歯周病菌もアルツハイマー病の原因に?!そのメカニズムとは?

スポンサードリンク

厚生労働省の調査によると、私たち日本人の歯周病患者数は、20代が約7割、30~50代が約8割、60代は約9割に登っていると言われています。

もはや歯周病は国民病と言っても過言ではないほど、みんながかかっている病気です。

そんな歯周病の原因菌とも言われている、(Pg菌)が、なんとアルツハイマー病の原因になっていることが発覚!今回はそのメカニズムをまとめてみました。

歯周病とは?

そもそも歯周病とはいったいどんな病気なのでしょうか?

歯医者さんにいくと、歯周病を指摘される人もすくなくないと思われます。

というのも日本人の約8割は「だと言われているからです。

歯医者さんで定期検診をしない方は、自分が歯周病であることすら気が付いていない可能性が高いのです。

厚生労働省の『平成26年度 国民医療費の概況/患者調査の概況』によると、「歯肉炎」や「歯周病」の患者数は331万5000人 (男性137万3000人、女性194万2000人)。

歯周病の有病率は20代が約7割、30~50代が約8割、60代は約9割にのぼる。

参考:http://healthpress.jp/2017/06/post-3034.html

ちょっと歯周ポケットができているぐらいであればよいのですが、進行してしまうと抜歯も必要になるコワイ病気です。

進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなり、歯を支える土台(歯槽骨)が溶けて歯が動くようになり、最後は抜歯をしなければいけなくなってしまいます。

参考:http://www.jacp.net/perio/about/

歯周病の原因は?

歯周病の原因は、細菌です。

ブラッシングがちゃんとできていないと歯と歯茎の間に歯垢(プラーク)ができ、その中に多くの細菌が住みつくようになります。

歯周病が原因になりえる病気とは?

実はこの歯周病、口の中だけの問題でないことが最近わかってきました。

それも脳梗塞や糖尿病などの生活習慣病に密接にかかわっていることが指摘されるようになったのです。

歯周病は、「狭心症」「心筋梗塞」「脳梗塞」「糖尿病」「誤嚥性肺炎」「骨粗鬆症」などの誘因になり、健康を阻害する重大なリスクファクターになる事実が判明している(日本臨床歯周病学会より)。

参考:http://healthpress.jp/2017/06/post-3034.html

歯周病が招く病気1:脳梗塞

歯周病が脳梗塞を招くメカニズムは、とてもシンプルです。

歯と歯茎の間に歯垢(プラーク)ができて、ジンジバリス菌などの菌がたくさん住みつくようになります。

するとその刺激で血管内にもプラーク(粥状の脂肪性沈着物)が出来血液の通り道が細くなってしまうのだとか。

スポンサードリンク
歯周病の人はそうでない人の2.8倍脳梗塞になりやすいと言われています。血圧、コレステロール、中性脂肪が高めの方は、動脈疾患予防のためにも歯周病の予防や治療は、より重要となります〉

参考:http://www.asagei.com/excerpt/33081

なんと、2.8倍ってすごくないですか?
歯周病は脳梗塞になる可能性を高めてしまうことがわかります。

歯周病が招く病気2:糖尿病

私たちの生活習慣病の中でもとても身近なのが、糖尿病です。

糖尿病も歯周病菌と深い関係があると言われています。

歯周病菌の死骸が内毒素と呼ばれる多量の毒素をまき散らすことが、血糖値にも悪影響を及ぼす。

血液中の内毒素は、脂肪組織や肝臓からの炎症性サイトカインであるTNF-αの産生を促す。TNF-αは、血液中の糖分の取り込みを抑える働きもあるため、インスリンの働きも悪くなる。

つまり、歯周病はTNF-αの分泌を活発にすることで血糖値のコントロールを悪化させ、結果的に糖尿病の発症につながる可能性があると考えられている。

参考:http://www.dm-net.co.jp/calendar/2013/019701.php

歯周病はアルツハイマー病を招く?!

そして今回、歯周病菌とアルツハイマーの関係がはっきりと示された実験結果が、九州大学の研究部ループによって発表されました。

やっぱり原因は、ジンジバリス菌・・・。ジンジバリス菌の菌体に含まれる成分がアルツハイマーの原因となる酵素であることがわかったというのです。

九州大学大学院歯学研究院の武 洲准教授と中西 博教授らの研究グループは、リソソーム酵素カテプシンBが歯周病原因菌であるジンジバリス菌(Pg菌)の菌体成分リポ多糖(LPS)を全身に慢性投与することにより誘発されるアルツハイマー様病態の原因酵素であることを初めて明らかにしました。

参考:https://www.kyushu-u.ac.jp/ja/researches/view/141

ということは、アルツハイマーになりたくない方、健康長寿を目指したい方は、若い時から歯周病に気を付けて、歯を大切にしないといけないことがわかります。

落合特任教授によれば、歯周病患者の歯周ポケットからは健常人の10~20倍もの酪酸が検出されることから、歯周病巣の酪酸が長期間にわたって脳内に取り込まれると、アルツハイマー病を引き起こす一因になるので、早めに治療をすべきだと指摘している。

参考:http://healthpress.jp/2017/06/post-3034.html

歯周病をそのままにしておいてはだめですね。ちゃんと、定期的に歯医者さんに通い、チェックしてもらった方がよさそうです。

歯周病はアルツハイマー病を招く?!まとめ

歯周病は、そんなに痛さを感じず、毎日の生活で支障をきたすことが多くありません。だからどうしてもそのままにしてしまいがち・・・。

でも、歯周病菌の中の代表とも言われるジンジバリス菌は、いろいろな病気に関わっている可能性が高いと言われる危険な菌です。

アルツハイマーや脳卒中、糖尿病は、若い人もかかる病気になっています。発症してからでは遅いので、まずは自分の歯を大切にケアすることからはじめましょう。

ブラウン オーラルB プラックコントロール DB4510NE 電動歯ブラシ 乾電池式
ブラウン(BRAUN) (2004-09-08)
売り上げランキング: 9
The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。