不妊の原因はピロリ菌?!妊活時にピロリ菌に注意すべき理由

スポンサードリンク

ヘリコバクター・ピロリ菌は胃潰瘍や胃がんのもとになると注目されるようになりました。健康診断の項目にも追加でピロリ菌検査があるほどです。胃がん予防のために、ピロリ菌検査をされる方も少なくありませんよね。

しかしこの、消化器系以外の病気にも関連しているのでは?と、再注目されています。

今回は、ピロリ菌と不妊との関係について、まとめてみました。

ピロリ菌とは?

ヘリコバクター・ピロリ菌は、胃の粘膜に生息している螺旋(らせん)状の菌で、酸素や乾燥に弱く、胃がんなどの病気の素になると恐れられている菌です。

大塚製薬さんのホームページにあるピロリ菌の説明によると、以下のとおり。

西オーストラリア大学のロビン・ウォーレン名誉教授とバリー・マーシャル教授がヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)を発見し、 2005年のノーベル医学生理学賞を受賞しました。当時、ロイヤルパース病院の病理医だったウォーレンは1979年、胃炎患者の胃粘膜に小さな曲がった未知の細菌(ピロリ菌)を発見。

ピロリ菌は幼年期に衛生環境が良くなかった年代に感染している人が多く、環境の整った現代では、感染している人の数が低下しています。また、乳幼児期に親族から口を介して感染している場合もあります。

参考:http://www.otsuka.co.jp/health_illness/pylori/about.html

知らぬ間にカラダの中に生息している場合が多いので、気をつけなくてはいけません。

ピロリ菌は胃酸たっぷりの胃の中でも生息できます。自分で胃の中にある尿素をアンモニアと二酸化炭素に分解し、酸を中和させながら、自分の陣地を作っているそうなんです。すごいなー、ピロリ菌。

ピロリ菌と不妊の関係

そんなすごいピロリ菌、実は私たちの生殖能力の低下や不妊とも関係があることがある論文で発表されています。

ピロリ菌を持っていると妊娠しずらくなる?(女性)

京野アートクリニックさんのホームページにこんな記事が・・・

スポンサードリンク
血中のピロリ菌抗体検査で、コントロール群では29.7%に対して女性不妊の44.8%がピロリ菌抗体陽性でした。血液検査陽性の女性全例が卵胞液でも陽性でした。2004年には日本の研究グループでも同様の報告がなされました。

参考:http://ivf-kyono.jp/column/2016/03/post-36.php

不妊の方のほうがピロリ菌を持っている方が多くなりがちであることがわかりました。あと多嚢胞性卵巣症候群などの卵巣の病にかかる方もピロリ菌抗体が陽性の方が多いのだとか・・・これは何かしらの関係があっても不思議ではありません。

2009年には、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)症例でも、ピロリ菌IgG抗体陽性例が、対照群で20%なのに対しPCOS群で40%と、PCOS群で有意に高いとの報告もされました。その後、2010年には、原因不明不妊の女性の頚管粘液中に検出されてインビトロで精子の侵入を阻害することがわかりました。

参考:http://ivf-kyono.jp/column/2016/03/post-36.php

ピロリ菌を持っていると生殖機能が低下する?(男性)

女性だけではありません。ピロリ菌を持っている男性も不妊の可能性が高くなることが証明されています。

男性では、コントロール群では36.1%に対して男性不妊の50.8%がピロリ菌抗体陽性でした。ピロリ菌に感染していると、精子の運動性、生存率、正常な形状の精子数が低下してしまいます。精子の損傷を引き起こし得る炎症サイトカインの増加やアポトーシスと壊死の増加と関連していることが証明されています。

参考:http://ivf-kyono.jp/column/2016/03/post-36.php

こわいなぁ・・・。不妊にお悩みの方は、一度ピロリ菌がいるかどうか確認してみるのもありかもしれません。

不妊の原因はピロリ菌?まとめ

ピロリ菌は、胃の粘膜に生息している螺旋(らせん)状の菌で、私たちの胃に住んでいます。胃がんや胃潰瘍などのもとになると恐れられ注目されていますが、不妊にも関係があることがわかってきました。

ある論文によると・・・

ピロリ感染者は、卵子と精子の結合が阻害される可能性が高い(受精障害を起こす)
ピロリ感染男性の精子は、運動率が低く、精子形態異常が多い(男性因子の原因)
ピロリ感染女性は、妊娠高血圧腎症の発症が高い(ハイリスク妊婦)

こんなことがわかっています。

不妊にお悩みの方、これから妊娠を目指す方は、一度ピロリ菌の有無を確かめたほうがよいかもしれませんね。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。