表皮ブドウ球菌を増やすには?美肌菌を育てて肌トラブルを防ぐ方法




工藤孝文先生
この記事の監修ドクター:工藤内科副院長 工藤孝文先生 詳しくはこちら

すぐに肌トラブルに見舞われる人、いませんか?

ニキビができたり、それがひどくなって膿んだり、乾燥したり、ざらざらになったりと肌が不安定なのは、肌に住む常在菌とあまり仲良くできていない証拠です。

なぜなら、私たちの肌のバランスを整えてくれているのはまぎれもなく「皮膚常在菌」。その中でも、美肌菌と呼ばれることも多い「表皮ブドウ球菌」は、私たちの肌にとってとても大切です。

今回は表皮ブドウ球菌を増やすにはどうしたらいいのか?もしくは、なにをしちゃいけないのか?肌のバランスを整える方法をまとめてみました。

表皮ブドウ球菌とは?

私たちの体にはたくさんの常在菌がいます。腸活に大事な腸内細菌はもちろんのこと、肌の表皮にも皮膚常在菌と呼ばれる菌が住んでいます。

この菌たちがお肌を守ってくれるため、私たちはうるおいとハリに満ちた肌を保てています。

しかしこの皮膚常在菌たちとちゃんとコミュニケーションが取れていないと、乾燥や刺激に耐えかねて、ぼろぼろのお肌になってしまうのです。

皮膚常在菌と肌フローラ

人の肌には常に7~10種類の菌がいます。この菌のバランスがつるつる肌とガサガサ肌を分ける理由の1つ。腸にある腸内フローラと同じように、肌には肌フローラがあるのです。

皮膚常在菌にも、人間にとってよいことをしてくれる菌(=善玉菌)と悪いことをする菌(=悪玉菌)がいます。

美肌菌とも呼ばれる表皮ブドウ球菌

通称美肌菌とも呼ばれる表皮ブドウ球菌は、私たちの肌のうるおいを保つためにとても大事な菌です。

表皮ブドウ球菌は、私たちの皮脂などをえさにして、グリセリンや脂肪酸を作る役割があります。

保湿力のあるグリセリンを作る。
抗菌ペプチドを作る。

抗菌ペプチドは、悪玉菌が増殖しにくい環境を作ってくれるため、肌の安定に役立ちます。

東京医療保険大学のコラムにはこのような説明がありました。

表皮ブドウ球菌(Staphylococcus epidermidis)です。表皮ブドウ球菌は汗(アルカリ性)や皮脂を餌にグリセリンや脂肪酸を作り出します。脂肪酸は肌を弱酸性に保ち抗菌ペプチドを作り出すことで、黄色ブドウ球菌の増殖を防ぎます。表皮ブドウ球菌が出すグリセリンは、皮膚のバリア機能を保つ役割があります。

スポンサードリンク

参考:http://www.thcu.ac.jp/research/column/detail.html?id=110

肌のPHを調整するアクネ菌

アクネ菌は人間にとってはうれしいような、つらいようなどっちつかずの日和見菌です。

というのも普段は肌を弱酸性に保ち、健康な状態にしてくれるとても重要な菌なのですが、増えすぎるとニキビの原因になることも知られています。

肌をあれさせる?黄色ブドウ球菌

アトピー肌に存在する黄色ブドウ球菌は、いわゆる肌の悪玉菌の1つです。といっても健康な肌の状態であれば悪さをすることはありません。

肌がアルカリ性に傾いたとき、増殖して皮膚炎などを起こすことがあります。常に肌フローラのバランスを整えて、弱酸性にしておけば、このような肌トラブルを減らすことができます。

悪い菌だからと言って、全部殺そうとするのは本末転倒。結局腸内フローラも肌フローラもバランスがとても大事なのです。

表皮ブドウ球菌を増やす方法

美肌菌とも呼ばれる表皮ブドウ球菌をいつも一定量保っておくためには、どんなことをすればよいのでしょうか?

実は、あまりなにもしないほうがいい…というのが、よくお医者さまがおっしゃる見解です。過度な保湿、過度な化粧品や美容液の使用、過度な洗顔は、私たちの肌フローラのうるおいを奪い、バリアを壊してしまう可能性が高くなります。

また運動不足や睡眠不足、ストレスも肌には大敵で、やはり腸内フローラと似たところがあることがわかります。体の循環を整えておかないと、代謝が悪くなり、肌フローラに栄養がいかないので、美肌菌である表皮ブドウ球菌もえさ不足におちいるのです。

石鹸を使った洗顔は1日1回、あとは水洗いにしてみるというのもよい方法なのだそう。気になる方はためしてみてくださいね。

表皮ブドウ球菌を増やす方法まとめ

表皮ブドウ球菌だけを必死に増やすのではなく、私たちの肌フローラを常に安定させるという意識が必要であることがわかりました。

悪玉菌に分類される黄色ブドウ球菌や、日和見菌に分類されるアクネ菌も、肌フローラの状態がよければ、悪さをすることはないのです。

大切なのはケアしすぎないこと。

・洗顔しすぎない
・化粧品を何重にも使いすぎない
・過度に保湿しすぎない
・運動不足/睡眠不足/ストレスに注意

この4つに気を付けて、肌フローラ、皮膚常在菌もいたわりましょう♪

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

本サイトの編集長。元おデブの腸活研究家。小学生にして重度の便秘+肥満体でしたが、「腸活」により数十キロのダイエットに成功しました!現在も自分のカラダで人体実験中! 「自分の周りの人の腸内環境をアップデートして、100歳まで遊んでくれる仲間を作る」ことを目標に、腸活の情報発信やしくみづくりに挑戦しています♪ ▼プロフィール詳細はコチラ ▼活動内容詳細はコチラ ▼取材やお仕事の依頼はコチラ ▼instagramはコチラ ▼腸内革命ラジオ(Youtube)はコチラ

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

本サイトは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。