慢性疲労症候群の症状やチェック法まとめ!疲労と腸内環境にはふか~い関係があった?

工藤孝文先生
この記事の監修ドクター:工藤内科副院長 工藤孝文先生 詳しくはこちら

みなさん、ゴールデンウィーク、リフレッシュできましたか?(*^◯^*)

アントニオ猪木さんも「元気ですかっ?!」ってよくおっしゃってますけど、「元気」はすごく大事だと思います。リフレッシュ、重要だよね!

特に5月は、4月から新生活が始まった方が疲れが出始める時期だともいわれていますから、無理しちゃいけない!

「カラダが資本」とはよく言ったもので、私たちは「元気」じゃないとなにもできません。でも、「元気」って、他人と比べることができないから、定義するのはとても難しいですよね。

そんな中、2016年に疾患として正式に分類された、新しい病気があります。

その名も「慢性疲労症候群」。

わかりやすくいうと、常に疲れちゃう病気=元気がでない病気なんです。

実はこの「慢性疲労症候群」、腸内環境にも関係があるかもしれないという研究発表もあり、腸活中の人も知っておいて損はない病気。むしろ、腸活や腸ケアが大事かもしれないんです。

今回はこの「慢性疲労症候群」について、考えてみましょう。

慢性疲労症候群とは?

まずはウィキペディアで慢性疲労症候群についてみてみましょう。

慢性疲労症候群(まんせいひろうしょうこうぐん、英語: Chronic Fatigue Syndrome, 略称: CFS)は、原因不明の強い疲労が長期間(一般的に6ヶ月以上)におよび継続する病気である。筋痛性脳脊髄炎(Myalgic Encephalomyelitis、ME)、 ウイルス感染後疲労症候群(Post-Viral Fatigue Syndrome、PVFS)とも呼ばれる。

参考:ウィキペディア

ウイルス感染後疲労症候群って呼ばれることもあるのは、理由があります。

慢性疲労症候群は、風邪なども含めたウイルス感染症にかかった時や、かかった後に発症することが多いらしいのです。

風邪かなー?と思っていたら、風邪の症状はおさまったのに、倦怠感や疲労感がぜんぜん治らないとかね。こわいですよね。

問題は、その原因がまだわかっていないことなんです。

慢性疲労症候群の原因

日本では精神疾患と認識されていたそうなのですが、実際は身体的なもの、精神的なものを含め分かっていないというのが、ほんとのところです。

日本では長年にわたり神経症性障害に分類されており精神疾患と認識されている。 ICD-10では、厚生労働省はG93.3と示したものの、後に総務省はF48.0と認識していることが判明し、現在厚生労働省と総務省が検討中である。

参考:ウィキペディア

原因がわからないのだから、診断方法も治療方法も実際はあんまりよくわかってなくて、厚生労働省も総務省も検討中としかいいようがない状態らしい・・・。

その中でも原因としてよく疑われているのは、こちらの2つ。

ウイルスの感染によるもの
免疫システムの以上によるもの

ただし、ウイルスの感染によるものに関しては、これまでにいろいろな感染物質候補を調べてきたものの、原因ではないことが示されています。MSDマニュアルにはこのように記載されていました。

一部の研究では、慢性疲労症候群の可能性のある原因として、エプスタイン-バー(EB)ウイルス、ライム病を引き起こすウイルス、サイトメガロウイルス、カンジダ(真菌)による感染が示唆されていました。しかし、現在の研究では、このような感染は原因ではないことが示唆されています。加えて、他の感染症(例えば風疹ウイルス、ヘルペスウイルス、ヒト免疫不全ウイルス[HIV]によるもの)がこの症候群に関連していることを示す証拠も存在しません。

参考:https://www.msdmanuals.com/

慢性疲労症候群の症状

慢性疲労症候群が発症してしまうと、どうなるのでしょうか?慢性疲労症候群の症状としてとにかく大きいのは、疲労です。

ウイルス感染症様の症状が出ることなしに疲労が現れ始めます。そのほかに、集中力の低下、不眠、のどの痛み、頭痛、関節痛、筋肉痛、腹痛などの症状が現れることもあります。抑うつがよくみられます。特に症状が重度であるか、悪化しつつあるときにその傾向があります。症状には、関連疾患である線維筋痛症と重なる部分がしばしばみられます( 線維筋痛症)。

参考:https://www.msdmanuals.com/

こわいですねー。

慢性疲労症候群のチェック法

慢性疲労症候群の場合は、絶対にこうなる!といったような特別なチェック項目はないようです。

でも、もしかしたら疲れすぎかも?慢性疲労の状態かも?ということをチェックするために、いろいろなサイトが疲労度チェックを発表しているので、これらの項目にあるような内容をチェックしておくのは必要かもしれません。

以下は文部科学省『生活者ニーズ対応研究』 に書かれていた「自己診断疲労度チェックリスト」の項目です。

微熱がある
思考力が低下している
疲れた感じ、だるい感じがある
よく眠れない
ちょっとした運動や作業でもすごく疲れる
ゆううつな気分になる
筋肉痛がある
自分の体調に不安がある
働く意欲がおきないちょっとしたことが思い出せない
このごろ体に力が入らない
リンパ節が腫れている
まぶしくて目がくらむことがある
頭痛、頭重感がある
ぼーっとすることがある
一晩寝ても疲れがとれない
集中力が低下している
のどの痛みがある
どうしても寝すぎてしまう
関節が痛む

参考:http://www.wakunaga.co.jp/health/fatigue.html

微熱とか、リンパとか、関節とか・・・やっぱり人間が持つ恒常性維持機能に何かしらの異変が起こっているのかも・・・。

恒常性維持機能に関係があるなら、やっぱり腸内環境や腸内細菌との関係も疑わざるをえないのです。

慢性疲労症候群と腸内環境の関係

まだはっきりとした原因がわかっていない慢性疲労症候群ですが、最近腸内環境との関係が示唆されるようになってきています。

アメリカ合衆国ニューヨーク州にあるコーネル大学では、慢性疲労症候群の患者さん48人と患者ではない健常者を39人を集めて、その違いを研究したそうです。

そしたら明らかに健常者はこの菌が多い傾向にあるのに、患者さんたちはこの菌が少ないなど、腸内細菌叢の違いがあることがわかってきたとのこと。

大事なのは菌の多様性

最終的な結論として、「患者群では腸内細菌叢の多様性が低い」ということがはっきりしました。

糞便中細菌叢の網羅的な遺伝子データを用いた系統的な多様性解析において、患者群の多様性は健常者群に比べて有意に低い結果となりました。また、多様性評価の手法を用いて、菌叢を構成する菌種数の指標となる操作的分類単位(OTU)から評価できる種数、細菌叢の均一さおよび豊かさについての指数を算出したところ、同様に患者群の細菌叢の多様性が有意に低いという結果でした。

参考:https://lab.mykinso.com/kenkyu/180227/

「腸内細菌叢の多様性が低い」というのは、「おなかの中で飼ってる菌の種類が少ない」ということです。

やはり、ここでもキーワードとなるのは、「腸内細菌叢の多様性」!
最近の研究結果では、この「腸内細菌叢の多様性」の重要性が示されるものがとても多いですね。

腸内細菌叢の多様性については、以前こちらの記事にも書いてみたので、ご興味がある方は読んでみてください。

 
そして、もう少しだけ深堀すると、慢性疲労症候群にかかっていない人たちは、やっぱりビフィズス菌が多いことがわかりました。やるなー、。笑 いつもいいことにでてくるなー。笑

健常者群では、患者群とは一致しない、主にファーミキューテス門に属する18属が豊富でした。例えば、ルミノコッカス科、ビフィドバクテリウム科(Bifidobacteriaceae)のフィーカリバクテリウム属(Faecalibacterium)およびビフィドバクテリウム()属(Bifidobacterium)などが有意に多い特徴的な菌でした。

参考:https://lab.mykinso.com/kenkyu/180227/

慢性疲労症候群とは?まとめ

慢性疲労症候群は、2016年に疾患として正式に分類された新しい病気です。

その症状は、原因不明の強い疲労が長期間(一般的に6ヶ月以上)継続し、熱がでたり、筋肉痛のような痛みが治らなかったり、リンパが腫れたりと、個人差も大きい病気です。

日本では精神疾患ではないかと思われていましたが、原因はまだわかっておらず、過去にはウイルス性の病気なのでは?免疫異常なのでは?といわれてきました。

アメリカ合衆国ニューヨーク州にあるコーネル大学で、慢性疲労症候群にかかってしまった患者さんと一般の健常者の腸内環境を比べてみると、明確な違いがあることがわかりました。

それが、腸内細菌叢の多様性です。

慢性疲労症候群にかかってしまった患者さんは、腸内細菌叢の多様性が低く、一般の人よりも飼っている腸内細菌の種類が少ないことがわかりました。

特にね、ビフィズス菌が多かったとの結果が出ています。

その他、ファーミキューテス門に属する18属が豊富っていう結果もでているのですが、個人的には意外な結果!ファーミキューテス門が多いとバクテロイデス門であるヤセ菌たちの割合が減ってしまうということだから。

特にルミノコッカス属は、増えすぎると脂質や糖質を溜め込み、糖尿病や心筋梗塞などの原因になる可能性があるとも言われながら、慢性疲労症候群にはかかりにくくしてくれるという状況があるのかもしれません。

こう考えても、やっぱりもういい菌、悪い菌という考え方ですべてを振り分けるのは無理があるよな。笑

とにかく、私たちが気にするべきことは菌の多様性!たくさんの種類の菌を飼うことが重要なのです。それがまわりまわって、やせすぎ太りすぎを防ぎ、病気を防ぎ、老化を防いでくれるの。

いろんなものを食べて、腸内環境を整えながら腸内細菌叢の多様性を高める努力をしたいですね。

そうそう、疲労感がヤバいとなったら、腸内細菌叢も気にしてあげることもきっと役立つと思います。(ひどいときはもちろん病院にいって、みてもらってね)

みなさんの腸活の参考になれば幸いです♪

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

本サイトの編集長|元おデブの腸活研究家|腸内細菌に救われたことをきっかけに、日本の発酵文化や腸の大切さを伝えるためのコト・モノ・しくみづくりに挑戦中|イライラおデブ→海外逃亡→腸覚醒→元楽天→腸活ドリル準備中|健康経営アドバイザー|発酵ライフ推進協会本校オンライン校長|著:発酵菌早わかりマニュアル|
▼プロフィール詳細はこちら>
▼活動内容詳細はこちら>
▼取材やお仕事のご依頼はこちら>