インフルエンザ2017、新予防法!ユーグレナの注目効果とは?

スポンサードリンク

12月から急激に増えるインフルエンザ患者数・・・そろそろ来ますよ?準備はOK?

日ごろから発酵食品を食べたり、バランスの良い食事を心がけている方は、免疫力にも自信があるかもしれませんが、私の周りの普通のサラリーマンの方々はそわそわしています。笑 11月にインフルエンザの予防接種を受ける方も多いようですね。

今回はこれからインフルエンザ対策を使用としている方におすすめのユーグレナについて、その免疫力UP効果をまとめてみました!

2017年のインフルエンザの傾向

東京都感染症情報センターの定点医療機関当たり患者報告数によると、11月4日時点では、またほとんど患者報告数はありません。

でもね、油断は禁物。例年インフルエンザ報告数が急に増えるのは12月と1月。気をつけましょうね。

2017年のインフルエンザの問題点

今年のインフルエンザ予防には少し問題点が…。なんとワクチンの供給が遅れているんですって。

ワクチンは例年、厚生労働省などが種類を決めているが、今年は使用する「株」が製造過程で変更となり、各メーカーの製造開始が遅れていた。東京保険医協会の最新の調査では、65%の医師がインフルエンザワクチンが足りないと回答している。

参考:テレ朝News

ワクチン不足で11月から準備ができないとなると、インフルエンザの予防接種を受ける予定の方は心配ですよね。そんな時は、自分の免疫力を信じるとともに、免疫力アップ方法をためしてみましょう。

一般的なインフルエンザの予防法

まずは一般的なインフルエンザの予防法をおさらいしてみましょう。

マスクをする
手洗い・うがいをする
アルコール消毒する
水をたくさん飲む
カラダをあたためる
湿度をきちんと管理する
アルコールは飲みすぎない
糖分はとりすぎない
乳酸菌をとる
発酵食品をとる
食物繊維をとる

特に最後の3つは、腸内環境を整えることで、免疫力のUPをねらっった方法です。

インフルエンザは、インフルエンザウイルスを病原体とする急性の呼吸器感染症です。だからインフルエンザウイルスと闘える免疫力をつけることがとても大事。

インフルエンザウイルスに感染すると、ヒトの身体は、免疫伝達物質のサイトカインの働きによって免疫細胞を活性化し、ウイルスを体内から排除しようとします。

▼一般的なインフルエンザウイルス撃退の流れ
インフルエンザウイルスが体内に入る

免疫伝達物質のサイトカインが、免疫細胞を活性化する

インフルエンザウイルスを撃退する

だから、免疫力を高めることがとても大事なのです。

最新!ユーグレナでインフルエンザ撃退の理由

免疫力を高めるための新食材として、今回注目するのは「微細藻類ユーグレナ(ミドリムシ)」です。

ユーグレナとは?

ユーグレナとは、いったいどんな生物なのでしょうか?

淡水ではごく普通に見られる生物である。止水、特に浅いたまり水に多く、春から夏にかけて水田ではごく頻繁に発生する。水温が上がるなどして生育に適さない環境条件になると、細胞が丸くなってシスト様の状態となり、水面が緑色の粉を吹いたように見える。

参考:ウィキペディア

ユーグレナの健康効果

ユーグレナは栄養価がたっぷりあるだけでなく、様々な健康効果が注目されている植物です。

・コレステロール減少
・基礎代謝アップ
・便秘予防
・リウマチ症状の緩和
・アトピー性皮膚炎の緩和
・花粉症の緩和 などなど

よく見ると、花粉症やアトピーなど免疫系の異常への効果がすごそうです。

ユーグレナの免疫力アップの根拠データ

東京都港区に本社を置くバイオベンチャーの株式会社ユーグレナという会社をご存じですか?
この会社は、ミドリムシの開発や研究を手掛け、たくさんのユーグレナを利用した食品を販売しています。

株式会社ユーグレナのホームページにはこのようなプレスリリースが発表されました。

スポンサードリンク
インフルエンザウイルスに感染したマウスにユーグレナ粉末もしくはパラミロンを経口摂取させると生存率が有意に向上するとともに、肺の中のインフルエンザウイルス数が減少することを報告しています(2015年2月9日)

参考:http://www.euglena.jp/news/20171101-2/

ユーグレナに含まれているパラミロンという物質は、カビ菌と分子構造がそっくりです。
そのため、ユーグレナを食べると、免疫細胞は敵が来たとみなし、活性化するのだとか。その活性化によって、免疫力が高まると言われています。

ミドリムシファミリーさんのホームページには、パラミロンについてこのような説明がありました。

パラミロンとは、β-グルカンの一種です。

β-グルカンは多糖類として、抗がん作用を始めコレステロールの調節や免疫力の強化などが期待されています。

パラミロンは三重螺旋構造をしており、そこには多数の穴が空いている多孔質でもあります。

イメージとしては、食物繊維と備長炭を掛け合わせたような物質ということです。

参考:https://midorimushi-family.jp/blog/2014/04/1588.html

でました!β-グルカン!!
β-グルカンは食物繊維の一種で、この腸活じんべーに来てくださる方は、何度も目にしているかもしれません。

食物繊維の中でも、腸内細菌たちのエサとして働いてくれる水溶性食物繊維の一種なので、腸内環境を整える働きをしてくれます。

それが結果的に、抗ガン作用や免疫力の強化につながるのはとても納得しやすい話ですね。

インフルエンザの最新予防法はミドリムシ?!まとめ

毎年12月から急激に増えるインフルエンザの感染者。インフルエンザ予防対策は、そろそろ始めるべきかもしれません。

インフルエンザ対策としては、カラダを温めることや水をたくさん摂ること、バランスの良い食事や、食物繊維や発酵食品を多めにとって腸内環境を整え、免疫力を上げておくことがとても大事です。

そして2017年、新しく免疫力アップに効果的なスーパーフードとして、おススメなのがユーグレナ(ミドリムシ)です。

株式会社ユーグレナの研究結果によると、ユーグレナ(ミドリムシ)にはインフルエンザ予防効果があることがわかっています。

その大きな原因は、ユーグレナに含まれるパラミロン!
パラミロンはβグルカンと呼ばれる水溶性食物繊維の一種で、私たち人間の免疫力アップに効果を発揮してくれるのだそう。

普段の食生活や生活習慣はもちろん大事ですが、あらたなインフルエンザ対策が気になる方は、ぜひユーグレナ(ミドリムシ)が入った食品もためしてみてくださいね。

▼ユーグレナのサプリメント。パッケージがかわいい。

ユーグレナ ミドリムシのちから サプリメント 200粒入り
ユーグレナ
売り上げランキング: 1,648

▼ユーグレナの緑汁。青汁のような感覚で飲めそうです。

ユーグレナ・ファームの緑汁
ユーグレナ
売り上げランキング: 6,445
The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。