便秘と肌荒れが同時に起こる理由とは?気になる原因は?




去年クラウドファンディングで資金を募り、制作させていただいた腸活カードゲーム「腸内革命」!

実は制作の過程で、迷いつつも攻撃力をいちばん強くしたカードがあるんです。

そのカードとは、「」!

便秘は、便秘だけにとどまらず、体と心にさまざまな不調を招く可能性があるということを知ってほしくて、最強にしました。笑

中でもいちばん多く相談されるのが、便秘に伴う肌荒れです。今回は、便秘と肌荒れが同時に起こる理由をまとめてみました。

便秘と肌荒れが同時に起こる理由

この記事を読んでくださっている方の中にもいらっしゃるのではないでしょうか?

慢性便秘でありながら、肌が汚いことを悩んでいる方が・・・。

この2つは切っても切れない関係にあるのです。

便秘とは?

まずは便秘について、少しおさらいしてみましょう。

便秘とはいったい、どんな状態を指すのか・・・。毎日排便があるから便秘じゃないわ!とお思いの方でも、実は隠れ便秘である可能性も少なくありません。

日本内科学会が示した便秘の定義はこちら。

3日以上排便がない状態、または毎日排便があっても残便感がある状態のこと。

この日本内科科学会の定義によれば、毎日便がでなくても、便秘とはいいません。

3日以上排便がない状態ではじめて便秘。一方で、毎日出ていてもなんかまだお腹にある気がする・・・と思いながらトイレに行く人は、便秘の可能性もあります。

私もときどきあるんですが、「よくこんなにお腹に溜まっていたな―」と思うぐらい出ることがあります。笑

大体その時は、前日に食物繊維や発酵食品がたくさん含まれたおかずを食べているんですね。

ちゃんとその時のことを覚えておいて、毎日出ていたとしても、「今のはちょっと量が少ない・・・便秘ぎみなのかも・・・」と注意して、食物繊維を多めにとるなどの調整をすることは、とても大事であるように思います。

便が腸に溜まっているとどうなるか?

毎日でていてもでなくても、お腹に老廃物が溜まっている状態を便秘といいます。

雑に言うと、お腹の中に生ごみをためた状態なんですね。

生ごみをキッチンに置いたままだとどうなります?

腐敗して、臭いにおいがでたり、黒いカビっぽいものができたり、ぬるぬるしてきたり、想像するだけで、ちょっと「うっ・・・」ってなりますよね。

便秘の状態は、このキッチンの生ごみが腸に置きっぱなしになっていると思ってください。老廃物の中の菌たちが腐敗し、悪玉菌が大量に増えて、有害な物質が発生し、臭いガスがでます。

長い便秘のあとの便がくさいのは、このように腐敗がすすんでるためですし、作られた有害物質は腸壁から水分と一緒に吸収されてしまうので、体中に有害物質が回ってしまうことになるのです。

有害物質がカラダに回るとどうなるか?

有害物質がカラダに回ると、血行が悪くなり、自律神経や内分泌系、そして免疫系の働きが悪くなるといわれています。

人によって、どこに影響が出やすいかは違ってくるように思いますが、血行不良やホルモンバランスを崩すことに関連して、新陳代謝が悪くなり、肌にはりがなくなったり、くすみやにきびができやすくなる方はとても多いです。

また、太りやすくなってしまう方もとても多いです。まさに私がこのタイプでしたが、便秘によって有害物質が体に回ると、代謝がおちて痩せにくくなります。

あまり食べないのに体重が減らない、水を飲んでも太るとおっしゃる方は、腸内環境が乱れていたり、ひどい便秘を抱えている方が多いです。

特にダイエットが便秘を招くことも少なくないので、注意が必要です。

ダイエット中の方は、もともと食べる量が少ないので、食物繊維量も少なくなり、便の量自体も少なくなります。

量が少なすぎると、なかなか腸を刺激できずに便秘になり、やっぱり有害物質を発生させるのですが、食べている量が少ないので思うほど便秘がつらくなく、自分では便秘であることを気がつけない場合もあるそうです。

有害物質がカラダに回ることで、代謝が落ちて痩せにくくなるので、ますます食べられなくなり、小食なのに太るという悲しい状態になります。

便秘と肌荒れを同時に治す方法

肌荒れが起きている時、自然由来の化粧品を使うようにしたり、薬を飲む方もたくさんいらっしゃると思いますが、そもそもカラダの中の老廃物が原因の場合は、外側をいくら変えても、なかなか肌荒れは治りません。

便秘と肌荒れが同時に気になるときは、まず便をカラダの外に出す方法にチャレンジすることが大切です。

シンバイオティクス食品を食べる

シンバイオティクス食品とは、2つのバイオティクスを示しています。

微生物=
微生物のえさ=食物繊維やオリゴ糖

同時にとれる簡単な食べ物としては、やっぱり野菜いっぱいの具沢山お味噌汁でしょうか。わたしは、お味噌汁だけは毎日食べるようにしています。

腸をあたためる

腸が冷えていると、腸内細菌もあまり働かなくなってしまいます。

やっぱり血行不良がいちばん怖いので、湯船につかってカラダを温めたり、軽い運動を習慣にするなどして、筋肉を作る努力や、腸のぜん動運動を促すことを意識しましょう。

腸もみなどもおすすめですよ。

睡眠を見直す

便秘の人に話を聞くと、よくあるのが、忙しすぎてあんまり寝てないというパターンです。

これは本当に危険・・・。睡眠をちゃんととらないと、自律神経のバランスがおかしくなり、腸内細菌が活発に動く時間を作ることができません。

自律神経は、交感神経と副交感神経が常にひっぱりあいをして調節しているのですが、

交感神経=アクセル
副交感神経=ブレーキ

睡眠をとらなかったり、毎日全く違う時間にねているなど不規則すぎると、1日中アクセル踏みっぱなしとか、ブレーキふみっぱなしの状態になり、腸の正常な蠕動運動が期待できなくなってしまうのです。

まとめ

肌荒れと便秘の関係、いかがでしたか?

肌がキレイな人は、腸がキレイとよく言われますが、腸にゴミをためているままだと、さすがに肌がきれいなわけがないと思いませんか?

外から加える美容も時には大事ですが、中からのほうが根本原因をつぶせるので、肌荒れをなおしたかっただけなのに、痩せた!とか、気持ちがかるくなった!とか、いろいろな良い影響が連続して起こります。

体はつながっていますもんね。

ぜひ、今肌荒れと便秘に悩んでいる方は、腸内環境を整えることからはじめてみてください。

The following two tabs change content below.
長谷川ろみ

長谷川ろみ

本サイト「腸内革命」の編集長。元おデブの腸活&発酵life×クリエイター。腸内細菌に救われたことをきっかけに、日本の発酵文化や腸の大切さを伝えるためのコト・モノ・しくみづくりに挑戦中。

「自分の周りの人の腸内環境をアップデートする」ことが目標♪

▼プロフィール詳細はコチラ
▼活動内容詳細はコチラ
▼取材やお仕事の依頼はコチラ
▼instagramはコチラ
▼noteもはじめましたコチラからどうぞ

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

本サイトは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。