酸化した油の影響がコワい!見分け方はにおい?それとも・・・

スポンサードリンク

酸化した油を食べてはいけない。そういわれたことはありませんか?

酸化とは、一般的に酸素がついたり、水素が奪われる化学反応のこと。酸化した油をそのまま食べたことで、カラダに何かしらの影響が出たという方が少なくないのです。

今回は、酸化した油を食べるとどうなるか、その影響力と、酸化しているかどうか見分ける方法などをまとめてみました!

酸化した油は、なぜ嫌われる?

昔は油と言えばダイエットや健康の大敵でした。でも、最近では良質な油をたくさん摂ることがカラダにイイとされて、ますます世論は「酸化した油」を気にするようになりました。

なぜなら、カラダに良いとされる不飽和脂肪酸のほうが、高コレステロールになりやすい飽和脂肪酸よりも酸化しやすい場合が多いからです。

中にはこんな、「カラダに悪い油ワースト3」なんていうランキングを発表している方もいましたよ。やっぱり酸化した油の影響がコワイ方も多くいるようです。

「お肌と体に悪い油ワースト3」

1位 トランス脂肪酸を含む油
2位 酸化した油
3位 リノール酸油(オメガ6)

参考:http://www.purenoble.com/blog/diet/bad-oil/

酸化しやすい油のメカニズム

基本的に油は、熱や光、酸素、水などに触れると、活性酸素によって酸化されると言われています。その時に有害物質である「過酸化脂質」というものが作られてしまいます。

この過酸化脂質という物質が厄介で、スーパーオキシドアニオンを発生させてDNAを損傷させる原因となるというのが酸化した油のメカニズムです。

ウィキペディアで過酸化脂質(かさんかししつ)を調べてみると、こんな感じです。

過酸化脂質(かさんかししつ)はコレステロールや中性脂肪といった脂質が、活性酸素によって酸化されたものの総称である。

中性脂肪由来の過酸化脂質は細胞内でスーパーオキシドアニオンを発生させる。それが核内のDNAを損傷させる作用を持つため、数あるがん発生原因のひとつであると考えられている。

参考:ウィキペディア

うわぁ・・・これはコワイですね。

酸化した油の影響は?

前述したがん発生原因を増やしてしまう可能性のほかにも、「過酸化脂質」は細胞の内側を破壊すると言われているので、いろんな病気や老化を招く可能性があります。

例えば・・・

・炎症

・シミ、シワ
・色素沈着
・心筋梗塞のリスクを増やす
・動脈硬化のリスクを増やす
・ガンのリスクを増やす

酸化した油は、味はかわらないのですが、過酸化脂質という物質が含まれることで、病気の原因となる細胞破壊が進む可能性があります。

名古屋大学工学部応用化学教室が発表した論文によると、やはりがんの発生原因の1つとして油も心配要因であることがうかがえます・・・

また脂質の自動酸化および自動酸化脂質とタンパ ク質との反応が老化(Aging)の 因子で あるといわれた。

癌の発生が初老のころより増大することは、自動酸化脂質と癌の発生との間に関連性があることを否定しない。

スポンサードリンク

参考:https://www.jstage.jst.go.jp/article/jos1956/14/2/14_2_54/_pdf

市販の油でもその処理方法によっては、すでに酸化している場合があることも指摘されてい邸、、コールドプレス製法(低温圧搾)などで作られた良質な油を選ぶことが重要視されています。

油の酸化は気にしなくてOK?!(ためしてガッテンより)

心配な酸化した油ですが、実は全く反対の油の酸化は気にしなくてもいいというような内容も同時に発表されています。

実は2008年に放送された、「ためしてガッテン」という番組中で油の酸化実験が行われました。

新品の油を3日間日光に当てたり、わざと油を酸化させるようにしたのですが・・・結果は、体に害が出るような酸化は起こらなかったそうです。

食用油は、開封すると空気と触れ続ける事や、揚げ物を作った時の加熱で徐々に酸化していくと言われているのですが、取り入れると体に有害をもたらすほどの変化は無かったんですね。

参考:http://limitbreak01.net/2015/11/26/%E6%B2%B9%E3%81%AE%E9%85%B8%E5%8C%96%E3%81%8C%E6%9C%89%E5%AE%B3%E3%81%AF%E3%83%87%E3%83%9E%EF%BC%9F%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%97%E3%81%A6%E3%82%AC%E3%83%83%E3%83%86%E3%83%B3%E3%81%A7%E3%82%82%E5%AE%9F/

酸化した場合(酸化したのが確かな場合)、カラダにあまりよくないことは確かですが、カラダに害がでるほどの酸化はそんなに簡単に起こらない・・・ということなのかな。

結局酸化した油、酸化してそうな油がどれだけカラダに悪いのか、あんまり気にする必要がないのがよくわからなくなってきました。

さあ、あなたはどちらを信じますか?笑

酸化した油の見分け方!油の捨て時っていつ?

とはいえ、油は酸化してない状態で摂るのがベストというのは、誰もが共通で思うところなはず。

酸化した油の見分け方って重要ですよね。日清オイリオさんでは5つの項目から、油の捨て時を教えてくれています。その項目はこちら!

1:嫌な臭いがしませんか?
2:色が濃くなっていませんか?
3:泡が消えにくくなっていませんか?
4:ねばりが出ていませんか?
5:180℃で煙がでませんか?

参考:日清オイリオ

この状態が見えてきたら酸化した油として、少し心配という目安になるかもしれません。

酸化した油の影響がコワい!まとめ

酸化した油の影響がどの程度なのかは、その論文や研究発表によってかなり変わってくるようです。

その理由は、やっぱり酸化した油かどうかがはっきりわからないから!
酸化した油が人間にとって有害な「過酸化脂質」を含むのはどうやら確かですが、目の前にある油が酸化しているのかどうか、明確に区別するのが難しいというもう一つの問題が、油には隠れています。

ためしてガッテンでも、酸化していなかった!という実験結果であって、酸化した油がカラダに悪いという内容を否定しているものではありません。

やっぱり、個人的には酸化した油の影響は怖いので、なるべくコールドプレス製法(低温圧搾)など、信頼できる油をきちんと保存して使いたいなと思います。

シャープ ヘルシオ(HEALSIO) ジュースプレッソ レッド EJ-CF10A-R
シャープ(SHARP) (2015-04-01)
売り上げランキング: 10,129
The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。