コンブチャVSコンブ水!ダイエットするなら効果はどっちがよい?

スポンサードリンク

NHKあさイチで紹介されたことがある、注目のコンブ水、みなさんは知っていますか?

実はね、名前は似てても「コンブチャ」と「コンブ水」は全くの別物です。笑
お茶をお水にすればいいとか、そういう問題ではないの。
 
今日はそんなコンブチャとコンブ水の違いやダイエット効果についてまとめてみました。

 

 

似て非なる「コンブチャ」と「コンブ水」

名前はすごく似ている「コンブチャ」と「コンブ水」。でも、正直全くの別物です。「コンブチャ」の「コンブ」は「昆布」じゃないから、当たり前か!笑
 
ということで、「コンブチャ」と「コンブ水」をもう一度おさらいしてみましょう。

 

 

コンブチャとは?

コンブチャとはモンゴルやロシアで飲まれている伝統的な発酵飲料です。
実は、日本でも昭和40年代~50年代に流行っているの。その時は「紅茶キノコ」という名前でした。
 
「キノコ」と付いているのには理由があります。
 
紅茶と砂糖と、その砂糖をエサに育つ産膜性酢酸菌が発酵すると、マッシュルームのような見た目のセルロースゲルができることから、「紅茶キノコ」と呼ばれるようになったんだって。
 
紅茶キノコについてはウィキペディアにこんな説明がありました。
 

東モンゴル原産で後にシベリアでよく飲まれるようになった発酵飲料[1]。紅茶、もしくは緑茶に砂糖を加え、そこに培地で栽培されたキノコにも見えるゲル状の塊を12日から14日ほど漬け込む事で発酵させる。
参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%85%E8%8C%B6%E3%82%AD%E3%83%8E%E3%82%B3

 
最近は、アメリカなどでブームとなり、再度日本にも入ってきたような感じです。「紅茶キノコ」とは呼ばず、「コンブチャ」や「Kombucha」と英語表記されているものが多いですね。
 

コンブ水とは?

一方コンブ水はというと・・・実は発酵飲料ではありません。
いわゆるだしをとるために使うことが多い「昆布」を細かくきざんで、そこに水を入れて3時間程度置いた、ある意味「だし汁」の一種が「コンブ水」です。
 
そのまま飲んでもいいのだけど、お料理に使うとお料理が一段と美味しくなると言われています。
 

スポンサードリンク

ダイエット効果の違い

全く違うものなので当たり前なのだけど、「コンブチャ」と「コンブ水」には全く違うダイエット効果が表れているようです。この違いをチェックしてみましょう!
 

「コンブチャ」のダイエット効果

日本で最初にブームになった1975年、家庭で作ることができる発酵飲料ということで、漢方薬のような効果を期待して飲んでいた方も多いようなのですが、科学的な根拠は示されず、安全性が心配されて、ブームは去ってしまったようです。
 
その反省を生かして?なのか、今のブーム再来では、家庭で作るというよりも、お店で買うお茶のようなイメージが定着しました。そのため、その栄養素もメーカーによって全くちがうんだよねー。。。
 
だからはっきり言って・・・>「コンブチャ」のダイエット効果はわからない!笑
(メーカーによって成分が違うので、入っている成分による)
 
今では昔の「紅茶キノコ」のように単純ではなく、乳酸菌を足したり、酵母菌を足したり、オリゴ糖を足したり、酵素を足したり・・・デトックスに良いとされる成分を加えているのが一般的なようです。
 

「コンブ水」のダイエット効果

コンブチャに比べると「コンブ水」はシンプルです。昆布の栄養素が水に溶けだしているだけだから!笑
 

コンブには、アルギン酸やフコイダン、フコキサンチン、ビタミンB群、ミネラルなどが豊富に含まれ、免疫細胞を活性化する働きがあるため、コンブ水を飲むことによりさまざまな病気の予防や老化防止に効果があるとさせています。
参考:http://kenkoukaiketsu.com/archives/127

 
ダイエット効果だけというよりも、健康全般に効果があると言っても過言ではないぐらいいろいろな効果が期待できそうです。
 
アルギン酸は水溶性の食物繊維で、便秘改善やデトックスによいですし、フコイダンは免疫力を強化してくれます。ダイエット効果という意味で注目なのは、フコキサンチンです。
 

フコキサンチンには、メタボリックシンドロームの予防にも効果があることがわかっています。白色脂肪組織は過剰に摂取したエネルギーを脂質として溜めこむ働きがあります。一方褐色脂肪組織は脂肪を分解し、熱を発生することで体温の保持と余分なエネルギーを消費する働きがあります。
 
2005年に行われた研究では、ワカメから抽出した油をラットやマウスに投与すると白色脂肪が減少したという結果が出ています。
 
参考:http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/fucoxanthin/

 
脂肪をためないカラダを目指すには、フコイダンのチカラを借りる必要があるかもしれません。
 

まとめ

コンブチャで痩せない・・・という方がたまにいらっしゃいますが、確かに商品によって全く成分が違うし、お砂糖も多かったりするのかなと思ったりします。
 
コンブ水は自分で作れば、基本的にはコンブの栄養素しか混ざらないわけだし、まだやったことがない方は、コンブ水の活用に挑戦してみてもいいのかも?
 
なんにしろ、コンブとか海藻のパワーってすごいなぁ・・・と改めて感じました。

コンブチャクレンズ
コンブチャクレンズ

posted with amazlet at 17.09.10
ノーブランド
売り上げランキング: 1,633

MAUI KOMBUCHA コンブチャスターターキット ブラックティー
MAUI KOMBUCHA(マウイコンブチャ)
売り上げランキング: 34,076
The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。