カスピ海ヨーグルトの粘り成分の秘密!効果効能や味にも大きく影響してたぞ!




工藤孝文先生
この記事の監修ドクター:工藤内科副院長 工藤孝文先生 詳しくはこちら

カスピ海ヨーグルトって、みなさん好きですか?

普通のヨーグルトに比べると、まったりとろとろしてて、濃厚ですごくおいしい!と感じる方も多いのでは?

私もカスピ海ヨーグルトは好きで良く食べます。でも、そのおいしさだけじゃなく、効果効能も少し気になっているからなんだよね。

今回は、カスピ海ヨーグルトに含まれるクレモリス菌が作っている粘り成分の効果効能、正体についてまとめてみました!

「カスピ海ヨーグルト」とは?

「カスピ海ヨーグルト」は、ヨーロッパ東部のコーカサス地方で食べられているヨーグルトです。

日本に伝わった方法がちょっと面白いの。

疫学研究をしていた京都大学名誉教授の家森幸男さんが、長寿地域として知られている「コーカサス地方」に出向き、そこで持ち帰った菌をつかって、自宅でヨーグルトを作ったのがはじまりだといわれています。

WHO(世界保健機関)のプロジェクトに参加した家森博士は、1986年に世界屈指の長寿地域であるカスピ海付近のコカーサス地方を訪れました。100歳以上の元気なお年寄りが暮らす村々で食べられていたのは自家製ヨーグルトでした。家森博士は研究のためにそのヨーグルトを日本へ持ち帰りました。そのヨーグルトは常温で植え継ぎできることから人づてに広まり、現在の「カスピ海ヨーグルト」が誕生したのです。

参考:http://cremoris.fujicco.co.jp/cremoris/

「カスピ海ヨーグルト」の味

とにかく味にとても特徴があるので、食べたことがない方は一度「カスピ海ヨーグルト」を食べてみることをおすすめします。

食感はとろっとしていて、粘り気があり、なめらかな印象を持っている方が多いと思います。

もう一つ、酸味が少ないのも特徴です。ヨーグルトの酸味が苦手な人も多いから、そういう方ぜひ食べてもらいたいかも!ヨーグルトが食べられるようになるかもしれません。

あと、ダイエット時にもおすすめ!とろっとしているので、ちょっとの量でもおなか一杯になり、ダイエットに使えるといっている人がいました。たしかに、お腹にちゃんとたまる気がします。

品質がよいせいか、ちょっとお値段が高くなりがちなのがたまにきず。
たまの贅沢デザートとして、ぜひ「カスピ海ヨーグルト」もたべてみてください。

「カスピ海ヨーグルト」の乳酸菌

「カスピ海ヨーグルト」が、とてももっちりしていて、なめらかなのには理由があります。
何がいちばん大きな理由かというと、入っている乳酸菌のおかげなんです。

「カスピ海ヨーグルト」の乳酸菌、いったいどんな菌なのでしょうか?
ウィキペディアでみてみると・・・

乳酸菌のラクトコッカス属クレモリスと酢酸菌のアセトバクターの2種類でこのヨーグルトの特性が保たれやすいことが分かっている。

参考:ウィキペディア

いわゆるクレモリス菌と呼ばれる乳酸菌とアセトバクター菌と呼ばれる酢酸菌が入っていることがわかりました。

特に「カスピ海ヨーグルト」がまったりとなめらかなのは、このうちのクレモリス菌が関係しているといわれています。

クレモリス菌は、生きて人間の腸内に届き、プロバイオティクスとして働くと考えられている、人間にとってうれしい乳酸菌です。また、びっくりする特徴があって、ヨーグルト特有の粘りを生み出す菌体外多糖(EPS:Exopolysaccharide)を作ってくれることがわかっています。

この菌体外多糖(EPS:Exopolysaccharide)が、ねばりの正体です。

スポンサードリンク

粘り成分の正体とは?

菌体外多糖(EPS:Exopolysaccharide)って、いったいどんな成分なんでしょうね?
糖の仲間であることはわかるけど、この粘り成分EPSは、他の乳酸菌で作れる子はあまりいないんです。

「粘り成分EPSを作れる」というのが、クレモリス菌の大きな特徴です。

この粘り成分EPSは、いったいなにか・・・。じつはこの「「粘り成分EPS」には、人間にとってうれしい様々な効果があることがわかっているんです。カスピ海ヨーグルト研究会のホームページにはその実験結果が詳しく掲載されていました。その一部を抜粋してみると・・・

粘り成分(EPS)は免疫細胞を活性化して、サイトカインとよばれる生理活性物質の生成を誘導する作用があることがわかりました。

粘り成分(EPS)を含む画分を摂取させたマウスでは、過密ストレスによって起きる肌機能の改善効果が見られました。

カスピ海ヨーグルトに含まれる粘り成分(EPS)は、ヒトの消化液で分解されませんので、食物繊維のようにはたらくことで血糖値の上昇がゆるやかになる可能性が考えられました。

参考:http://www.caspikai.net/caspikai/wellness/eps.html

血糖値を緩やかにしたり、肌がきれいになったり、免疫力があがったり・・・人間の健康や美容にとってうれしい効果があることがわかってきたんです。

「カスピ海ヨーグルト」の効果効能

まずはさっくりと、ウィキペディアで「カスピ海ヨーグルト」の効果効能を確認してみましょう。

クレモリス菌は、生きて人間の腸内に届き、プロバイオティクスとして働くと考えられている。さらに、ヨーグルト特有の粘りを生み出す菌体外多糖(EPS:Exopolysaccharide)を産生することで、腸管内の状態に良い影響を与えているのではと考えられている。

その他、整腸作用、ストレスによる肝機能の低下やアトピー性皮膚炎の抑制、免疫賦活作用、血中コレステロール値の改善、や血糖値上昇抑制作用など、様々な健康効果が報告されている。

参考:ウィキペディア

すごいですねーーー!いろんな効果がある!!

整腸作用があることで、便秘が改善され、全体的に身体の循環を良くしてくれることは予想できますが、免疫賦活作用やコレステローや血糖値の上昇を抑える作用まであるなんて。

なんかお得な菌だなぁ。笑

血糖値をゆるやかに上げてくれる効果は特に注目されていて、糖尿病やメタボなどの生活習慣病を予防することができるヨーグルトの1つとしても「カスピ海ヨーグルト」は有名です。

「カスピ海ヨーグルト」の効果効能まとめ

「カスピ海ヨーグルト」、なんとなく高いヨーグルトだなあ、高級な牛乳で作っているのかな?などと思っていた方もいらっしゃると思うのですが、そうではありませんでした。

「カスピ海ヨーグルト」は、その中に含まれる乳酸菌に大きな秘密があります。
乳酸菌の名前はクレモリス菌。

クレモリス菌が発酵の過程で作ってくれる粘り成分(EPS)が私たちのカラダを健康的に美しくしてくれます。

具体的には、

血糖値の上昇を抑える
免疫力をアップさせる
便秘改善を促す

などなど、特にダイエット中の方や生活習慣病の予防が気になっている方にとっては、使えるヨーグルトなのではないでしょうか?

もし「カスピ海ヨーグルト」を食べたことがない方がいたら、この機会にたべてみてくださいね♪

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活クリエイター&本サイトの編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。 ▼プロフィール詳細はコチラ ▼活動内容詳細はコチラ ▼取材やお仕事の依頼はコチラ ▼instagramはコチラ ▼腸内革命ラジオ(Youtube)はコチラ

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

本サイトは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。