クローン病の原因菌、発見!?いつも口の中にいる〇〇菌が疑われる理由

スポンサードリンク

大腸や小腸をはじめとする、全身に炎症や潰瘍(粘膜が欠損すること)が起こりえるクローン病。若い人に多く、厚生労働省は、原因不明の難病として指定しています。

今回、このクローン病について慶応大教授の本田賢也氏をはじめとする研究チームが、人間の口内にいる、ある菌が原因かもしれないとの研究結果を発表しました。

いったいどんな菌がクローン病に関係しているのか、クローン病の研究内容についてまとめたいと思います。

クローン病とは?

クローン病とは、消化管のところどころに潰瘍が生じる炎症性腸疾患です。

消化管と言っても、大腸や小腸だけではありません。口腔から肛門までのどこにでも炎症や潰瘍が起こる可能性がある、怖い病気です。

クローン病が怖い理由は、もう一つあります。それはまだ、原因がわかっていないということ。

原因がわかれば、治し方も予防法も検討が付きそうですが、原因不明なので、いろんなケースが考えられてしまいます。

1932年にニューヨークのマウントサイナイ病院の内科医クローン先生らによって限局性回腸炎としてはじめて報告された病気なので、クローン病というそうです。

クローン病の患者さんの数は?

日本のクローン病の患者数は、難病情報センターの特定疾患医療受給者証交付件数を見てみると、徐々に増えていることがわかります。

1976年にはたった128人しかいなかったのに、なんと2013年には39,799人になりました。毎年減ることなく、増え続けています。ただ、アメリカに比べると、人口あたりの患者数は約10分の1であると言われています。

人口10万人あたり27人程度、米国が200人程度ですので、欧米の約10分の1です。

参考:http://www.nanbyou.or.jp/entry/81

クローン病は、約40年前まで日本にはほとんどなかった病気です。食の欧米化が叫ばれる昨今ですが、何か関係があるのでしょうか?

クローン病の患者さんはどんな人に多いの?

クローン病の患者さんは、10歳代~20歳代の若年者に多いことがわかっています。また、男性と女性の比率でいうと、約2:1と男性に多くみられます。

若年層に多い
男性に多い
先進国に多い

このような結果から、一般的には動物性脂肪、タンパク質を多く摂取し、生活水準が高いほどクローン病にかかりやすいと言われています。

スポンサードリンク

クローン病の症状は?

クローン病は、いったいどんな症状なのでしょうか?
実はその症状は、患者さんによってかなり違うと言われています。というのも侵される場所が小腸なのか、大腸なのか、また違う部位なのか、複数の場合もあるので、余計に複雑です。

よくあるのは、腹痛、下痢、体重減少、貧血、そして発熱です。

その他、腸管の合併症や関節炎、虹彩炎、結節性紅斑、肛門部病変などの腸管外の合併症を引き起こす可能性も高いのだとか…発作が起こると治まりますが、完全に回復することは難しいと言われています。

クローン病の原因は?

クローン病の原因は、不明であると言いました。はっきりわかっていないので、いろいろな説があります。

そんな中、本田賢也・慶応大教授率いる慶応大などの研究チームが米科学誌サイエンスに発表したのが、口内細菌の一種である「肺炎桿菌(かんきん)」が原因なのではないかという説です。

肺炎桿菌(かんきん)とは?

肺炎桿菌(かんきん)、別名クレブシエラ・ニューモニエ(Klebsiella pneumoniae)は、名前からも想像できるように、呼吸器感染症などを引き起こす可能性がある常在菌です。

通常の免疫力があればいいのですが、弱っていると、呼吸器感染症や尿路感染症を起こすみたい。お年寄りも気を付けたほうがいい菌ですね。

クレブシエラ・ニューモニエ(Klebsiella pneumoniae)とは、グラム陰性の桿菌で、日本では肺炎桿菌とも呼ばれる。口腔や腸管における常在菌であるが、しばしば呼吸器感染症、尿路感染症などを引き起こす。弱毒菌であるが、菌交代現象を起こし、感染症を引き起こし問題となる。

参考:ウィキペディア

マウス実験にみるクローン病の原因菌

実際に慶応大などの研究チームは、クローン病患者さんの唾液を使って、マウス実験をしました。その内容はこちら。

チームは、クローン病患者の唾液を、無菌状態で育てたマウスの口に入れると、腸内で炎症を引き起こす免疫の細胞が増える例があることを発見した。マウスのふんの細菌を詳しく調べると、普通は口の中にいて腸にはいない「肺炎桿菌(かんきん)」という細菌が腸で増えたのが原因だと分かった。

参考:https://mainichi.jp/articles/20171115/ddm/016/040/041000c

クローン病の原因菌まとめ

日本では約40年前から増え続けているクローン病。アメリカやヨーロッパなどの先進国では、とても多い病気で、まだはっきりとした原因がわかっていない難病です。

今までにも遺伝が起こす病気であることが疑われたり、他の菌の存在が疑われたりしましたが、最新の発表では、どうやら肺炎桿菌(かんきん)が怪しいという結論に至りました。

免疫力って本当に大事。

いろんな原因が考えられてきたクローン病だから、また新たな説が出てくるかもしれないけど・・・早く原因がわかって、予防できる病気になるといいなと願っています。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。