一人暮らし向き!冷蔵庫にストックしたいおすすめのずぼら腸活食材【腸活論文紹介】

腸活と言えば、発酵食品を思い浮かべる方が多いような気がします。

「腸活研究家の長谷川ろみです。」ってごあいさつすると、みなさん

「納豆食べてます!」「ヨーグルト食べてます!」

って教えてくれるから。発酵食品はもちろんおいしいし、冷蔵庫に必ず入れていますが、もうひとつ発酵食品以外で必ず冷蔵庫に入っているものがあります。

それが、「海藻」です。特にわたしは「めかぶ」が好き。もちろん「もずく」や「アカモク」もおすすめ。海藻は、コンビニで買える1食分数十円のお買い得パックから、沖縄や東北の海の街で採れた磯の香りがする高級品まで、いろんな種類があります。

高級品はそんなにしょっちゅうは買えませんが、コンビニのパックめかぶも十分においしい。つるつるっとそのまま食べられるので、料理しなくてもOK。お味噌汁に入れてメカブ汁にしたらもう最高。

納豆やヨーグルトが腸活食材として人気なのって、おそらくコンビニやスーパーで手軽に変えて、お値段もお手頃で、1パックずつ小分けになってて食べやすいからだと思うんです。

そういう意味では、めかぶも仲間なハズ。仲間なわりには納豆やヨーグルトほど腸活食材として人気があるわけではないですよね。今回は、めかぶのポテンシャルについてまとめてみたいと思います。

※この記事は長谷川ろみのStand.fm「聴くだけ腸活ラジオ」内での話題を元に原稿にしています。
音声で聞きたい方はコチラ>

海藻の腸活成分「フコイダン」

海藻のなんていう成分が腸によいと言われているのか、その基礎から振り返ってみたいと思います。

その成分の名前は「フコイダン」です。フコイダンは海藻に含まれるぬめりの成分のこと。健康系のお話が好きな方なら、一度は聞いたことがある名前ですよね。


フコイダン
=海藻に含まれるぬめり成分
=水溶性食物繊維の一種

フコイダンは、水溶性食物繊維の一種です。フコイダンを食べるとこんな良いことがあると言われています。

・抗ガン作用
・コレステロール低下
・血圧低下
・免疫力アップなど

フコイダンは、わたしたちの健康維持を助けてくれる存在であることがわかりますね。

「フコイダン」の便秘改善効果

フコイダンは生活習慣病予防に役立つイメージが強いと思います。

でも、水溶性食物繊維の一種だとしたら、腸内細菌のエサになり、腸内環境を整える力も強いはず…。

ここで、2013年に鳥取大学の医学部などが行った研究報告(※1)をご紹介します。

この研究では、健康な青年期(19歳~25歳):30名と壮年期(57歳~75歳):27名を対象に、毎日夕食後にフコイダンを4週間服用してもらい、排便回数、便の形状、腹部の状態を記録してもらいました。

もともと便秘症状がなかった方たちは、フコイダンを食べたことによる体感はそんなにありませんでした。でも、便秘症状を訴えていた人達は、年齢層に関わらず約6割の方が便秘が改善したと答えました。

壮年期の便秘者:6名
そのうち4名が改善:66%
青年期の便秘者:15名
そのうち10名が改善:66%

この研究によると、フコイダンを食べたことで「腸のぜん動運動」と言われる便を体外に出す力がとても強くなることがわかりました。

「フコイダン」の老化防止効果

フコイダンの効果は、便秘改善だけではありません。

2016年に中国の中国海洋大学などの研究チームが行った研究(※2)では、フコイダンを摂取すると腸内環境に住む腸内細菌たちのバランスがどのように変化するのか調べています。

・病気の原因になる菌(ペプトコッカス属)が減った
・酪酸や乳酸を作る乳酸菌やルミノコッカス属の菌が増えた
・病気や老化の原因になる炎症が減った

注目なのは、病気の原因になる「体内炎症」を起こす可能性が高い菌が減り、腸内環境を酸性にして腸内環境を整えてくれる乳酸菌などが増えていることがわかりました。

わたしたちの腸は、酸性に傾くと善玉菌が住みやすく、アルカリ性に傾くと悪玉菌が住みやすくなると言われています。

特に今回大きく増えた「酪酸」は、病気や老化の原因になる炎症を起こりにくくしてくれると言われているので、酪酸を作ることができる菌が増えることは、病気や老化から人間が遠ざかる可能性が高くなることを示しています。

便秘予防のためにも、老化予防のためにも、海藻は、習慣的に食べたい食材のひとつです。参考にしてみてね。

参考:紹介論文&研究結果など

(※1)モズク由来高分子フコイダンの腸嬬動に及ぼす影響
https://repository.lib.tottori-u.ac.jp/en/list/nii_type/Departmental%20Bulletin%20Paper/p/23/item/3557

(※2)Dietary fucoidan modulates the gut microbiota in mice by increasing the abundance of Lactobacillus and Ruminococcaceae.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27334000

※この内容は、診断・治療または医療アドバイスを提供しているわけではありません。あくまで情報提供のみを目的としています。
※診断や治療に関する医療については、医師または医療専門家に相談してください。この内容は医療専門家からのアドバイスに代わるものでもありません。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

本サイトの編集長|元おデブの腸活研究家|腸内細菌に救われたことをきっかけに、日本の発酵文化や腸の大切さを伝えるためのコト・モノ・しくみづくりに挑戦中|イライラおデブ→海外逃亡→腸覚醒→元楽天→腸活ドリル準備中|健康経営アドバイザー|発酵ライフ推進協会本校オンライン校長|著:発酵菌早わかりマニュアル|
▼プロフィール詳細はこちら>
▼活動内容詳細はこちら>
▼取材やお仕事のご依頼はこちら>