LGG乳酸菌入りヨーグルトの効果とは?妊婦さんにおすすめの理由




工藤孝文先生
この記事の監修ドクター:工藤内科副院長 工藤孝文先生 詳しくはこちら

乳酸菌入りヨーグルトも菌の種類で選ぶ時代になりましたね。
今回は、「世界で最も研究された乳酸菌」とも言われている、LGG乳酸菌が入ったヨーグルトの効果についてみてみましょう。

さすが、世界で最も研究された乳酸菌だけあって、いろんな実験がされています。
また世界40か国でLGG乳酸菌入りの製品が発売されているのだそう。もちろん日本でも食べられます。その正体はいかに?

LGG乳酸菌とは?

LGG乳酸菌の正式名称は、「ラクトバチルス(属)ラムノーサス(種)・GG(Lactobacillus rhamnosus GG)」と言います。

ラクトバチルスラムノーサスまではいいのですが、「GG」とはなんなのでしょうか?

LGG乳酸菌は1985年、米国タフツ大学(Tufts University)の教授に発見されました。その教授の名前は、ゴルバッハ(Gorbach)教授とゴルディン(Goldin)教授!

そう、GGは、この2人の教授の名前の頭文字をとったんです。なんか単純。笑
それにしては、ちょっとかっこいいし、覚えやすい名前になりましたね。

ヒト由来の乳酸菌

LGG乳酸菌は、もともと人の腸から発見された菌で、ラクトバチルス属アシドフィルス種の菌であると勘違いされていました。その後、ラムノーサス種として再分類され、注目度が高まってきたのだそう。

もしかしたら、間違われてよかったのかも?人間の腸から見つかっているので、人間の腸に定着しやすいと言われています。そのため世界中で商品化されている有名な菌の1つになりました。

日本ではタカナシ乳業が発売

日本でもLGG乳酸菌入り商品はタカナシ乳業が発売しています。
実はタカナシ乳業だけというのもおもしろいところです。

牛乳や発酵乳、クリーム、チーズ、アイスクリームなどを製造している会社で、なんとハーゲンダッツジャパンの出資者でもあるんですって。

タカナシ乳業が発売するLGG乳酸菌入り商品と言えば、おなかへGGシリーズです。

ホームページを見てみると、

生きたまま腸に届く、LGG乳酸菌。腸内の良い菌を増やし、悪い菌を減らして、おなかの調子を整えてくれます。そんなLGG乳酸菌が、140億個以上も入っていて、手軽においしく摂れるのが、おなかへGG!

しかも日本初の乳酸菌を関与成分とするトクホを取得したヨーグルトです。

参考:http://www.takanashi-milk.co.jp/contents/lgg/

LGG乳酸菌入りヨーグルトである「おなかへGG!」は、特定保健用食品の認可を受けています。

LGG乳酸菌は繊毛で覆われている

LGG乳酸菌は繊毛で覆われているので、他の菌に比べて腸管での付着性が強いと言われています。これが乳酸菌の中でも珍しい特徴で、だからこそ、腸内環境改善効果が高いと言われているのだそう。

確かに繊毛で覆われていたら、つるつるよりもひっかかりそうですよね。

そのせいか、LGG乳酸菌入りヨーグルトの効果としてたくさんの効果が発表されています。

LGG乳酸菌入りヨーグルトの効果とは?

タカナシ乳業が発表している主なLGG乳酸菌入りヨーグルトの効果は以下の通りです。

排便回数の増加・便秘改善効果
アトピー性皮膚炎の予防
花粉症の軽減
インフルエンザの予防

その他、マウス実験ではありますが、体脂肪の低下、そしてメタボ予防にも役立つのではないかと注目されています。

とにかく腸内環境を整えることによって得られるすべての症状に何かしらのかかわりがありそうなぐらい幅広く期待できそうです。

特に妊娠中の方は赤ちゃんのアトピー予防ができるかもしれないというこちらの実験が有名です。

妊娠中にLGG乳酸菌を摂取した母親から生まれた幼児は、摂取しなかった母親から 生まれた幼児と比較すると、LGG乳酸菌を摂取しなかった母親から生まれた子供のグループのアトピー性皮膚炎の発症率は46%、LGG乳酸菌を摂取した母親から生まれた子供のグループのアトピー性皮膚炎の発症率は23%となり、LGG乳酸菌を摂取した場合にはアトピー性皮膚炎発症率が半減しました。

参考:https://zendamakinblog.com/zendamakin/LGG

もうすぐお母さんになる妊婦さんは、気になる数値ではないでしょうか?

LGG乳酸菌入りヨーグルトの効果まとめ

LGG乳酸菌入り乳酸菌はヒト由来のため、人の腸内に定着しやすいと言われる乳酸菌の1つです。それも、多くの菌とは違って繊毛が生えているので、特に腸管の付着性が高いことが知られています。

日本ではタカナシ乳業さんが発売する、「おなかへGO!」が有名ですね。
効果としては以下が考えられます。

排便回数の増加・便秘改善効果
アトピー性皮膚炎の予防
花粉症の軽減
インフルエンザの予防

その他メタボ予防もマウス実験で注目されている効果の1つなので、ダイエット中の方にもおススメしたい乳酸菌です。参考にしてみてください。

The following two tabs change content below.
長谷川ろみ

長谷川ろみ

本サイト「腸内革命」の編集長。元おデブの腸活&発酵life×クリエイター。腸内細菌に救われたことをきっかけに、日本の発酵文化や腸の大切さを伝えるためのコト・モノ・しくみづくりに挑戦中。

「自分の周りの人の腸内環境をアップデートする」ことが目標♪

▼プロフィール詳細はコチラ
▼活動内容詳細はコチラ
▼取材やお仕事の依頼はコチラ
▼instagramはコチラ
▼noteもはじめましたコチラからどうぞ

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

本サイトは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。