青汁乳酸菌入り、なぜ増える?!効果効能を勝手に大検証しちゃったよ♪

スポンサードリンク

青汁と言えば昔から人気の健康飲料で、とにかくマズイけど体によいというのが主流でした。
 
でもこのところ、青汁に美味しさが求められるようになり、美味しいものが増えるだけでなく、乳酸菌入りの青汁がとても増えています。
 

 
健康的な食習慣をつくるというそもそもの青汁の効果効能にプラスして、よりダイエットや便秘解消にも効果が高い商品が求められているみたい♪
 
今回は乳酸菌入り青汁の効果効能、ダイエット方法や口コミなどをまとめてみました!

 

 

最近の青汁の特徴は?

昔はよくテレビの罰ゲームで使われていた青汁。とにかくマズイけど体にいいよ!というコピーがよく使われていました。でも、もしその時代の青汁しか飲んだことがない人がいたら、最近の青汁を飲んでみてほしい!笑
 
これがもう、昔の青汁ではないんです!笑
 

特徴1:おいしい青汁が増えている

昔の青汁がとてもまずかったのは、少なくとも消費者側に「良薬口に苦し」的な考えがあった殻のように思います。まずいからこそ、体に良い・健康に良いが説得力を持ってしまうみたいな。笑
 
そういう青汁マーケティング手法が少なからずあった気がします。あと、すごく高級品だったイメージがあります・・・なんだろう、多分今よりも美味しさ<質の良さだったのかもしれません。
 
でもこのところ、やっぱり毎日の食習慣を変えないといけないと言うことで、続けられない健康食品は減ってきました。その流れで青汁もおいしくなってきた気がします。
 
味が変わったいちばんの理由は、青汁の材料にありそうです。昔は「ケール」というとにかくクセがつよい野菜が主材料だったことが多かったそう。でも最近は「ケール」も入っているものの、「大麦若葉」や「桑の葉」などのクセが弱いものも多くなってきた気がしています。
 
そうなると気になるのが青汁2大材料と呼ばれる、「ケール」と「大麦若葉」の違いです。
お医者様が書かれた記事などをいろいろ調べてみると、やっぱり栄養成分という意味では「ケール」のほうが「大麦若葉」より、ちょっと優秀かも・・・と思えるような内容が多いのが印象的でした。
 
▼ケールの栄養成分について
ケールはとにかく「抗酸化成分」がすごい野菜です。活性酸素を抑え体内の不飽和脂肪酸の酸化を防ぐので、老化防止やアンチエイジング、動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病の予防が気になる方にとって、絶対に必要な栄養成分がこれでもかと含まれています。
 

・βカロテンをはじめビタミンE,Cなど抗酸化作用が強い成分がたっぷり
・メラトニンによる熟睡効果
・酸化防止や目を保護する働きがあるルテイン
参考:http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/Kale3.htm

 
さすが野菜の王様、ケールです。笑
 
▼大麦若葉の栄養成分について
大麦若葉は麦の穂が出る前の小さい状態の大麦の若葉のことで、青野菜によくある独特の青臭さが少ないので、とても食べやすいと言われています。
 
野菜の王様のケールと比べると、ちょっと見劣りしちゃうけど、腸活に必要な食物繊維、そしてビタミンKや鉄分は大麦若葉のほうが多く、SOD酵素が多く含まれているのが特徴の1つです。
 

SOD酵素は、正確には「Super Oxide Dismutase」といい、「活性酸素を除去する酵素」という意味です。もともと人間の体内に存在している酵素でもあり、体細胞が酸化するのを抑えてくれる働きをもっています。
参考:http://www.skincare-univ.com/article/004183/

 
ヘルスケア大学さんにはクリントエグゼクリニックの医師である黒田愛美先生の比較コメントが掲載されていました。
 

ケールは「スーパー野菜」と呼ばれるだけあり、栄養価の高さと優れた栄養バランスは他に類を見ません。だからと言って、大麦若葉の栄養価が劣っているというわけではないです。
 
ビタミンCとカルシウムに関してはケールが大麦若葉の10倍近い量を含んでいますが、鉄分に関しては大麦若葉の方がケールより約5倍ほど多く含んでいます。
 
またケールには睡眠と深く関係する抗酸化物質メラトニンがたっぷり含まれておりますが、対する大麦若葉には活性酸素を除去すると言われているSOD酵素が豊富に含まれています。
 
参考:http://www.skincare-univ.com/article/005335/

 
たしかにケールはすごいけど、毎日続けられないぐらい苦手な人は、大麦若葉でもよくない?っていうぐらいの栄養はありそうですよね!
 

特徴2:乳酸菌入りが増えている

もう一つ青汁市場で注目なのは、乳酸菌入り青汁がすごく増えていること!
 
なんとなく思ったのですが、「ケール」が主成分の青汁がまずすぎてなかなか飲めないとなった時に、「大麦若葉」に主成分を変更し、そしたら、もう少し効果効能が高められるものを入れようではないか!という流れで、乳酸菌入りが増えているのかも!
 
ただの妄想です。笑
 
でもそう思った理由としては、大麦若葉の食物繊維がとても優秀に見えるからなんですよね。
山本漢方製薬さんで発表されている大麦若葉の食物繊維量(粉末にして100gあたり)は、以下になります。
 
▼大麦若葉の食物繊維量

不溶性食物繊維:44.6g
水溶性食物繊維:2.6g

 
データ元が違ってしまうのでそのまま比較はできないかもしれませんが、文部科学省が公表している「食品成分データベース」によると、ケールの食物繊維量(可食部100gあたり)は、以下になります。
 
▼ケールの食物繊維量

不溶性食物繊維:3.2g
水溶性食物繊維:0.5g

 
腸内細菌のエサになる水溶性食物繊維を比べると、大麦若葉がケールの5倍も含んでいて、腸活の中でも水溶性食物繊維量でみると、大麦若葉が優秀なのがわかります。そうなると、もっと腸活よりにしてはどうか・・・という理由から乳酸菌を入れる発想に至ったのは、自然の流れである気がしますよね。
 

乳酸菌入り青汁のすごいところは?

乳酸菌入り青汁はいろいろなメーカーが出しています。ただね・・・詳しい乳酸菌の種類まで書いてるメーカーがあまりないんです。そこまで追ってしまうと数少ないので、正確な効果効能がわからない・・・。
 
入っている乳酸菌の種類によって、その乳酸菌入り青汁の効果効能は変わってくると思っています。
例えば免疫力UPに効果が高いBRM乳酸菌なのか、脂肪燃焼効果があるといわれる乳酸菌CP1567株あたりなのか・・・その種類によって効果効能が違ってしまうんですよね。
 

スポンサードリンク

乳酸菌入り青汁の乳酸菌と効果効能例:世田谷自然食品さん

きちんと乳酸菌の種類まで公開されているメーカーさんがいましたので、勝手に詳しく見てみたいと思います。笑
 

「乳酸菌が入った青汁(世田谷自然食品)」の乳酸菌はラクトバチルスカゼイ菌

そのメーカーさんとは、世田谷自然食品さんです。おー最近人気のやつだ!!さすがです!!
商品名は「乳酸菌が入った青汁」です。
 
ホームページには、
 

植物性乳酸菌ラクトバチルスカゼイ菌使用!
1杯に100億個の乳酸菌
参考:http://www.heatherlosurdo.com/

 
とはっきり書かれています。
 
ラクトバチルスカゼイ菌は比較的発見されたのが古い乳酸菌で、1891年にドイツでチーズの微生物を研究している過程で見つかった菌であると言われています。
 
ヤクルトさんのホームページには、ラクトバチルスカゼイ菌についてこのような説明がありました。
 

カゼイ菌は市販の発酵乳製品の製造にも多く使われており、整腸作用や免疫調節作用などの多様な有益な作用を有することが明らかにされている一方で、その作用メカニズムの解析も進んでおり、世界を代表するプロバイオティクスとして知られるカゼイ菌もあります。
 
参考:https://institute.yakult.co.jp/bacteria/4242/

 
増殖しやすく善玉菌を増やす働きが注目されている乳酸菌です。整腸作用、便秘予防に期待が持てますね!
 

「乳酸菌が入った青汁(世田谷自然食品)」の原材料は腸活の味方ばかり!

「乳酸菌が入った青汁(世田谷自然食品)」の乳酸菌以外の原材料も一緒に見てみましょう。
 

大麦若葉粉末、還元麦芽糖水飴、難消化性デキストリン、抹茶、クマザサ粉末、植物性乳酸菌、デキストリン、プルラン
参考:https://www.shizensyokuhin.jp/products/5101/

 
おお、最近流行の難消化性デキストリンも入ってる!抹茶まで!!
難消化性デキストリンや抹茶については以前他の記事にまとめたので気になる方はこちらも読んでみてね。
 
▼過去記事

 
こう見てみると、世田谷自然食品さんの「乳酸菌が入った青汁」は、とても腸活向きの青汁のように感じますね。ここまでスゴイと、もっと腸活よりにアレンジしたくなっちゃう。笑
 

乳酸菌入り青汁のまとめ

まずくて栄養価が高い特別健康飲料としての青汁から、美味しくて毎日の健康をつくる青汁へ、青汁の変化がわかりました。
 
変化の過程で乳酸菌入り青汁がたくさん作られるようになったこと、なんとなく納得できる気がします。腸活大事だし、健康のベースにもなりえる腸内環境を整えることは大事なことです。
 
いろいろなメーカーさんが、乳酸菌の正体も明かしてくれて、自分の求める効果・効能に対して青汁が選べるようになったらいいなとすごく思います。
 
みなさんも青汁選び、そして腸活の参考にしてみてくださいね。
 

山本漢方製薬 乳酸菌大麦若葉粉末 4g×30包
山本漢方製薬
売り上げランキング: 3,336
世田谷自然食品 乳酸菌が入った青汁(30包入) 1個
世田谷自然食品
売り上げランキング: 12,290
KOWA 黒糖抹茶青汁寒天ジュレ 30包
興和株式会社
売り上げランキング: 15,799
The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。