ブラックフードが2017年のトレンド?!ブラックフード食べ物リストまとめ

スポンサードリンク

2017年のトレンドグルメとして、大注目されている「ブラックフード」。

インスタなどのSNSで「#blackfood」で検索すると、もともと黒い色を持った食べ物だけでなく、黒いバンズのハンバーガー、黒いマカロン、黒いアイスクリームなど、真っ黒に染められた食べ物が目白押しです。笑 

なんだかちょっと意味合いが違うものも交じっている可能性もありますが、とにかくアメリカのオーガニックストアではこのブラックフードが大人気!ダイエットやアンチエイジングに効果があるとして人気を集めています。

今回はこのブラックフードがなぜダイエットやアンチエイジングに効果があるといわれているのか、詳しくまとめてみました!

ブラックフードってなに?

「ブラックフード」とは、読んで字のごとく「黒い食べ物」のこと。

その範囲は広く、和食にもよく用いられる黒豆や黒ゴマ、黒酢、黒にんにくなどから、海外セレブを夢中にしている、ブラッククミンシード、黒キヌアなどのスーパーフードまで、「ブラックフード」と呼びます。

もともとは、黒い食べ物にはその色素成分であるポリフェノールのアントシアニンが含まれていることが注目されました。

アントシアニンは、強い抗酸化作用を持ち、老化防止やアンチエイジングに効果があると言われている成分です。

でも最近は、色が黒ければアントシアニンに関わらず「ブラックフード」と呼んでいる人もいるみたい。笑

世界が注目!ブラックフードはなぜ人気?

私たち日本人が食べている和食には、もともとブラックフードがとても多いと思います。黒豆とかごまとか、海苔とか海藻とか・・・今更「ブラックフードが人気!」と言われると、なんとなく不思議な感じもしますよね。

でも、アメリカやヨーロッパでは、昔から「白=イイモノ、黒=悪いモノ」というイメージが強く定着していました。

私も10年以上前にカナダに住んでいたことがありますが、当時のカナダのお寿司屋さんには海苔を使った巻物はありませんでした。理由を聞くと、黒い海苔は、みんな怖くて食べたがらないんだって。笑

トランス脂肪酸や白砂糖をたくさん使った、ドーナツやフレンチフライのほうがずっと怖いけどなぁ・・・と思っていました。笑

でも最近は、ヘルシー志向が強まり、アジア圏でよく食べられている海藻などの栄養価が知られるようになり、少しずつ「黒=悪いもの」というイメージよりも「黒は健康的な食べ物の色」として、イメージが変化していっているとのこと。

イメージ戦略は本当に大事ですね。

ブラックフードが美容に効果があると言われる理由

ブルーベリーやブラックベリー、そして黒豆、黒米、黒ごまなどの和の定番ブラックフードには、黒色の色素ポリフェノールの一種である「がたくさん含まれています。

わかさの秘密さんのホームページによると、アントシアニンとは次のとおり。

アントシアニンとは、ブルーベリーやナス、紫いもなどに含まれるポリフェノールの一種で、天然の色素です。植物が紫外線から実(身)を守るために蓄える成分ですが、古くから目の働きを高める効果や眼精疲労を予防する効果があることで知られていて、現在ではサプリメントなどに利用されています。

参考:http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/anthocyanin/

ブルーベリーが目の健康に良いことは有名ですが、最近では糖尿病予防効果があるという発表があったり、老化の原因となる活性酸素の発生を抑制すると言われたり、その健康効果・美容効果が注目されています。

スポンサードリンク

でも、最近はアントシアニンが入っていようが、入ってなかろうが、ブラックフードとして認識されてしまい、ちょっと曖昧さも感じます。

アントシアニンが入っていると、黒焦げのお肉をすすんで食べたりしないでくださいね。

ブラックフードが摂取しやすい理由

ブラックフードのいいところは、置き換えるだけ、ふりかけるだけで摂取できるものが多いというところ。気軽に置き換えて栄養価を高めることができます。

例えば、

白米を黒米に変えたり・・・
大豆を黒大豆に変えたり・・・
ごまをサラダにふりかけたり・・・

一時期黒ゴマにハマって、何にでも振り掛けていました。

そういえば、お笑い女芸人の椿鬼奴さんが、なんにでも黒ゴマを振り掛けて、全部黒ゴマ味にしてしまうと、旦那さんのこれまた芸人トリオグランジの大さんが愚痴をこぼしているのを聞いたことがあります。笑

手間暇をかけないで、栄養価が高くなると思うと、ついつい黒ゴマをふりかけてしまうんですよね。ブラックフードとして、日本人にとって一番身近なのは、黒ゴマかもしれません。

ブラックフード食べ物リスト

ここからはブラックフードにはどんな食べ物があるか、リストにしてご紹介したいと思います!ぜひ意識して食べてみてくださいね。

ブラックフードリスト1:和の食材

黒豆
黒ゴマ
黒米
黒砂糖
黒酢
海藻(わかめ、ひじきなど)
きくらげ など

ブラックフードリスト2:洋の食材

ブラッククミンシード
黒キヌア
ワイルドライス
黒タピオカ など

ブラックフード食べ物リストまとめ

今回はインスタなどで注目を浴びているブラックフードについて、その食べ物・食材をまとめてみました。

ブラックフードは、写真などにしてもインパクトがありますが、その栄養価も高い場合が多く、特にもともと黒い食材をあまり食べなかった西洋の方達の間で、とても注目されています。

健康・美容効果が注目される一番大きな理由は、ブラックフードに含まれるアントシアニンの効果が注目されているからです。

アントシアニンは、目の健康を保つことで注目されている成分ですが、最近の研究結果では糖尿病予防にもなるなど、様々な健康・美容効果が注目されています。

これからますます日本でも人気がでるかもしれない「ブラックフード」、みなさんも注目してみてくださいね。

ブラックタピオカ 1kg
ブラックタピオカ 1kg

posted with amazlet at 17.10.15
ギャバン
売り上げランキング: 1,495
The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。