健康アイスが増えている?!ダイエットやアンチエイジングにいいアイスとは?




工藤孝文先生
この記事の監修ドクター:工藤内科副院長 工藤孝文先生 詳しくはこちら

アイスといえばおいしいけど、高カロリー。糖分だけでなく脂肪も多いので、ダイエットや健康維持には向かないおやつというイメージでした。

でも最近は、健康を意識した新アイスがたくさん発売されています。
例えば江崎グリコさんは、来シーズンの方針として「健康価値をプラス」することを掲げているとか!

さて、健康アイスとはいったいどんなアイスなのでしょうか?具体例とともに健康の理由をまとめてみました。

なぜ健康アイスが増えているのか?

最近健康アイスが増えています。

でも実はアイスだけが特別なわけではなく、チョコやグミなどのお菓子も乳酸菌を入れてみたり、コラーゲンを入れてみたり、おやつ業界が激変しています。

アイスは健康にいい?

その激変期とともに、実はアイスは健康にいいんだよ~という研究結果が発表されたりと、これまで毒同然な扱いを受けてきたアイスが見直され始めているんです。

じつは以前、「ピノ」で知られる森永乳業と、杏林大学医学部の古賀良彦さんが、「アイスが脳に与える影響」に関して実験をおこなっています。なんと、その実験結果によれば、アイスは脳を活性化させて、リラックスできたり、頭の回転が速くなったり、朝の目覚めがよくなるというんです。

参考:https://macaro-ni.jp/31167

ね、案外アイスって悪くないじゃんという研究結果がちらほら…

アイスの添加物

とはいえ、アイスは添加物も多く入っているイメージがありますよね?

特に販売されているアイスの中でもかなり多い「ラクトアイス」に分類されるアイスは、健康面からよくない意味で注目されてしまうことが多いよう。

ラクトアイスは牛乳が少なく、その代わりに油が多く含まれるといわれています。あんまり評判の良くないトランス脂肪酸が多いとされますね。

アメリカではトランス脂肪酸は2018年6月までに完全撤廃が決まっています。

とはいえ、同じアイスでもその成分は全く違うし、食べたいものを食べることこそ、ストレスがないという意味で健康に近づける気もしますね。

朝アイスが体にいい?

朝アイスという言葉、きいたことありますか?
アイスはビタミンミネラルが含んでいるので、朝食と置き換えて食べるのに向いているという話。

朝アイスクリームダイエットをおこなうには、アイス選びが肝心です。カロリーが低ければよいのではなく、乳脂肪分が高いアイスを選ぶようにしましょう。乳脂肪というと、単に「高カロリー」というイメージがありますが、じつはビタミン類やミネラル類を多く含んでいて、朝食の置き換えに向いているからです。

参考:https://macaro-ni.jp/31167

今はまだちょっと疑問なところもなくはないけど、こういう健康志向のアイス消費が増えていることで、健康アイスの革命が起きつつあるのかもしれません。

健康アイスリスト

ここからは健康アイスに属するアイスたちを少しまとめてみましょう。本当にどんどん健康アイス分野は拡大しているんです!笑

低カロリーアイス

最近とても多いのが1食分のカロリーが100kcal以下の低カロリーアイスです。
味はもちろんそのままで、若干パックの大きさが小さく感じるものの、100kcal以下に抑えてくれているのがうれしいところ。

モノによっては牛乳の代わりに豆乳を使用したり、砂糖を不使用にしたり、食物繊維を入れたりと、腸にもよさげな工夫をしています。

乳酸菌入りアイス

森永乳業が保有する数千株の中から選ばれた「シールド乳酸菌M1」
このサイトでもたびたび紹介しているのでご存知の方も多いと思います。

このシールド乳酸菌は、死菌でもおなかの免疫細胞に働いて、免疫力を高めることがわかっています。
死んでしまった菌でも大丈夫なので、さまざまな製品(加工品)にも添加しやすく、いろいろな商品が生まれています。

ということは、アイスにも乳酸菌が入れられるというわけです♪

例えば名古屋を拠点とする医師、大学教授などを中心としたNPO法人「健康な脳つくり」さんは、アイスメーカーと共同で「シールド乳酸菌M1」を加えたアイスを開発しました。

100g中に150億個のシールド乳酸菌M1 。非常に多くの乳酸菌が入っていますが酸味を抑え、さわやかな甘さと口どけの良い風味豊かな味わいのアイスミルクです。

いつまでも健康でいたいから、腸と脳にやさしい乳酸菌入りアイスミルクをお試しください。

参考:http://www.ice-tengoku.com/syohin/nyu001.html

乳酸菌入りアイスも一度たべてみたいですね!

健康アイスまとめ

乳酸菌ブームや健康ブーム、または朝アイスの普及などによって、健康アイスがどんどん開発されています。

アイスはおいしくて、ほかのお菓子はやめられてもアイスだけはやめられないという方も多いように思います。無理して我慢するとストレスになるかもしれないので、そんな時は自分へのご褒美として、健康アイスを選んでみてはいかがでしょうか?

健康アイスだから大丈夫と食べ過ぎては元も子もないですが、ダイエットの息抜きやちょっとしたご褒美にはうってつけかもしれません。

参考にしてみてくださいね。

工藤孝文先生
この記事の監修ドクター:工藤内科副院長 工藤孝文先生 詳しくはこちら
The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

本サイト「腸内革命」の編集長。元おデブの腸活研究家。小学生にして重度の便秘+肥満体でしたが、「腸活」により数十キロのダイエットに成功しました!現在も自分のカラダで人体実験中!

「自分の周りの人の腸内環境をアップデートして、元気でポジティブな仲間を作る」ことを目標に、腸活の情報発信やしくみづくりに挑戦しています♪

▼プロフィール詳細はコチラ
▼活動内容詳細はコチラ
▼取材やお仕事の依頼はコチラ
▼instagramはコチラ
▼腸内革命ラジオ(Youtube)はコチラ

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

本サイトは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。