがスーパーで買えるなんて、かなりうれしい♪

スポンサードリンク

プラス糀 米糀からつくった甘酒(マルコメ )

 
1本125mlあたりの栄養成分はコチラです!

エネルギー 93kcal
炭水化物 21.1g
たんぱく質 1.6g
脂質 0.3g
ナトリウム 93mg
食塩相当量 0.2g

参考:http://www.marukome.co.jp/product/detail/kouji_033/

さっぱりしたさらさらの甘酒で、アルコール0%なので妊婦さんやお子様でも飲める米麹甘酒です。原材料は米と米麹がほとんどですが、少し食塩で味を調整しているようですね。

今回紹介する中でも、一番売っている率が高いと言っていいほどよくスーパーで遭遇します。お手軽に毎日甘酒を飲むことをはじめている方にとって、お手軽さで選ぶならNO1かもしれません。

ふたのシールをはがせば容器のまま電子レンジであたためられるので、やっぱり甘酒は温めたい・・・という方にもおすすめです。

タレントの安田美沙子さんがマルコメ甘酒を飲んでいることをブログで発表したことがありました。

旦那さんにお願いして、ヨーグルトと甘酒買ってきてもらいました。
飲む点滴と言われる甘酒。甘くて美味しかった。

参考:安田美沙子オフィシャルブログ

さっぱりごくごく飲めるので、もったりした甘酒がニガテな方は、まずはこちらをおすすめしたいです♪

マルコメ プラス糀 米糀から作った糀甘酒LL 1000ml×6本
マルコメ
売り上げランキング: 572

民芸あまざけ(丸昌)

 
100gあたりの栄養成分はコチラです!

エネルギー 148kcal
炭水化物 33.3g
たんぱく質 3.1g
脂質 0.3g
ナトリウム 130mg
ショ糖 0-0.1g

最近パックタイプ以外の甘酒もスーパーに並ぶようになりましたね!民芸あまざけ(丸昌)は、スーパーでもよく見るようになりました。

少しカロリーは高めですが、他の2つに比べてすごくもったりとした高級感があります。そのまま飲むだけでなく、調味料としてお料理に使えそう。原材料は他と同じく、白米、米こうじ、食塩のみです。

丸昌稲垣 民芸あまざけ 360g 15袋
丸昌稲垣
売り上げランキング: 155,619

市販甘酒おすすめランキングまとめ

少し前まで市販の甘酒と言えば、酒粕甘酒がほとんどでしたが、最近は米麹甘酒がかなり増えてきました。それもすごく昔よりも美味しくなった気がします。

シンプルな作り方で材料が一緒でも、微妙に舌触りや味が違うのが甘酒のおもしろいところです。手づくりするのがめんどうな方は、まずは市販の甘酒から、トライしてみてくださいね♪

この腸活じんべーでおススメする甘酒ランキングはこちら!

1位:麹だけでつくったあまさけ(八海山)
2位:プラス糀 米糀からつくった甘酒(マルコメ)
3位:民芸あまざけ(丸昌)

基本的にはスーパーで買いやすい、よく見る甘酒のうち、米麹甘酒に分類されるアルコールなしの自然な甘さのものを選んでみました。甘酒生活、楽しんでみてくださいね。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。