腸活の常識がかわる?!バランス調整菌ってどんな菌?新腸内細菌分類法

スポンサードリンク

、日和見菌・・・
腸活が気になる方なら、1度は聞いたことがあるかもしれません。

一般的に腸内フローラにいる腸内細菌を、「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」に分けて考えることが多くあります。

とても明確に見えますが、実は「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」に分けるのはとても難しいことが分かってきました。なぜなら、常に人間の腸にとって「完全に良い菌、完全に悪い菌というのは、あまり存在しないからです。

そんな中、新しい分類として、」「バランスかく乱菌」「能力未知菌」に分ける方法が注目されています。

腸内フローラの「バランス調整菌」とはどんな菌なのか、チェックしてみましょう。

旧分類「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」とは?

「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」は、私たちの腸内フローラにいる腸内細菌を以下のように分類したものです。

「善玉菌」:人間にとって良い菌
「悪玉菌」:人間にとって悪い菌
「日和見菌」:どちらでもない菌

一般的には、腸内環境の理想的なバランスは、善玉菌20%、悪玉菌10%、日和見菌70%の比率であると言われてきました。

でも、善玉、悪玉に分けるのはとても難しいことが分かってきました。

腸活をしようとしている人にとっては、とてもわかりやすいのですが、極端に「悪玉菌をなくす!」的な思考に陥りやすい・・・というデメリットがあります。

「善玉菌」「悪玉菌」に分けるのは難しい

実は、これまで悪玉菌として考えられてきた大腸菌も、「人間によって悪い菌」とは言い切れないことがわかってきたのです。

例えば、大腸菌の場合、腸内環境を悪化させたり、病気を引き起こす可能性もあるかもしれませんが、一方でもっと悪い菌の感染から人間を守ってくれていたり、自然免疫を高めてくれているという事実があります。

そうなってくると、大腸菌=悪玉菌と呼ぶのは、なんか違う気がしてきませんか?

悪玉菌でさえ、人間にとって必要な菌だ!ということが知られるようになり、

善玉菌、悪玉菌、日和見菌という呼び方ってどうなんだろうね?

という疑問が叫ばれるようになりました。

新分類「バランス調整菌」「バランスかく乱菌」とは?

そこで腸活に対する認識をややこしくしないために、違う分類方法が生まれました。

腸内細菌はあくまでも500種類~1000種類のバランスの上で成り立っています。あくまでもバランスを整えること、腸内細菌の多様性が重要であることがわかってきた今、この3つで分類してみる方法が生まれました。

バランスを整える上で必須の微生物
増えすぎるとバランスを乱してしまう微生物
まだまだ能力がわかっていない微生物

この分類方法は、タカラバイオさんで行っている腸内フローラ検査で使われています。タカラバイオさんの腸内細菌叢の分類方法を見てみましょう。

バランス調整菌

腸内環境のバランスを整える細菌。
代表菌は、フィーカリ菌、ビフィズス菌、フラジリス菌、エクオール産生菌など。
抗菌作用があり、腸管出血性大腸菌0157の感染を抑える。

バランスかく乱菌

腸内細菌のバランスを崩す細菌。
代表金は、サルモネラ菌。
発熱や腹痛、下痢を引き起こす。

能力未知菌

どのような影響を持つか未知な菌。

これまでの分類とは違い、「能力未知菌」=まだわかってないよ!とはっきり言っているのがおもしろいですよね!

スポンサードリンク

まだまだ腸内細菌学はわかっていないことだらけなので、個人的にはわかっていないことはわかっていないと説明しているところにすごく納得感があります。笑

腸内細菌叢は人によってかなり違うので、人によっては能力未知菌が90%とか、ほとんどである場合もあるそう・・・!腸内細菌の世界はとても奥深いですね!

バランスが整っている腸内フローラとは?

今の腸活の考え方の主流は、「いい菌を増やして悪い菌を絶滅させよう!」ではなく、「いろんな菌に住んでもらおう(菌の多様性を重視)」に移ってきているように思います。

腸活する際に目指さないといけないのは、バランスが整っている腸内フローラ!バランスが整っているとこんないいことがあると言われています。

腸上皮細胞の保護、修復
感染性細菌への抗菌作用
免疫細胞の刺激・成熟
食事成分の消化
ビタミン合成
タンパク質合成
神経系の刺激・脳の機能発達

参考:http://gutflora.jp/2016/07/02/

バランスが整っていない腸内フローラとは?

一方、バランスが整っていない腸内フローラでは、人間にとっていろんな困ったことが起こります。栄養をとっても非効率だったり、有害なものを生んでしまったり、何かを壊したり・・・

腸上皮細胞のダメージ
栄養吸収障害
有害物質産生
有害ガス酸性
免疫システムの破綻
細胞ターンオーバーの遅延
神経障害・脳の機能悪化

参考:http://gutflora.jp/2016/07/02/

最初は小さな障害だけかもしれませんが、それが続くと、肌荒れや便秘、アレルギー、精神疾患、免疫疾患、がんなどなど・・・どんどんオオゴトになっていく可能性があるのです。

肉好き女子の腸内環境にはバランス調整菌が少ない

バランス調整菌について、ちょっとおもしろい研究結果がでていたので、ご紹介したいと思います。

江崎グリコとウンログ株式会社が、20~30代の肉好き女子に対して共同で行った調査にて、肉食女子はその他の女子に比べて、バランス調整菌の保有率が少ないことが発表されました。

同世代の女性(20~30代)の「バランス調整菌」の割合が平均24%であるのに対し、肉好き女子の場合は平均20%と、4ポイントの差があるそうです。

参考:https://social-trend.jp/37942/

お肉って美味しいですよね・・・でもバランスを考えないと、やっぱり腸内フローラも偏ってしまう可能性があると言えそうです。

バランス調整菌ってどんな菌?まとめ

善玉菌、悪玉菌、日和見菌という分け方は、実はあまり正しくないことが問われ始めています。

人間も会社ではいい人だけど、家庭ではいい人ではないとか、あの場所ではいいけど、こっちでは・・・とか、いろいろあると思います。

いい人、悪い人と分けるのが難しいように、腸内細菌もいい菌、悪い菌と分けるのは至難の業!

そんな理由から新しい腸内細菌の分類方法が出てきました。ポイントは私たちの腸内フローラのバランスを調整してくれる菌なのか、そうでもないのか、わからないのか・・・という点です。

バランス調整菌
バランスかく乱菌
能力未知菌

これまでの「人間にとっていい働きをするか、悪い働きをするか」という視点よりも少し現実に近づいた気がします♪

腸活の際の参考にしていただければ幸いです!

腸内細菌のベストバランスが病気にならない体をつくる
佐々木 淳
ロングセラーズ
売り上げランキング: 21,804
The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。