納豆で花粉症を緩和できる理由!納豆を食べると腸内環境はどうなる?




そろそろ花粉症の人にとってつらーいシーズンの到来です。

私の周りでも薬を飲んでいるという方がたくさん・・・。本当につらそうです。

スギ花粉の飛散ピークは毎年2月~3月だと言われていますから、今、ピークどまんなか!

花粉対策グッズはたくさんありますが、できればお薬などの対処療法よりも、根本的に花粉症が緩和しやすい方法を試したいですよね。来年は花粉症にならないように、根本的なチャレンジが必要なのかもしれません。

そんな根本的なチャレンジのひとつとして、おすすめのひとつが「です。

今回は納豆で花粉症を緩和できる理由をまとめてみました。

そもそも花粉症とは?

そもそも花粉症は、体の中に花粉を入れないように体が攻撃するために起こる症状です。

花粉を攻撃するIgE抗体が体の中にたくさん作られることによって、かゆみやじんましん、くしゃみやせきなどの症状が現れる、一種のアレルギー症状です。

Th1細胞とTh2細胞

IgE抗体を作るのは、Th2細胞といわれる免疫細胞です。

Th2細胞がなにかしらの要因で強い力を持ってしまうと、IgE抗体をたくさん作ってしまい、花粉症などのアレルギーが発症してしまいます。Th2細胞が暴走しないようにチェックしてくれているのがTh1細胞で、私たちの体には、Th1細胞とTh2細胞が常にバランスをとっています。

花粉症は治らない?

花粉症は一度なってしまうとなかなか治らないと言われていますが、免疫の変化や体調の変化などによって、緩和することも珍しくありません。

しかし、治すのが難しいのは事実です。

体のバランスを調整する恒常性維持機能の安定のために、腸内環境を整えて、免疫系に変化をあたることができれば、花粉症が緩和することもあります。

腸内環境を整えながら、アレルギー抑制を助けてくれる食べ物のひとつが納豆です。

納豆の効果

納豆が腸内環境を整えたり、アレルギー抑制を助けてくれる理由は、実は1つではありません。さまざまな栄養価が含まれる納豆は、複合的な理由から私たちの体を守ってくれる可能性があります。

ここからは、納豆に含まれる物質のうち、花粉症緩和に力になってくれそうなポイントをあげてみましょう。

納豆菌とは?

納豆菌は、腸内細菌叢や免疫システムに大きな影響を及ぼすことができる食材の1つだと知られています。

納豆菌は、言わずとも名の知れた納豆を作る菌の名前です。

空気がたくさんあるところを好むので、私たちの腸内だけでなく、体の外でもたくさん見つかっています。特徴的なのは、とても丈夫な菌であるということです。芽胞というスーツを着ているので、酸や紫外線、熱などにも強いことが知られています。

納豆菌が起こす腸内環境の変化

納豆菌を口から食べると、腸内環境ではどんなことが起こるのか・・・東京都立食品技術センターが発表した内容によると、食品の納豆を1日50g(約1パック)ずつ2週間摂取すると以下のような変化が現れることがわかりました。

・ビフィズス菌の増加
・ウェルシュ菌の減少
・酢酸や有機酸、琥珀酸の濃度の上昇
・インドールやアンモニア、スカトールの減少

参考:Probiotic としての納豆菌の作用 : 腸内菌叢と腸管免疫システムに対する作用
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jbrewsocjapan1988/98/12/98_12_830/_pdf/-char/en

これってね、すごいことなんです。

ビフィズス菌が増え、さまざまな酸が生成される腸内環境は、一般的にいう善玉菌が過ごしやすい環境を納豆が作ってくれたということ。

あまり人間にとって良くない菌が減り、毒性のある生成物も少なくなるので、腸内環境が整うだけでなく、免疫系も安定し、風邪やインフルエンザの予防や花粉症の緩和につながります。

納豆の食べ過ぎに注意?!

なにごとも食べ過ぎがよくないことは誰もが知っているとは思いますが、納豆にとっても例外ではありません。

納豆は栄養がたくさん含まれているのもあり、結構体重増加が懸念されるんですよね。

七面鳥に納豆菌を与えた場合にどんな変化があったかみた実験では、以下の3つが挙げられています。

・腸内環境の変化
・体重増加
・飼養効率の向上

参考:Probiotic としての納豆菌の作用 : 腸内菌叢と腸管免疫システムに対する作用
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jbrewsocjapan1988/98/12/98_12_830/_pdf/-char/en

飼養効率とは、七面鳥に与えたエサと代わりに手に入る生産物、卵や肉などの生産物の重量比のことをいいますが、かんたんにいいかえれば「ちょっとのえさで、よいものが育つ」ということです。

栄養をちゃんと吸収して、体重も増えるし、健康的に太れるってことなんですね。

これ、人間に当てはめると・・・ちょっと太っちゃいそうだよなぁ。笑

以前、納豆のこの効果までは知らなかったときに、毎日納豆を食べる生活を送っていたのですが、ちょっと太るんだよね。笑

もちろん納豆のせいかどうかはわかりませんが、私は太るので、毎日納豆を食べるのはやめました。笑

時々食べるのが私にはあっているようです。

もし健康的に太りたい方とか、多少太ったほうがいいんだよねーという方には、納豆は文句なくお勧めです。

まとめ

納豆大好きな方は、ぜひためしてみたい花粉症対策をお伝えしました。

納豆には確実に腸内環境を整えてくれる効果があります。

・ビフィズス菌の増加
・ウェルシュ菌の減少
・酢酸や有機酸、琥珀酸の濃度の上昇
・インドールやアンモニア、スカトールの減少

食べる量は1日1パックでOKだし、2週間で効果があると言われているので、かなり低コスパでできる花粉症の予防法の一つですよね。

ちょっと太ってしまうのが困る方は、様子を見ながら続けてほしいですが、笑

腸内環境を整えてくれる効果はかなり期待できます。

ぜひ、試してみてくださいね。

The following two tabs change content below.
アバター

長谷川ろみ

本サイト「腸内革命」の編集長。元おデブの腸活研究家。小学生にして重度の便秘+肥満体でしたが、「腸活」により数十キロのダイエットに成功しました!現在も自分のカラダで人体実験中!

「自分の周りの人の腸内環境をアップデートして、元気でポジティブな仲間を作る」ことを目標に、腸活の情報発信やしくみづくりに挑戦しています♪

▼プロフィール詳細はコチラ
▼活動内容詳細はコチラ
▼取材やお仕事の依頼はコチラ
▼instagramはコチラ
▼腸内革命ラジオ(Youtube)はコチラ
▼noteもはじめましたコチラからどうぞ

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

本サイトは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。