植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の違いって?どっちが健康にいいとかあるのかまとめ




工藤孝文先生
この記事の監修ドクター:工藤内科副院長 工藤孝文先生 詳しくはこちら

「乳酸菌が体にいい!」といわれることが多くなってきて、うれしいような、怖いような複雑な気持ちでいます。笑

しょうがないことなんだけど、健康のはなしは偏って伝わりがちで、カラダにいいのは事実だとしても、そればっかりはよくないなと思うのが私の持論。なんでも偏りはよくないんじゃないかなぁ…。

あと、「植物性乳酸菌だから、体にいい!」っていう表現も、本当にそうなのかしら・・・ねぇ?と怖くなってしまいます。

今回は、この「植物性乳酸菌」と「動物性乳酸菌」の違いについて、まとめてみました。

「植物性乳酸菌」と「動物性乳酸菌」

まずは、植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の定義を知ることから始めましょう。

そもそも乳酸菌ってどんな菌なのかかんたんにいうと、「糖から乳酸をつくることができる、酸素が好きな菌」のことです。

酸素が好きなので、私たち人間と一緒。

だから、私たちの周りにたくさんいます。

菌の中には酸素がきらいな菌も多いので、私たちの身体の中にはいるけど、なかなかふだんの生活環境にはいない菌もたくさんいるんですが、乳酸菌は比較的出会いやすい菌。

ヨーグルトやチーズ、漬物などの発酵食品の中にもいますし、私たちの腸の中、他の動物の身体の中にもいます。

そんな身近な乳酸菌、実は大きくわけて2種類いることが知られています。ただこの分け方、すごーく難しいよね・・・って同時に言われていたりします。

スポンサードリンク

「植物性乳酸菌」と「動物性乳酸菌」の違い

よく言われる「植物性乳酸菌」は、植物に生息する乳酸菌を指していて、「動物性乳酸菌」は動物の乳などの動物に関連するものに生息する乳酸菌を指しています。

雑に分けると、こういう風に説明される場合もあります。

植物性乳酸菌
植物由来の乳酸菌のことで、味噌や醤油、漬物などに含まれる菌のこと

動物性乳酸菌
動物由来の乳酸菌のことで、ヨーグルトやチーズなどに含まれる菌のこと

でもね、ちょっとこれ、雑だよねーと考える方も多いみたい。

「植物性乳酸菌」と「動物性乳酸菌」の分け方の難しさ

でも、中にはどちらにも生息できる乳酸菌もたくさんいて、何が植物性で、何が動物性なのか、とても分けにくくなっています。

日本ビフィズス菌センターのホームページでは、この分け方の難しさをこのように説明しています。

科学的に考えると、乳酸菌を「植物性」と「動物性」に二分する考えは正しいとは言えません。なぜなら、「植物性乳酸菌」の代表とされる ラクトバチルス・プランタムやラクトバチルス・カゼイなどは、植物からもヒト腸内や他の素材からも分離され、それらの株には微生物学的性質の違いはありません。逆に、チーズを作る乳酸菌ラクトコッカス・ラクティスや、ヨーグルトを作る2種の乳酸菌は、乳や乳製品はもちろん植物からも分離され、植物質を発酵して生育できます。もちろん、「植物性乳酸菌」が植物の性質を持っていないことは常識です。なにせ植物ではなく細菌なのですから。

参考:http://bifidus-fund.jp/FAQ/FAQ_18.shtml

ふむふむたしかになー。

菌のことが少しずつ分かってきて、いろんな可能性が見えてくると、呼び名も分け方も変わります。

違和感が生まれてきたのは、私たちが少しずつ菌に近づいているっていうことなのかな~と、ちょっとうれしくもなったりしますね。

ご参考まで♪

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

本サイトの編集長。元おデブの腸活研究家。小学生にして重度の便秘+肥満体でしたが、「腸活」により数十キロのダイエットに成功しました!現在も自分のカラダで人体実験中! 「自分の周りの人の腸内環境をアップデートして、100歳まで遊んでくれる仲間を作る」ことを目標に、腸活の情報発信やしくみづくりに挑戦しています♪ ▼プロフィール詳細はコチラ ▼活動内容詳細はコチラ ▼取材やお仕事の依頼はコチラ ▼instagramはコチラ ▼腸内革命ラジオ(Youtube)はコチラ

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

本サイトは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。