お腹がゴロゴロいう理由!夜、寝る体勢になったらお腹が鳴るのはどうして?




工藤孝文先生
この記事の監修ドクター:工藤内科副院長 工藤孝文先生 詳しくはこちら

腸活イベントなどを開催すると、「いつでもどこでもお腹がゴロゴロなって恥ずかしい」という悩みをお持ちの方が多いことに気がつきます。

中にはおなかがゴロゴロとなりすぎるので、何かの病気なのではないかと心配している方も多いみたい。特に夜寝る前に、仰向けで寝転がると、ゴロゴロと急に鳴り出すといって心配している方がいらっしゃいました。

でもね、お腹がゴロゴロ鳴るのは、別に悪いことではないんです。いや、いいお腹の鳴り方もあると言ったほうが正しいかな。

今回は、お腹がゴロゴロなる理由の中でも、夜、寝る体制になった時にお腹がゴロゴロ鳴るのはなぜなのか、整理してみました。

お腹が鳴り過ぎて心配な方は、ぜひ安心して読んでほしいです。

お腹がゴロゴロ鳴る意味は?

お腹はいろいろな場面で、ゴロゴロ鳴ります。

空腹を感じた時はもちろんのこと、お腹がすいてなくてもゴロゴロ鳴るのを経験したことがある方は、多いのではないでしょうか?

お腹がゴロゴロ鳴る=腹鳴(ふくめい)

お腹の音がなることを、医学用語では「腹鳴(ふくめい)」といいます。

コトバンクによると、腹鳴はこのように解説されていました。

消化管内には、飲み込んだ空気などのガス、飲水や消化管分泌(ぶんぴつ)による液体が存在します。 消化管の蠕動運動(ぜんどううんどう)によって、ガスと液体がまじり合い、腹部でゴロゴロと音がします。 これを腹鳴(ふくめい)といいます。

参考:コトバンク
https://kotobank.jp/word/

腹鳴のメカニズムは、すべてのケースが十分に解明されているとは言えないそうです。

ただ、多くの場合は、腸の中にある液体やガスが、腸の収縮運動であるぜん動運動によって移動するときに発する音だと言われています。

ですから、みなさんが恥ずかしいと恐れるあのゴロゴロは、何か変なものが作られている音とか、何かが爆発している音とか、そんな危険な音ではないんですね。笑

単純に移動している音であること、そして排泄物を正常に出すためにはこの腸内の移動がとても大事!むしろちょっと喜ぶべきことでもあるんです。

お腹がゴロゴロ鳴る=よろこばしいこと?!

私は子どものころ、ほとんどお腹が鳴らない子どもでした。

1週間に1回排便があればいいほうだったので、今思うと、腸のぜん動運動が自然に起こせない体だったのかもしれません。

はじめて「なんかお腹がうごくなー」と思ったのは、それこそ私が腸活に興味をもつきっかけとなったキムチ事件の時です。(キムチ事件については、こちらのプロフィールページをみてね)

今でもお腹が鳴り過ぎて恥ずかしい・・・という経験は皆無なので、やっぱり腸の動きが悪い体質なんだろうなと思います。

だから、お腹がなると恥ずかしいどころか、ちょっとウキウキしちゃう。笑

あぁ、デトックス始まってるなー。ちゃんと腸ががんばってくれているぞーっと思うのです。

お腹がゴロゴロいう理由

お腹がゴロゴロいう音は、単純に言うと腸が動いている音です。

腸と腸がこすれあっているというわけではなく、腸がぜん動運動と呼ばれる収縮運動をしていて、腸にある個体や液体、ガスなどを移動させている音になります。

そのぜん動運動が起こっている時に、腸内にあるものが固体なのか、液体なのか、ガスなのかによってその音は違いますし、もっと言えば腸のぜん動運動の強さやクセなどによっても、その音は十人十色です。

だから、お腹がゴロゴロいう音が大きいからと言って、すぐに何かがおかしい…と思う必要はないのです。

空腹時のゴロゴロは当たりまえ!

みんなが1度は聞いたことがあるお腹の音は、空腹時のゴロゴロでしょう。

胃は筋肉でできた袋のようなもので、食べ物が入ってきたら伸び縮みして、食べ物を溶かします。食べ物を溶かしたら、どんどんと腸にどろどろの液体を送ります。

この胃の伸び縮みが活発におこると、胃の中にある空気が圧縮されてゴロゴロ、グーグーとなるのです。

この胃の強い収縮は、「空腹期収縮」と呼ばれています。

この「空腹期収縮」が起きると、胃の次の小腸でも、連動して収縮運動がおこり、そしてまた大腸に食べ物のカスが送られます。この胃や小腸の動きがゴロゴロ、グーグーの正体です。

そう考えると、腸がきれいにお掃除されている時にお腹がゴロゴロ言っていると考えることもできそうです。ありがたいですよね。笑

過敏性腸症候群の可能性

普通に考えるとお腹がゴロゴロなるのは、人間の体が持っている機能であり、大事な働きの一つです。心配よりもむしろ喜ばしいことではあるのですが、一部のお腹のゴロゴロには、ちょっと心配な場合もあります。

それは、ストレスなどが原因でおこる「過敏性腸症候群」です。

過敏性腸症候群とは、その名の通り過敏に腸が動いてしまう症状を伴う病気です。

大腸や小腸に原因となる異常が見つからないのに、腹痛や腹部の不快感が長く続いたり、ガスが多く発生し、腹部膨張感を感じたり、お腹が異常に鳴るなどの症状が続きます。

その症状もかなり人によって違います。

下痢型
便秘型
下痢と便秘の両方を繰り返す混合型

過敏性腸症候群は、大腸のぜん動運動がかなり激しくなるために、水分が腸で正常に吸収されずに下痢のまま排泄されるケースが多く、電車の中や会社などの自由にトイレに行けない状況の場合、かなり過酷です。

過敏性腸症候群はストレスが原因であることが多く、治りにくいのも大きな特徴で、もしお腹のゴロゴロという音だけでなく、このような症状が確認できる場合は、一度お医者さまに見てもらうことをおすすめします。

夜寝るときに、お腹がゴロゴロいう理由

空腹でもなく、過敏性腸症候群でもないのに、お腹がゴロゴロいう・・・特に夜寝るときにかなりの割合で(場合によっては毎日)、お腹がゴロゴロなるのが心配だという方がいます。

でも、この夜寝るときにお腹がゴロゴロなるのは、空腹時と同じようにある意味当たり前の生理現象だと考えてもよいかもしれません。

ポイントは自律神経のモード切替

実はこの夜寝る前のお腹ゴロゴロは、自律神経と大きく関連があると考えられています。

自律神経は、交感神経と副交感神経と呼ばれる2つの神経で構成されています。

昼間は交感神経が優位になり、活発に動きまわるために必要なモードに体が調整されています。血流や血圧が上がり、頭や筋肉を活発に働かせることができる活動モードです。

一方夜は、副交感神経が優位になります。血流や血圧が低くなり、頭や筋肉もお休みするメンテナンスモードになります。このメンテナンスモードの時に、人間の体は臓器もリフレッシュするために消化活動が始まります。

よって、副交感神経が優位になる夜に、腸や腸内細菌は活発に動く準備を始めるのです。消化活動が終わると、人間の体は排毒活動が始まります。

この副交感神経が優位な状態の時に、お腹がゴロゴロとなるのです。だから夜寝る前にお腹がゴロゴロなるのは、ちゃんと副交感神経にモード切替できてるということで、普通のことなんですよね。

排毒とはなにか?

人間の体は、毎日食事から栄養をとり、いらないものはちゃんと体の外に出す機能が備わっています。お腹のゴロゴロという音を出している原因となっている、腸のぜん動運動もその1つです。

東洋医学的な考え方ではこのいらないものを出す機能のことを、排毒といいます。

排毒とは東洋医学的な考え方の一つで、「体から不必要なものを出すこと」です。一般的な毒物のことではなく、体に不要なものという意味ですので、特別な場合の話ではなく、誰にでも関係のある話です。

細胞を新しく作り替えたり、食物からエネルギーを取り出したり、体からは不要となったものが毎日たくさん出ます。涙、鼻水、汗、体臭、呼吸、発声、おしっこ、うんち、嘔吐、等々。出るものはすべて、排毒ルートなんですね。

参考:須崎動物病院のQ&Aより
http://www.susaki.com/qa/66.html

でも、何かしらの自律神経や内分泌系のバランスの乱れや腸内環境の乱れなどによって、うまく働かないことがあるんですよね。

そうなると大変です。

体は全部つながっているので、もはや何が原因なのかよくわからなくなってくるんだけど、とにかく体の調整機能がおかしくなって、便がでない、汗がでないという、悪いものを出せない状況に。

すると、体の出やすいところから悪いものを出そうとして、皮膚炎が起きたり、嘔吐が止まらなかったり、体のバランスがおかしくなってきます。

私もひどい便秘だった時のことを思い出すと、毎日の異常な吐き気や肌のぶちぶちを思い出します。体って素直ですよね・・・。

だからお腹のゴロゴロという音は、ある意味私たちの体が正常に働いていることが証明できる嬉しい音でもあるわけです。笑

まとめ

夜にお腹がゴロゴロいう理由は、夜の体のメンテナンスモードの切り替えが正常に行われていることにより、腸のぜん動運動が活発に行われているからでした。

もちろんストレスなどによる過敏性腸症候群の可能性がある方もいらっしゃるので、すべてのお腹ゴロゴロが普通のことですよと言えるわけではないのですが、別にお腹のゴロゴロすべてが悪いわけではありません。

むしろ私は、昔お腹のゴロゴロ音が聞けずに苦労したので、ちょっとうれしいけどな。笑

夜のお腹ゴロゴロが来たら、ちゃんと副交感神経が優位になって、切り替えがうまくいってるんだなと解釈してあげると、腸内細菌たちもがんばってくれるかもしれません。

参考にしてみてくださいね。

The following two tabs change content below.
長谷川ろみ

長谷川ろみ

本サイト「腸内革命」の編集長。元おデブの腸活&発酵life×クリエイター。腸内細菌に救われたことをきっかけに、日本の発酵文化や腸の大切さを伝えるためのコト・モノ・しくみづくりに挑戦中。

「自分の周りの人の腸内環境をアップデートする」ことが目標♪

▼プロフィール詳細はコチラ
▼活動内容詳細はコチラ
▼取材やお仕事の依頼はコチラ
▼instagramはコチラ
▼noteもはじめましたコチラからどうぞ

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

本サイトは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。