マンゴーの栄養素・効果効能がスゴイ!侮れない美容効果をチェック




甘くておいしい南国フルーツのマンゴー。

甘さが強いので、なんとなくおいしさ重視で栄養面はそんなによくないように感じている方もいるかもしれません。

でもね、これが意外や意外、 ・健康・腸活にも結構使える黄金フルーツだったりするのです。

今回は、マンゴーの栄養素や効果効能をまとめてみました。

マンゴーとは?

マンゴーは、世界三大美果のひとつにあげられると言われるくらい有名なトロピカルフルーツです。

昔は海外の果物というイメージだったマンゴーですが、最近では国産も増えてきたよね。九州にはブランドマンゴーもたくさんあるように思います。

マンゴーをウィキペディアで調べてみるとこんな感じ。

マンゴー(檬果、芒果、学名: Mangifera indica)は、ウルシ科マンゴー属の果樹、またその果実。菴羅(あんら)、菴摩羅(あんまら)ともいう。マンゴーの栽培は古く、紀元前のインドで始まっており、仏教では、聖なる樹[1]とされ、ヒンドゥー教では、マンゴーは万物を支配する神「プラジャーパティ」の化身とされている。

参考:ウィキペディア

なんかすごいな、マンゴー。笑

マンゴーの特徴

柔らかくねっとりした果肉は、そのまま食べても、ジュースやシェイク、かき氷シロップやジャムなどに加工しても香り高く、濃厚な味わいです。

マンゴー味のお菓子もたくさんあるから、やっぱり人気何だと思う!最近は、健康食ブームでお砂糖を使わないドライマンゴーも人気ですよね。繊維質な部分もあって、食べ応えも十分です。

マンゴーの効果効能

それではここからは、マンゴーの効果効能をチェックしてみましょう。マンゴーには、美容や健康にいいといわれる秘密がいっぱい隠れています。

老化防止・生活習慣病予防

マンゴーにはβカロテンといわれる、活性酸素を除去してくれるといわれる成分がたくさん入っていて、なおかつビタミンCや食物繊維も多いフルーツです。

βカロテンとビタミンCの組み合わせで、老化防止に役立つし、食物繊維も多いから、体の外に老廃物を出す働きもしてくれるという優れもの。

そうそう、ヨーグルトにマンゴーをいれて食べたりしますが、このコンビって、発酵菌と腸内環境のえさの両方が一気にとれる、シンバイオティクス食品ともいえるので、かなりおすすめです。

腸内環境改善効果

米国栄養学会(American Society for Nutrition)の年次学術集会「Nutrition 2018」で発表された内容によると、マンゴーを1日330g、14日間採り続けたところ、腸内環境が改善したらしいの!

具体的には、マンゴーを食べ始めてから14日後に、腸内細菌が発酵の過程で作るメタンの濃度が減少していたとのこと。

腸管での微生物発酵によって生成される水素とメタンの呼気レベルを測定した結果、メタンの生成が確認されていた6人のうち3人はマンゴーを摂取した後に有意なメタン濃度の減少を示した。これは、腸の健康にとって好ましい結果であると考えられた。

参考:https://bhn.jp/news/99240

メタンはあんまり腸にとっては良いとは言えない、場合によっては「腐敗物質」ともいわれるガスです。国立研究開発法人理化学研究所特別招聘研究員・農学博士の辨野義己先生は、こんなコメントをされています。

悪玉菌が増殖すると、アンモニアや硫化水素、メタンなどの多くの腐敗物質が作り出されます。これらが腸壁から吸収され、血流に乗って全身を巡ることになります。

その結果、先に挙げたようなさまざまな病気を引き起こすリスクを高めるのです。

参考:https://kenka2.com/articles/179

心臓血管疾患のリスク低減

さっきのメタンの話にもつながるけど、私たちのカラダはつながっているので、腸内環境であまり良くない腐敗物質・腐敗ガスが作られると、それが血液にのって、全身に回ってしまいます。

その結果、心臓血管疾患につながることもあるのですが、マンゴーを食べることによってそのリスクも低減するのでは?と示唆されているようです。

もちろんまだ小さい実験(健康な閉経後女性24人を対象)なので、今後長期的な研究が必要だとされています。

マンゴーの効果効能まとめ

マンゴーはそのまま食べても、乾燥させても、加工してもおいしい南国フルーツの1つです。
とても甘くて食べ応えがあるから、ちょっとカロリー高そうとか、太りそうというイメージもあるけど、決してただの甘いおやつというだけじゃなく、栄養面やカラダへの影響も注目すべき存在です。

特に最近よく言われているのが、

老化防止・生活習慣病予防
腸内環境改善効果
心臓血管疾患のリスク低減

などの、私たちの多くが抱える健康上の問題の緩和です。

食物繊維がたっぷりなだけでなく、抗酸化作用や腸内環境の改善といったような健康の基礎的なところを網羅しているため、慢性的な生活習慣病の改善にも役立つことが注目されています。

ドライマンゴーなどにすれば、おやつにぱくぱく食べることもできるので、結構便利♪
ぜひ活用してみてくださいね。

The following two tabs change content below.
長谷川ろみ

長谷川ろみ

本サイト「腸内革命」の編集長。元おデブの腸活&発酵life×クリエイター。腸内細菌に救われたことをきっかけに、日本の発酵文化や腸の大切さを伝えるためのコト・モノ・しくみづくりに挑戦中。

「自分の周りの人の腸内環境をアップデートする」ことが目標♪

▼プロフィール詳細はコチラ
▼活動内容詳細はコチラ
▼取材やお仕事の依頼はコチラ
▼instagramはコチラ
▼noteもはじめましたコチラからどうぞ

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

本サイトは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。