【納豆レシピ】甘酒入り!ドライ納豆せんべいの作り方




最近、仕事中におなかがすいてしまって、なにも食料を持ってない…。
市販のクッキーを買って食べちゃったという小さな事件がおきました。笑

まぁね、食べたくて食べたくて食べたんだったらいいんだけど、おなかがすいてなんとなく食べてしまったので、ちょっと反省しました。笑

添加物不使用、卵不使用、砂糖不使用で、自分でつくったおやつをとなりにおいておけばよかった・・・w

オートミールクッキーが私の定番なのだけど、今日は甘いのじゃなくて、しょっぱいおやつが食べたい!!そんなこんなで、納豆を主役にしたおやつに挑戦することにしました。

ドライ納豆せんべいのこだわり

ちょっと前に、本当の自然乾燥で納豆を乾燥させて、干し納豆にしておやつとして仕事場にもっていったことがあるんです。

そしたらね…うーん、臭い。笑

納豆臭いので、すぐにしまいました。

やっぱりただ乾燥させただけだと、まだまだ粘りもあるし、臭いも充満しがち。納豆菌はただでさえ熱に強いので乾燥させたぐらいじゃびくともしません。

その代わり納豆菌は塩分に弱いので、味付け時点で元気がなくなるかなと思っていたのですが、それでも粘る粘る。やっぱり納豆菌って強いんですね。

ということで、今回はちゃんとオーブンで焼いた、納豆せんべいを作ってみました。

白砂糖不使用&たまご不使用

今回のこだわりも白砂糖不使用、そしてたまご不使用。
…というのも、私がたまごの遅延アレルギーをちょっと持っているから。

スポンサードリンク

自分の体質に合わせて、カラダへの負担が少ないもの(炎症が起きにくいもの)を使いたいですよね。

納豆を焼いてみる

前回納豆を干して食べたのですが、粘りがなかなか取れず、微妙でした。笑
今回は納豆をちゃんと焼いて、ちゃんと味付け(塩分)をして、粘りをなくせるかどうか実験もかねています。

納豆せんべいの材料(10枚分)

手作り甘酒:50g
:70g
オートミール:50g
とろけるチーズ:少々
めんつゆ:少々
カレー粉:少々

オートミールはオートミールだけものを使ってください。味付きとかいろいろ入っていると違う味になりそうです。

納豆せんべいの作り方

1:材料を全部1つのボールの中に入れてをよく混ぜる
2:クッキーの大きさに丸めて、鉄板の上に並べる
3:180度のオーブンで10分ぐらい焼く

全部まぜて焼くだけなので、すごーくお手軽です。笑

チーズはオートミールと納豆をちょっとくっつけるために必要です。ないとぽろぽろになるので、それはそれで素朴な味や形でOKの方は大丈夫かも。

納豆せんべいの味

かなり素朴!!笑
私は結構好きなのですが、これは好き嫌い分かれるかな~。

普段からなぜ納豆は手軽に手でつまんで食べられないのか・・・納豆を手でつまんで気軽に食べたいよ~と思っている方がいたとしたら、確実に満足してもらえると思いますが、そうでない場合は気に入ってもらえるか定かではありません。笑

よくよく考えたら、納豆菌と甘酒の麹菌だけでなく、チーズの乳酸菌が入っているかもしれない、トリプル菌のおやつになりました。

そうそう、挑戦していた納豆の粘りけについては、完全にとれました!臭いもそれほどひどくはないので、普通につまめます。

やっぱり納豆すきだわー笑 カレー粉とチーズがいいかんじ。気になる方はぜひトライしてみてくださいね♪

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

本サイトの編集長。元おデブの腸活研究家。小学生にして重度の便秘+肥満体でしたが、「腸活」により数十キロのダイエットに成功しました!現在も自分のカラダで人体実験中! 「自分の周りの人の腸内環境をアップデートして、100歳まで遊んでくれる仲間を作る」ことを目標に、腸活の情報発信やしくみづくりに挑戦しています♪ ▼プロフィール詳細はコチラ ▼活動内容詳細はコチラ ▼取材やお仕事の依頼はコチラ ▼instagramはコチラ ▼腸内革命ラジオ(Youtube)はコチラ

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

本サイトは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。