「スタミナ納豆」に栄養はおまかせ?!ケンミンショーでやってた鳥取給食レシピNO1がおいしい♪




日本人ならだれでも知ってる発酵食品といえば、

しかし、納豆は日本人でも食べられない方がいて、特に西日本の方は納豆が苦手な方が多いといいます・・・が、そんなことを知ってか知らずか、鳥取県では学校給食で「スタミナ納豆」というごはんのお供が大人気なんだって!笑

今回は、発酵食品の王様である納豆を使った、「スタミナ納豆」をご紹介!

以前ケンミンショーでも取り上げられたことがあるレシピも含めて、スタミナ納豆の味や材料、作り方もまとめてみました。

スタミナ納豆とは?

スタミナ納豆は、鳥取県の学校給食ででるメニューの一つで、ごはんがすすむおかずとして注目されています。

なんと鳥取県では、不動の人気を誇るカレーライスを抜いて、人気の給食メニューの第一位なのだそうです。すごすぎる・・・。

「スタミナ納豆」は、30年余り前に学校給食メニューとして登場し、メディアで取り上げられたことにより全国的に有名になりました。

学校給食に携わる栄養士が、納豆が苦手な子どもたちでもおいしく食べられるようにと考案したメニューですが、今や大人気の定番メニューになっています。

隠し味のタバスコの辛味が食欲をそそります。

参考:鳥取県倉吉市のホームページより
https://www.city.kurayoshi.lg.jp/gyousei/div/kyouiku/kyushoku/4/?_fsi=D7U4FLhB

全国的にスタミナ納豆が有名になったのは、日本テレビ系の秘密のケンミンショーに取り上げられたのがきっかけのようですが、今ではスタミナ納豆という名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

スタミナ納豆の素も売っている

スタミナ納豆は、納豆とネギを混ぜるだけでできる、スタミナ納豆の素というものまであって、とても人気みたい!

なんとCoCo壱番屋とのコラボなのだそうです・・・。カレーを味方につける納豆ってば、すごいです・・・。

スタミナ納豆の口コミ

https://twitter.com/sakisagae/status/1076687274660716544

https://twitter.com/NINO_NeV/status/1073491031696453632

https://twitter.com/hmk33chan/status/1075327816437194752

https://twitter.com/yuri_toi/status/1074555443345731585

https://twitter.com/mint722happpyyy/status/1078887211683045376

https://twitter.com/sugoi__hentai/status/740837983293706240

スタミナ納豆のレシピ

ここからは、スタミナ納豆のレシピをご紹介しましょう。

鳥取県給食人気NO1のスタミナ納豆は、いったいどうやって作るのでしょうか?
これがほぼ混ぜるだけなので、人気の理由がわかります。

材料

鶏ひき肉100g
ごま油 小さじ1/2
しょうが・にんにく(みじん切り)少々

*ひきわり納豆100g
*和風だし 小さじ1
*砂糖少々
*酒小さじ1/2
*タバスコ少々
*青ネギ 適量

どうやらスタミナ納豆のポイントは、タバスコのようですよ。タバスコ多めが好きな方がおおそうだけど、お子様がいるなら少な目、もしなかったら七味などでも代用可能です。

作り方レシピ

1:フライパンにごま油を熱し、しょうがとにんにくを香りが出るまで炒める。火が通ったら、鶏ひき肉を入れ炒める。

2:1と※をすべてよく混ぜて、混ぜきったら完成!

作り方のコツ

スタミナ納豆には大きなコツが2つあります。

1つめのコツは、納豆は豚挽き肉が覚めてから混ぜるようにしてください。

納豆に含まれる納豆菌や酵素は熱に弱いので、できれば覚めてから混ぜたほうがメリットを十分にカラダに取り入れることができます。

2つめのコツは、ひきわり納豆を使ってください。

実は豆つぶのままの納豆よりもひきわり納豆のほうが栄養価がたかくなりがちであることをご存知ですか?

ひきわり納豆は、納豆をただこまかくしただけではないんです。

ひきわり納豆はすでに細かく切ったものを発酵するため、納豆菌が付く表面積は豆納豆よりもひきわり納豆のほうが大きくなります。

大豆についた納豆菌は、大豆に含まれた糖やたんぱく質をえさに発酵を始めるわけですが、ついている面積が大きいひきわり納豆のほうがたくさん発酵し、たくさんいろんな栄養素が作られるんです。

ビタミンやミネラル、酸などは通常の粒納豆よりもひきわり納豆のほうが一般的には多くなるので、スタミナ納豆にする際は、ひきわり納豆がおすすめです。

アレンジレシピ

スタミナ納豆の、定番の食べ方はあたたかいほかほかのごはんにのせて食べる方法です。

これは定番ですごくおいしいのですが、他にもいろいろな食べ方があります。

たまにやりたくなるのが、ごはんをパスタに変える方法です。

ひきわり納豆がパスタによく絡んで、おいしいですよ。パスタにするときはラー油やオリーブオイルなど、ちょっとだけ油を垂らすのがおすすめです。

また、ダイエット中などで炭水化物をちょっと控えたい時は、アボカドにスタミナ納豆を加えて混ぜて食べるのもおすすめです。

アボカドのクリーミーさにびりっとしたスタミナ納豆が加わることで、栄養満点のおつまみになります。

また、スタミナ納豆を卵でまいて、スタミナ納豆オムレツにするのもおいしいと評判です。

まとめ

鳥取県の有名な給食メニュー「スタミナ納豆」はいかがでしたか?

とてもシンプルで、材料も安いし、混ぜるだけなのに、とても栄養価が高く、なんにでもあうのでおすすめです。ダイエット中にも使えますよね。

辛いものが苦手な人は、タバスコなしでもOKですが、辛いものがそこそこ行ける人は、タバスコが良い味を出してくれるので、ぜひ多めでつくってみてください。

The following two tabs change content below.
長谷川ろみ

長谷川ろみ

本サイト「腸内革命」の編集長。元おデブの腸活&発酵life×クリエイター。腸内細菌に救われたことをきっかけに、日本の発酵文化や腸の大切さを伝えるためのコト・モノ・しくみづくりに挑戦中。

「自分の周りの人の腸内環境をアップデートする」ことが目標♪

▼プロフィール詳細はコチラ
▼活動内容詳細はコチラ
▼取材やお仕事の依頼はコチラ
▼instagramはコチラ
▼noteもはじめましたコチラからどうぞ

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

本サイトは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。